世界の医療事情

ブルガリア

平成28年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 ブルガリア共和国(国際電話国番号359)

2 公館の住所・電話番号

在ブルガリア日本国大使館 (毎週土日休館)
住所:Embassy of Japan, 14 Lyulyakova Gradina str, Sofia 1113
電話:02-971-2708
ホームページ:http://www.bg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

(注)土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので,ご覧ください。

3 医務官駐在公館ではありません

 在イタリア日本国大使館 医務官が兼任

4 衛生・医療事情一般

 ブルガリアはヨーロッパの南東にあるバルカン半島の東に位置しています。首都ソフィアは西の国境近くにあり,緯度は北海道の札幌付近に一致します。当国の気候は国土の中央を走るバルカン山脈で大きく分けられ,地域によって気候がかなり異なります。冬季は零下20度,夏季は40度前後になる日もあります。また,日中の気温の変化,冬夏の寒暖の差が共に大きく,年間を通じて空気は乾燥しています。地域によっては上水道管が老朽化しており,水道水が混濁している場合もありますので,飲用には市販のミネラルウォーターの使用が推奨されます。

 2007年のEU加盟以降,医師や看護師の海外流出により医療スタッフが慢性的に不足し,公立病院の老朽化も進んでいます。ソフィア等の都市部には多くの私立病院やクリニックがありますが,手術や専門的治療が可能な施設は限らます。当地の医療機関には英語を話すスタッフが少なく,多くの場合はブルガリア語の通訳者が必要になります。

 重篤な病気や怪我の治療が必要な場合は,周辺の医療先進国か日本への移送が望まれます。移送には高額な費用が必要となりますので,渡航前に緊急移送特約付き海外旅行傷害保険への加入をお勧めいたします。

 当地で購入できる医薬品は日本と常用量の設定が異なっていたり,添付文書がブルガリア語のみの場合も多く,使用の際には注意が必要です。

5 かかり易い病気・怪我

(1)交通事故

 都市部では交通量が多い上,運転マナーが悪く,一方郊外では道路の整備が不十分であるため事故が頻発しています。歩行の際にも十分な注意が必要です。

(2)肝炎

 A型肝炎が散発的に流行しています。生水や生ものの摂取は控え,手洗いの励行に心がけてください。予防接種も有効です。

(3) 麻疹(はしか)

 麻疹は伝染性の強い急性発疹性のウイルス感染症で,空気感染や飛沫感染などにより感染します。これまで予防接種を受けていない方や,1回しか接種を受けていない方には,麻しん・風しん混合ワクチンの接種が勧められます。

(4)犬咬傷・狂犬病

 犬に咬まれるなどの被害が多く発生しています。狂犬病の発生も懸念されますので,動物に咬まれた場合,創部の十分な消毒と破傷風及び狂犬病の予防接種が必要になります。ソフィア市内では,「Alexandrovska Hospital」のみ対応可能です。野良猫によるトキソプラズマ症も問題になっていますので,むやみに犬や猫に触らないよう注意してください。

(5)ライム病

 夏から秋にかけてマダニが媒介するライム病が散発的に発生します。ダニに咬まれないようにすることが最も大切です。牧草地や森林へ出かける際は,長袖シャツ,長ズボン,靴下を着用するなど肌を露出しないことが大事です。またスプレー式の防虫剤が有効とされます。マダニに咬まれた場合には,医師の診察を受けるようにしてください。本症に対する予防ワクチンはありません。

(6)転倒

 冬は雪や路面の凍結で滑りやすく,また歩道も段差が多いため,雨の日も転びやすい状況です。靴底が滑らないように加工された靴の着用をお勧めします。

(7)花粉症

 春から夏にかけては多数の樹木の花粉が飛散します。この時期に当地に滞在される方はマスクや治療薬を本邦から持参されることをお勧めします。特に当地ではマスクの入手が困難なこともあります。

6 健康上心がける事

(1)ブルガリアの食事は一般的に塩辛く,油をたっぷり使った料理が多いため,高血圧, 脂質異常症や糖尿病になりやすいので注意が必要です。

(2)鶏卵を介したサルモネラ菌食中毒が散見されますので,卵の扱いや調理には十分注意を払い,生卵や半熟卵は避けてください。特に夏季にはその他の食中毒も発生していますので,肉類,魚介類についても十分火が通っていることを確認して食べるようにしてください。肝炎の流行もありますので,不衛生な飲食店での食事は避けてください。

(3)夏季は日差しが強いので,サングラスや帽子の着用をお勧めします。

7 予防接種(ワクチン接種機関を含む)

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種

 成人・小児とも,本邦からの入国に際して必要な予防接種はありません。

  • 成人:(推奨)A型肝炎,B型肝炎,破傷風
  • 小児:(推奨)日本でおこなわれている予防接種に加え,A型肝炎,B型肝炎,(狂犬病)

(2)現地の小児定期予防接種

現地の小児定期予防接種
  初回 2回目 3回目 4回目 5回目
DPT(DT) 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 1歳4ヶ月 6歳
ポリオ(IPV) 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 1歳4ヶ月 6歳
Hib 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 1歳4ヶ月  
肺炎球菌 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 1歳  
MMR 1歳1ヶ月 12歳      
B型肝炎 出生時 1ヶ月 6ヶ月    
BCG 出生時 7ヶ月 7歳 11歳 17歳

