このサイトについて

ウェブアクセシビリティ

平成30年5月9日

1 ウェブアクセシビリティ

 「ホームページを利用している全ての人が,心身の条件や利用する環境に関係なく,ホームページで提供されている情報や機能に支障なくアクセスし,利用できること」を意味します。

2 外務省の取組について

 外務省では,ホームページ利用者にとって使いやすいページを目指しています。平成29年度に実施したウェブアクセシビリティに関する日本工業規格JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-第3部:ウェブコンテンツ」(以下,JISと記載)に基づく試験(JISに対応できているかの確認)の結果を踏まえ,今後さらなる改善に取り組んでいきます。

3 外務省ホームページ ウェブアクセシビリティ方針(対応目標)

 外務省ホームページ(www.mofa.go.jp)は,現行システムの刷新に係る予定等を踏まえ,CMSにより運用しているページについて,平成31年末までにJISのレベルAAに準拠することを目標とします(CMSの管理対象外のページについては,平成32年度末までにJISのレベルAAに準拠することを目標とします)。
 平成29年度の試験結果のとおり,現時点では問題があることを確認しておりますが,対応方法等の検討を行い,CMSテンプレートの修正等,できるだけ早期に対応することを目指します。
 平成30年度にJISの試験を実施し,結果を外務省ホームページで公開する予定です。

 (注)レベルAAに準拠とは
 JISにはA,AA,AAAの3つのレベルがあります。レベルA及びAAの達成基準全てを満たす場合に「レベルAAに準拠」と言います。この表記方法は,情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016対応度表記ガイドライン - 2016年3月22日別ウィンドウで開く」で定められた表記によるものです。

このページのトップへ戻る
このサイトについてへ戻る