世界の医療事情

クウェート

令和2年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 クウェート国 クウェート市(国際電話国番号965)

2 公館の住所・電話番号

○ 在クウェート日本国大使館 (毎週金土休館)
住所:Embassy of Japan, Mishrif 7A(Diplomatic Area), Plot 57, Kuwait
電話:2530-9400
ホームページ:https://www.kw.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

※金土以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので、ご覧ください。

4 衛生・医療事情一般

 クウェートはアラビア半島の東岸に位置しています。気候は11月から3月は平均気温が20度前後で、時折雨も降る過ごし易い時期ですが、4月から10月の平均気温は30度を越え、特に6月から9月の最高気温は50度を越えることも珍しくなく、雨が降ることは殆どなくなり、厳しい自然環境となります。砂嵐は年間を通してあります。医療機関の設備はかなり充実していますが、人的には賃金の安い国からの医師・看護師の雇用が多いためか、国公立・私立を問わず、本邦同様の医療水準を期待することは困難です。重篤な疾患では欧州先進国での加療が望ましいです。また全ての国公立の医療機関ではクウェート人と非クウェート人とで対応を区別しており、非クウェート人である邦人が十分な治療を受けることは困難です。

 一般的疾患で受診する必要があれば、ホスピタリティーの高い私立病院の方が快適で安全だと思われます。ただ、転落事故・交通事故など警察の介入がある外傷の場合は国立病院で診断をうけてから、医療機関を選択するシステムになっています。また、重度外傷、狭心症・心筋梗塞、脳血管障害など重篤な疾患や感染症は原則として国立病院で治療されます。ただ、海外旅行傷害保険での受診はいずれの病院でも、受け付けていませんので、取り敢えず、現金、クレジットカードでの支払いが必要で、原則として検査も含め前払いです。海外旅行傷害保険会社への治療費、入院費等の請求は、治療終了後に行うことになります。当国を含めた湾岸地域では、入国に際し殆どの国でビザが必要ですので、緊急移送が必要な状態でも、即日移送はかなり難しく、一時的に当国で治療を受けることになります。当国で就労ビザを取得する為には、B・C型肝炎、HIV、結核の検査を受けなければなりません。予防接種は原則として地域毎にある公立の保健所で受けるようになっています。当国の幼稚園を含む教育機関等に入学する際には、当国で接種が義務付けられている予防接種(別項を参照)を受け、かつ健康に問題がない旨の当国医師による証明書が必要です。

5 かかり易い病気

(1)基本的には都市部では風土病はありませんが、夏季には強い日差し、日中45度を超す高温、砂嵐による細かい砂塵により、熱中症、呼吸器系疾患(上気道炎や喘息)、眼科系疾患(結膜炎)、皮膚科系疾患(皮膚炎)に罹患しやすく注意が必要です。

(2)また、メッカヘの巡礼の後に、麻疹、水痘、髄膜炎菌性髄膜炎といった感染症が一時的に流行することがあります。

(3)当国で最も大きな問題は、交通事故です。制限速度が時速80 kmから時速120 kmの道路がほとんどで、更に乱暴な運転をする車が多く大きな事故につながることがあります。事故件数が多く注意が必要です。交通事故で治療が必要な傷害を受けた場合、国立病院の診断書でないと、傷害保険会社の対象にはなりません。

6 健康上心掛ける事

(1)水道水は飲用には不向きです。ペットボトル水が適しています。

(2)脱水に注意が必要です。意識して水分と塩分の両方を補給する様にしてください。

(3)日射病、熱射病(熱中症)になりやすいので、炎天下での行動は可能な限りさけてください。

(4)砂嵐の期間の外出は可能な限りさけ、外出時はマスクをして、うがいを励行してください。コンタクトレンズの使用には適しません。

(5)アルコール・豚肉が禁止された食生活や通年クーラーが過剰に効き過ぎた室内生活を強いられ、娯楽も少ないため、運動不足や気分が塞ぎこみやすい環境となっています。スポーツジム等で適切な運動をして身体的・精神的に健康を保つよう心がけることが必要です。

7 予防接種

 現地のワクチン接種医療機関などについてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)

 入国に際して義務付けられる予防接種はありません。しかしながら、A型肝炎、B型肝炎、破傷風のワクチン接種を推奨します。

(2)現地の小児定期予防接種

https://www.e.gov.kw/sites/kgoenglish/Pages/CitizensResidents/Health/BasicVaccinationsInKuwait.aspx別ウィンドウで開く

 各地区の保健所内予防接種センターにて予防接種可能です。

  初回 2回目 3回目 4回目 5回目
BCG 3か月        
ポリオ(IPV) 2か月        
ポリオ(OPV) 4か月 6か月 12か月 18か月 3歳6か月
DPT 2か月 4か月 6か月 18か月 3歳6か月
DT 10-12歳 16-18歳      
Hib 2か月 4か月 6か月 18か月  
MMR 1歳 2歳 10-12歳(女児)    
B型肝炎 出生時 2か月 4か月 6か月 18か月
A型肝炎 1歳 2歳      
髄膜炎菌 2歳        
肺炎球菌 2か月 4か月 6か月 18か月  

