世界の医療事情

パラグアイ(エンカルナシオン)

令和2年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 パラグアイ共和国(エンカルナシオン)
 (国際電話国番号595)

2 公館の住所・電話番号

○ 在エンカルナシオン領事事務所 (毎週土日休館)
  La Oficina del Cónsul del Japón en Encarnación
https://www.py.emb-japan.go.jp/itpr_ja/index-jp-encarnacion.html別ウィンドウで開く
住所:Calle Tomás Romero Pereira No.631 esq. Lomas Valentinas, Encarnación, Paraguay
電話:(071)-202-287、 (071)-202-288

※土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので、ご覧ください。

3 医務官駐在公館ではありません。

在パラグアイ日本国大使館医務官が担当

4 衛生・医療事情一般

 パラナ河沿いにあるイタプア県の県都エンカルナシオンは、夏は蒸し暑くなりますが、首都アスンシオンよりは若干気温が低く、過ごしやすい環境です。一方で、インフラ整備は未だ不十分な所もあり、大雨が降ると道路が泥水や汚水で溢れ、しばしば停電も起こります。都市中心部の上下水道は完備されていますが、飲用には水道水を煮沸するかミネラルウォーターの購入をお勧めします。また、一般的なレストランで調理された食品は、ほぼ問題ありませんが、路上や屋台で売られている食品には不衛生な物もあるので注意してください。

 医療施設のほとんどが都市部に集中しており、辺縁地域では、診療を受けるために車で数時間走らなければならないところも少なくありません。公立医療機関は、設備が老朽化していたり、医薬品不足のため、時には自ら医薬品を調達する必要が生じるなど、日本における医療イメージとは異なることもあります。このような理由から、在留邦人や旅行者は、比較的医療設備の整った私立病院を利用する機会が多くなります。現地の私立病院を受診する際には、診察や検査のたびに現金を前払いするか、支払い能力があることを示す保険証またはクレジットカードなどを提示しないと診療が始まらないこともあります。また、医師の多くは、複数の医療機関(公立や私立の病院、個人診療所など)を掛け持ちで診療をしていることが多いため、事前に診察場所と時間を確認し、予約しておく必要があるので注意してください。特殊な病気や重症化した場合は、設備が整った近隣諸国への移送が必要となる場合があります。緊急移送費用は非常に高額になりがちなため、相当額の補償がある海外旅行傷害保険に加入しておくことをお勧めします。日本語が堪能な日系パラグアイ人医師が在籍している医療機関があります。中には、日本への留学経験がある医師も存在し、かなり日本に近いイメージで受診できることもあります。

 重症かつ緊急時の公共救急車SEME(141)は無料ですが、到着までの所要時間が長くなることもあります。民間搬送会社(SASA 071-206-509、0984-188-118; SIS 071-206-291、0985-400-530)は有料ですが、比較的スムーズな搬送が期待できるのでご検討ください。

5 かかり易い病気・怪我

 在パラグアイ日本国大使館「世界の医療事情」をご参照ください

6 健康上心がける事

 在パラグアイ日本国大使館「世界の医療事情」をご参照ください

7 予防接種

 現地のワクチン接種医療機関などについてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種

 在パラグアイ日本国大使館「世界の医療事情」をご参照ください

(2)現地の小児予防接種スケジュール

 在パラグアイ日本国大使館「世界の医療事情」をご参照ください

(3)小児が現地校に入学・入園する際に、必要な予防接種・接種証明

 現地校に関して、必要な書類はありません。インターナショナルスクールに関しては、予防接種歴を書類に記載する場合などがあり、個別にご確認ください。

8 病気になった場合(医療機関等)

○エンカルナシオン

(1)Sanatorio la Trinidad
https://www.facebook.com/sanatoriolatrinidad/別ウィンドウで開く
所在地:Av. Caballero 248 entre Artigas y Juan L. Mallorquín, Encarnación
電話:(071)-203-222
概要:2017年に開院した私立総合病院。病床数42床(ICUは6床)。内科、外科、小児科、産婦人科、整形外科、形成外科、耳鼻咽喉科などほぼ全診療科が揃い、集中治療室、手術室、新生児室の他、CTなどの医療設備も整っています。緊急は24時間対応可。診療はスペイン語が主ですが、日系人内科医(Dr. Mitsui)が常勤しており日本語での受診が可能です。
(2)Clínica Tajy (タジュ診療所)
http://clinicatajy.com/web/別ウィンドウで開く
所在地:Gral. Artigas 1722, Encarnación
電話:(071)-203-000
概要:市中心街にある私立総合病院。病床数24床(病室数20)。内科、外科、小児科、産婦人科、泌尿器科、耳鼻咽喉科等があり、集中治療室、手術室の他、CTなどの医療機器も備えています。救急は24時間対応可。診療はスペイン語が主です。
(3)KUMAGAI-Especialidades Odontológicas
所在地:General. Artigas, 1610 c/ 25 de Mayo, Encarnación
電話:(071)-203-771
概要:う歯治療の他に、矯正治療や義歯など幅広く対応しています。日系人歯科医による日本語での受診が可能です。診療時間は事前にご確認ください。要電話予約。

○ピラポ

(1)Sanatorio Pirapó (ピラポ診療所)
https://www.facebook.com/sanatoriopirapo/別ウィンドウで開く
所在地:Avda. Japón e/ Villarrica y Concepción, Pirapó, Itapúa
電話:(0768)-245-536、 (0985)-119-970
概要:エンカルナシオンから80km離れたピラポ日本人移住地にて、ピラポ日本人会が運営する小規模な私立診療所です。病床数10床(病室7)。内科と外科、小児科、産婦人科の他に、眼科、歯科などは定期巡回される医師によって診察が行われています。診療時間、予約等は事前にご確認ください。日本人医師と、日本語が可能な日系人医療スタッフが在籍しています。支払いは現金のみです。

○オエナウ

(1)Sanatorio Adventista de Hohenau
http://sah.org.py/web/別ウィンドウで開く
所在地:Ruta VI Km. 38.5, Hohenau, Itapúa
電話:(0775)-232-235
概要:オエナウ・ドイツ人移住地内にある総合病院。病床数24床。内科、外科、小児科、産婦人科、脳外科、眼科、耳鼻科など。検査室、手術室の他、CTなどの機器を備えています。緊急時は24時間対応で、診療はスペイン語が主です。

○ラパス

(1)Unidad de Salud de la Familia La Paz(USF La Paz)
所在地:Calle Inmigrantes del Japón, La Paz, Itapúa
電話:(0763)-20-005
概要:日本人移住地ラパスにあり、旧ラパス日本人会運営診療所から、2017年に国立USFに移行した小規模診療所です。内科と外科、歯科で外来診療のみです。緊急時は24時間対応で、診療はスペイン語が主です。

9 その他の詳細情報入手先

(1)在パラグアイ日本国大使館:https://www.py.emb-japan.go.jp/jap/index-jp.html別ウィンドウで開く

(2)在日本パラグアイ大使館:http://www.embaspar.jp/ja別ウィンドウで開く

(3)パラグアイ厚生福祉省(スペイン語):https://www.mspbs.gov.py/portal別ウィンドウで開く

10 現地語一口メモ

 「世界の医療事情」冒頭ページの一口メモ(スペイン語)を参照願います。

11 新型コロナウイルス関連情報

 在パラグアイ日本国大使館「世界の医療事情」をご参照ください


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。