(注)DPT,ポリオ(不活化ワクチン),Hibの1~4回目は混合ワクチンを使用します。

(注)DTP,ポリオ(不活化ワクチン)の5回目(6歳時)は混合ワクチンを使用します。

(注)MMR(麻疹,おたふく風邪,風疹)は混合ワクチンを使用します。

(注)BCGはツベルクリン反応が陰性の場合のみ追加接種します。

(3)学童が入学する際に提出を求められる予防接種・接種記録

 幼稚園より高校入学時まで,(2)に示されるブルガリア保健省が規定する予防接種を受けていることを証明する書類の提出が求められます。予防接種パスポートと呼ばれています。インターナショナルスクールの場合は,予防接種の履歴書類(証明書ではない)や健康診断証明書が必要な場合があります。

8 病気になった場合(医療機関等)

 首都ソフィアや主たる地方都市には24時間対応可能な公立の救急病院があります。また私立病院でも24時間対応しているところあります。「ダイヤル 112」で救急車を呼ぶことができますが,到着に時間を要することもあり,タクシーや自家用車で受診する方が早い場合もあります。ソフィア市内では,下記のトクダ病院の救急車(有料)を利用する方法もあります。基本的に病院では日本語,英語ともに通じませんので,通訳してくれる人が必要です。また,病院受診の際は,ブルガリアの現地通貨(レヴァ)をご用意ください。

ソフィア市

(注)公的救急車(Ambulance)電話:112

(1)Tokuda Hospital Sofia
所在地:15B. Nikola Vaptsarov blvd, 1407
電話:02-403-4000(総合受付), 02-403-4112(救急車)
ホームページ:http://www.tokudabolnica.bg別ウィンドウで開く
概要:2006年に開院した国内では最新鋭設備を備えた私立総合病院です(歯科併設)。24時間救急対応しています。受付には英語の通じる職員が配備されており,医師はほとんど英語で対応可能ですが,他の医療スタッフとはブルガリア語でしかコミュニケーションがとれないこともあります。日本での病院研修経験のあるスタッフもいることから,日本人にとって比較的利用しやすい病院と考えられます。2016年にトルコ系病院が買収。
(2)Pirogov Emergency Hospital
所在地:21 Totleben Blvd, 1606
電話:02-915-4411(救急車を呼ぶには150)
ホームページ:http://www.pirogov.bg別ウィンドウで開く
概要:24時間対応の公立救急病院。電話が通じにくいことも多く,直接受診した方が良い場合もあり得ます。医師の多くは英語が通じないので,ブルガリア語のできる人に同行してもらった方が良いでしょう。
(3)VITA Hospital
所在地:9, Dragovitza Street, 1505
電話:02-943-4398, 02-960-4950
ホームページ:http://www.vita.bg別ウィンドウで開く
概要:2004年9月に開院した私立クリニックで,主要な診療科がそろっています。24時間対応可能です。
(4)Military Medical Academy
所在地:3 St. Georgi Sofiyski Str. 1606
電話:02-922-6000
ホームページ:http://www.vma.bg別ウィンドウで開く
概要:高次救急病院の役割を有しており,病院からの紹介患者を受け入れています。集中治療室や手術室等の一部の施設は最新鋭の設備が整っています。
(5)International Medical Center
所在地:28 Gogol Str. 1124
電話:02-944-9326, (携帯電話)088-653-2551
ホームページ:http://www.imc-sofia.com別ウィンドウで開く
概要:家庭医として主に初期診療をおこなっているクリニックです。往診や予防接種,理学療法,歯科治療が可能です。邦人の方々の受診歴はほとんどありませんが,院長は英語等に堪能で多くの当地在住外国人を診療しています。
(6)Dr. Dean Mihailoff, Swedent Dental Clinic
所在地:100 James Boucher str., Kempinski Hotel Room110
電話:02-969-2273, 02-969-2272
概要:私立の個人歯科クリニックです。英語が通じるため当地在住外国人が利用しています。
(7)Alexandrovska Hospital
所在地:1, St. Georgi Sofiyski Str., Sofia
電話:02-923-0592, 0886-811-854, 02-9230-389(救急車)
概要:ソフィア周辺地域を担当している狂犬病ワクチン接種機関です。狂犬病ワクチンはソフィアでは同院でしか接種できません。地方都市においても指定の医療機関のみしか狂犬病ワクチンを扱っていません。

9 その他の詳細情報入手先

(1)在ブルガリア日本国大使館 ホームページ:http://www.bg.emb-japan.go.jp別ウィンドウで開く

(2)厚生労働省検疫所:http://www.forth.go.jp別ウィンドウで開く

10 現地語・一口メモ

  • 医師:ЛЕКАР(レーカル)
  • 薬:ЛЕКАРСТВО(レカルストヴォ)
  • 飲み薬:МЕДИКАМЕНТ ЗА ОРАЛЕН ПРИЕМ(メディカメント ザ オラレン プリエム)
  • 注射:ИНЖЕКЦИЯ(インジェクツィャ)
  • 頭痛:ГЛАВОБОЛИЕ (グラヴォボリエ)
  • 腹痛:БОЛКА В КОРЕМА(ボルカ ヴ コレマ)
  • 下痢:ДИАРИЯ(ディアリャ)
  • 発熱:ВИСОКА ТЕМПЕРАТУРА(ヴィソカ テンペラトゥラ)
  • 吐気:ПОВРЪЩАНЕ(ポヴルシュタネ)
  • 傷:РАНА(ラナ)
  • 具合が悪い。:АЗ СЪМ БОЛЕН.(アス サム ボレン)
  • 病院へ連れて行って欲しい。:БИХТЕ ЛИ МЕ ЗАВЕЛИ В БОЛНИЦА?(ビフテ リ メ ザヴェリ ヴ ボルニッツァ)

Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る