(注)B型肝炎の初回以外はDPT、Hib、B型肝炎は5種混合ワクチンとして接種されます。

(3)

 小児が教育機関に入学する際には予防接種証明書が必要です。英文またはアラビア語の予防接種証明書を持参することを推奨します。本邦の予防接種のみでは基本的に不足し追加の予防接種が必要になります。

8 病気になった場合(医療機関等)

 警察が関係する外傷・疾病はまず国立総合病院(地域別)で評価されなければなりません。治療などが必要な交通事故の場合は前述のごとく管轄内の地域国立総合病院を受診して、病院に常設されているクウェート内務省発行の報告書をもらわなければ警察で事故証明がもらえません。癌治療、重症感染症、脳外科、胸部外科、高度な整形外科、熱傷外科、外傷外科、精神科などは国立総合病院にはほとんどなく、Shuwaikh Health地区の国立専門病院地域にかたまって設置されていますが医師の紹介状がないと受診するのは困難です。

 居住を許可され身分証明書(IDカード)保持者が公立医療機関を受診する場合は、まず居住地区の公立診療所を受診します(初診料2KD:約700円)。入院や高度な医療が必要な場合には居住地区に応じた国立総合病院へ紹介されます。但し、救急受診の場合は直接国立総合病院へ受診可能です(初診料10KD:約3500円)。救急・消防緊急ダイヤルは112で救急搬送を依頼可能ですが搬送時間は本邦よりも長いため、搬送可能であれば自分で病院まで病院に行った方が早いかもしれません。

私立総合病院の診療費は高額で(初診料20-25 KD:約7,000-9,000円)、公立病院のようにクウェート人と非クウェート人では対応が異なることはありませんが、主に重症疾患を除く一般内科、一般外科、産科、スポーツ整形外科、美容形成外科、歯科の診療に限られます。公立病院に比べ空いておりサービスは良いので邦人は私立総合病院を利用することが多いようです。

