海外渡航・滞在

令和2年4月9日

掲載情報について

 現地の医務官自身が収集した情報を掲載しております。医師自身が足を運び,肌で感じた情報ということに主眼をおいておりますので,原則,実際に医務官が駐在あるいは出張し,直接調査可能であった情報を掲載しているもので,全ての国と地域をカバーするものではありません。

 2年に1度を目処に全面的な改定を行っておりますが,各地の事情は,刻一刻と変化しますので,一部の情報については,必ずしも最新情報を反映できていない可能性がございます(特に渡航にあたっての必要な予防接種,イエローカードの要否などについては,随時状況が変化しております)。本文には「その他の詳細情報入手先」も掲載しておりますので,実際の渡航等にあたっては,渡航先の公的機関や,その他情報もあわせてご確認頂きますようお願い致します。

参考リンク

地域別医療事情

「世界の医療事情」について

 2019年3月現在、100の我が国在外公館(大使館・総領事館)に合計103名の医務官が在勤しています(但し,一部の公館で空席)。各医務官は職員・家族の健康管理を行うと共に、現地の医療事情を調査して邦人の皆様に随時情報を提供しています。「世界の医療事情」では、現地に長期滞在し、保健相談を行っている医務官自身が実際に体験・収集した“衛生・医療事情”、“かかり易い病気・怪我”、“健康上こころがけること”、“予防接種”等について地域毎に各種の情報を掲載しています。

 “病気になった場合”の病院情報につきましては、現地の全ての医療機関を網羅している訳ではなく、あくまで在外邦人の皆様の便宜を図る視点から、実際に見学・視察した医療施設を中心に、各医務官の視点から掲載しております。実際に医務官が駐在あるいは出張し,直接調査可能であった国・地域に限定されますが,ほぼ全世界をカバーしたこれほど詳細な医療情報は他に類を見ない極めて有用な内容です。当然のことながら、実際に受診される場合には、各医療機関のホームページ等で診療内容などにつき事前に御確認下さい。

 近年、たびたび新聞紙上や報道機関をにぎわせている鳥インフルエンザ、MERSコロナウイルス、エボラ熱,デング熱及びジカ熱などの新興・再興感染症は、ひとたび発生すれば、地域、国境を越えて世界各地に感染拡大する状況となっています。

 最新の感染症流行状況については「外務省海外安全ホームページ」を参照いただきたく存じますが、基本的な現地の情報については、是非この「世界の医療事情」をご参照下さい。状況に変化が生じた場合には、随時ホームページを改訂する予定です。

 海外渡航または在外勤務される皆様が、この「世界の医療事情」を共有、有効活用していただければ幸いです。

 各医務官が医療情報を収集できましたのは、各国政府関係者、病院・医療関係者を含めた多くの現地の皆様のご協力によるものです。情報を提供していただいた世界中の方々に、この場を借りて改めてお礼申し上げると共に、このホームページが、海外に居住する邦人や旅行者の皆様の健康管理のために活用され、結果として日本人を受け入れていただいている諸外国の皆様のお役に立てることになれば望外の喜びです。

2019年3月
外務省診療所長


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く)Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

海外渡航・滞在へ戻る