(注)外国人の短期滞在者の場合は公立でも高額の医療費を請求されます。

◎クウェート市

(1)Hadi Clinic (ハッデイ・クリニック:私立)
所在地:Street 110, Block 8, Jabriya Area
電話:2531-2555、182-8282、ファックス:2531-4717
ホームページ:http://www.hadiclinic.com別ウィンドウで開く
概要:入院可能な私立総合病院で、邦人の利用実績が多い。
診察時の使用言語:英語、アラビア語。
診療科目:内科、外科、小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科、泌尿器科、皮膚科、歯科。外来予約要。緊急時24時間対応。成人健康診断は可能で、小児(乳児含む)健康診断も受診可能。
診療時間:土~木曜日8時30分~11時30分、16時~19時30分。金曜日休診。
支払い方法:クウェートデイナール貨(KD)による現金支払いまたはCredit Card支払いが可能。
(2)International Clinic(インターナショナル・クリニック:私立)
所在地:Salem Al-Moubarak Street, Salmiya Area (Laila Galleriaの隣)
電話:188-6677、ファックス:2575-4056
ホームページ:http://www.international-clinic.com別ウィンドウで開く
概要:外来専門のクリニックで、入院が必要な場合は紹介されます。急患以外は予約制でゆっくりと治療が受けられます。歯科もある私立の総合クリニックです。
診察時の使用言語:英語、アラビア語。
診療科目:内科、外科、小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科、泌尿器科、皮膚科、歯科。緊急時24時間対応で、小児緊急受け入れも可能。成人健康診断は可能で、小児(乳児含む)健康診断は受診可能。
診療時間:土~木曜日8時30分~20時30分。金曜日休診。
支払い方法:クウェートデイナール貨(KD)による現金支払いまたはCredit Card支払いが可能。
(3)New Mowasat Hospital(ニュー・モワサット病院:私立)
所在地:Yousuf Ben Hammoud Street, Block 2, Salmiya Area
電話:182-6666/2572-6666、ファックス:2573-8055
ホームページ:http://newmowasat.com別ウィンドウで開く
電子メール:info@newmowasat.com
概要:入院可能な私立の総合病院です。
診察時の使用言語:英語、アラビア語。
診療科目:内科、外科、小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科、泌尿器科、歯科。外傷以外の緊急が24時間対応可能で、小児緊急も受け入れ可能。成人健康診断は可能で、小児(乳児含む)健康診断も受診可能。
診療時間:土~水曜日9時~12時、17時~20時、木曜日8時30分~13時30分。金曜日休診。
支払い方法:クウェートデイナール貨(KD)による現金支払いまたはCredit Card支払いが可能。
(4)Dar Al Shifa hospital(ダル・アル・シーファ病院:私立)
所在地:Beirut Street, Hawally Area(消防署の対側)
電話:180-2555、ファックス:2263-9016
ホームページ:http://www.daralshifa.com別ウィンドウで開く
電子メール:hr@daralshifa.com
概要:1961年に設立され、48年の経験がある私立総合病院。
使用言語:英語、アラビア語。
診療科目:内科、外科、小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科、泌尿器科、形成外科、皮膚科、歯科。緊急時24時間対応で、小児緊急も受け入れ可能。成人健康診断は可能で、小児(乳児含む)健康診断も受診可能。
診療時間:土~木曜日8時~22時。金曜日休診。
支払い方法:クウェートデイナール貨(KD)による現金支払いまたはCredit Card支払いが可能。
(5)Al-Seef Hospital(アル・シーフ病院:私立)
所在地:Blajat Street, Salmiya Area (ガソリンスタンドの隣)
電話:188-1122 内線2、ファックス:2576-4444
ホームページ:http://www.alseef-hospital.com別ウィンドウで開く
電子メール:info@alseef-hospital.com
概要:2009年に設立された婦人科と小児科を中心とした病院です。
診療言語:英語、アラビア語。
診療科目:内科、外科、産婦人科、小児科、耳鼻咽喉科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、形成外科、歯科。緊急時24時間対応で、小児緊急も受け入れ可能。成人健康診断は可能で、小児(乳児含む)健康診断も受診可能。
診療時間:土~木曜日9時~21時。婦人科、小児科、内科は24時間対応。
支払い方法:クウェートデイナール貨(KD)による現金支払いまたはCredit Card支払いが可能。
(6)Royale Hayat Hospital (ロイヤル・ハイアット病院:私立)
所在地: Block 3A, Jabriya Area (環状4号線に面して)
電話:2536-0499(緊急)/2536-0000(代表)、ファックス:2536-0008
ホームページ:https://www.royalehayat.com/別ウィンドウで開く
電子メール:info@royalehayat.com
概要:豪華な産院で有名な私立総合病院です。
使用言語:英語、アラビア語。
診療科目:内科、外科、小児科、産婦人科、形成外科、歯科。緊急時24時間対応で、小児緊急も受け入れ可能。成人健康診断は可能で、小児(乳児含む)健康診断も受診可能。
診療時間:土~木曜日8時~21時。婦人科と小児科は24時間対応。
支払い方法:クウェートデイナール貨(KD)による現金支払いまたはCredit Card支払いが可能。
(7)Al-Amiri Hospital(アル・アミリー病院:公立)
所在地:Al-Sharq Area (Sharq Marketの対側)
電話:2242-2366(緊急)/2245-0005(代表)
概要:当国で最も充実しているとされる入院可能な国立病院です。国際会議場などイベント関係会場が多いシティ地区にありますので、この地域の救急患者は当病院の救急室に搬送されます。
診察時の使用言語:アラビア語、英語。
診療科目:内科、外科、小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科。緊急時24時間対応。健康診断は不可。
診療時間:日~木曜日7時30分~13時30分。金・土曜日休診。
支払い方法:クウェートデイナール貨(KD)による現金支払い。
(8)Mubarak Al-Kabir Hospital (ムバラク・アルカビール病院:公立)
所在地:Block 3, Jabriya Area (環状4号線に面して)
電話:2531-2700
概要:クウェート大学医学部の付属病院です。Salmiya地区を含むHawalli県の住居地区を担当する国立総合病院で多くの邦人が管轄地区に住んでいる。特に救急部門が充実しており、交通事故含む救急疾患で、公的救急車(電話:112)を要請した場合、多くはこの病院に搬送されます。
診察時の使用言語:アラビア語、英語。
診療科目:内科、外科、小児科、整形外科、泌尿器科。緊急時24時間対応で、小児の緊急受け入れ可能。健康診断は不可。
診療時間:日~木曜日7時30分~13時30分。金・土曜日休診。
支払い方法:クウェートデイナール貨(KD)による現金支払い。

9 その他の詳細情報入手先

(1)在クウェート日本国大使館
ホームページ:https://www.kw.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く
医務官室 連絡先:+965 2530 9400 (内線9451)

10 現地語・一口メモ

 医療機関(保健所を含む)では、公立私立を問わず、医師には英語が通じますが、公立病院の一般事務員や看護師などにはアラビア語しか通じないこともあります。英語に関しては、「世界の医療事情」冒頭ページの一口メモ(もしもの時の医療英語)を参照願います。

11 新型コロナウイルス関連情報

 当局による措置は予告なく変更または追加されることがありますので、下記URL等で最新の公式情報の入手に努めてください。公式ツイッターが更新の頻度が高く最新の情報取得に有用です。新型コロナウイルスホットラインは151です。

クウェート保健省ホームページ

https://www.moh.gov.kw/en/Pages/default.aspx別ウィンドウで開く

クウェート保健省公式ツイッター

https://twitter.com/KUWAIT_MOH別ウィンドウで開く


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る