世界の医療事情

エストニア

令和2年10月1日

1 国名・都市名(国際電話番号)

 エストニア共和国(タリン市)(国際電話国番号372)

2 公館の住所・電話番号

在エストニア日本国大使館 (毎週土日休館)
住所:3rd Floor, Tallinn Business Center, 6 Harju Street, 15069 Tallinn, Estonia
電話:(06)-310-531~2, FAX:(06)-310-533
ホームページ:https://www.ee.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

(注)土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので、ご覧ください。

3 医務官駐在公館ではありません

 在英国日本国大使館 医務官が担当

4 衛生・医療事情一般

 首都タリン市はバルト海に面する港湾都市で、ヘルシンキやストックホルム等の北欧の都市とほぼ同じ気候です。海洋の影響もあり寒暖差は内陸の都市ほどではありません。12月から3月にかけて街は雪で覆われます。

 エストニアは旧ソ連諸国の中では衛生・医療面では最もよく整備された国のひとつです。医師の多くは英語を話します。看護師等その他の医療関係者の中にも英語を解する人が少なくありません。医療機関の衛生環境、医療水準、設備等は、通常の診療にはほぼ問題なく対応可能な水準にありますが、日本や西欧諸国のような最新の医療設備や検査機器は期待できません。病気の種類や外傷の部位・程度によっては自国内で対応しきれず、現地で当座の応急処置を受けた後に、バルト海対岸のヘルシンキはじめ外国に移送となる場合があります。さらに、高度な治療が必要な場合は、西欧諸国や日本への移送を要することも考えられます。これら移送には高額な費用が必要となるため、十分な補償額の海外旅行傷害保険などへの加入をお勧めします。

5 かかり易い病気・怪我

 冬季のインフルエンザを含む上気道感染や、4月から5月にかけての花粉症は、よく見られる病気です。また、年間を通じてサルモネラや赤痢、またはウイルス性の下痢(感染性腸炎)が散見されています。これらの他には以下の病気に注意が必要です。

(1)ダニ脳炎

 ダニ脳炎はマダニが媒介するウイルス性脳炎で、主に中央ヨーロッパから北欧、旧ソ連地域に広がる風土病です。首都タリン市を含め国土の大部分が、感染する可能性がある汚染地帯となっています。春から夏にかけ、森林や草地で散発的に流行が認められます。

 ダニに咬まれてから2~28日程度の潜伏期間(平均は7~14日)を経て発症します。第一期では、38度を超える発熱、倦怠感、頭痛など、特徴に乏しい症状が1~8日ほど継続します。その後症状は改善しますが、3分の1程度の患者は1~20日ほどの寛解期間後、第二期に移行します。第二期では40度を超える発熱が見られるほか、中枢神経系が影響を受け、髄膜炎、脳炎(およびそれに伴う麻ひ)、脊髄炎、神経根炎などの重篤な症状が出現し、最悪の場合には死に至ります。回復しても40%近い患者で神経系の後遺症が見られます。

ダニ脳炎の第一の予防はマダニに咬まれないようにすることです。散歩やハイキングなどで森林に入る場合は、長袖、長ズボン、帽子をかぶるなど、肌を露出しないよう注意し、肌が露出する部分には防虫剤を使用すると有効です。また、ダニ脳炎予防にはワクチンがあり、通常3回の接種で4~5年有効です。長期に滞在を予定している方、山歩きやハイキングなど野外活動が好きな方には接種をお勧めします。このワクチンは日本では接種できませんが、当国で接種することが可能です。

(2)ライム病

 ダニはライム病という病気も媒介します(こちらは細菌感染症です)。

 夏に発生することの多い病気です。ダニに咬まれた箇所を中心に、痛みや盛り上がりの無いドーナツ状の発疹が発現し、発熱、悪寒、筋肉痛、頭痛など風邪様の症状が現れます。治療を行わず放置すると、細菌が関節、心臓、中枢神経にまで拡大します。10%の患者において、感染から6~12週以内に中枢神経障害が発生し、顔面麻ひ、リンパ球性髄膜炎、根神経炎などが引き起こされます。神経痛や遊走性紅斑、関節炎、心臓炎を引き起こすことも知られています。

ライム病にはワクチンはありません。早期発見、抗生物質による治療が有効です。

(3)B型肝炎

 血液および体液により感染します。感染初期に黄疸や疲労などの症状が現れることがありますが、多くの場合には無症状であり、放置すると慢性化して肝炎、肝硬変、肝がんへと発展してしまう危険性があります。また、時には感染後の急性期に劇症化し、死に至る場合もあります。予防としてワクチン接種が有効です。

6 健康上心がける事

 水道水はかなり硬度の高い硬水です。また、河川・海洋の汚染や古い水道管からの赤錆などの問題もみられるため、飲料水としてはミネラルウォーターをお勧めします。

 冬季には帽子、マフラー、手袋、厚い靴等の防寒具が必要です。また道路が凍結し滑り易くなりますので、外出の際には十分に注意してください。

 日本と比べて空気が乾燥しているため、入浴後にクリームやローションで保湿するなど皮膚の乾燥対策が大切です。また、加湿器も有効です。

 風邪やインフルエンザなど上気道感染症の予防策として、外出から戻った際は手洗いとうがいを励行してください。

7 予防接種(ワクチン接種機関を含む)

 現地のワクチン接種医療機関などについてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種

 入国に際して必要な予防接種は特にありませんが、以下のものをお勧めします。

成人:A、B型肝炎および破傷風(追加接種)

小児:基本的に日本での定期予防接種を受けてきてください。エストニアで推奨されている予防接種のうち、日本の定期予防接種で不足するものについては、現地の小児科医と個別に相談してください。

(2)現地の小児定期予防接種一覧

 現地校に編・入学する場合にはそれまでに受けた予防接種の証明書の提出が義務づけられています。

 なお、予防接種は希望制です。保護者や法定後見人が受けるワクチンを決めることができます。

現地の小児定期予防接種一覧

(出典元 https://www.vaktsineeri.ee/en/node/160別ウィンドウで開く

年齢 予防接種
生後12時間
  • B型肝炎(1回目)※備考1
生後1-5日
  • BCG
2か月
  • ロタウイルス(1回目)
3か月
  • 6種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、Hib、B型肝炎)(1回目)※備考2
  • ロタウイルス(2回目)
4-5か月
  • 6種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、Hib、B型肝炎)(2回目)
  • ロタウイルス(3回目)※備考3
6か月
  • 6種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、Hib、B型肝炎)(3回目)
1歳
  • MMR(麻疹、おたふく、風疹)(1回目)
2歳
  • 6種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、Hib、B型肝炎)(4回目)
6-7歳
  • 4種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ)
12歳
  • HPV(ヒトパピローマウイルス)(1回目、2回目)※備考4
13歳
  • MMR(麻疹、おたふく、風疹)(2回目)
15-6歳
  • DTaP(ジフテリア、破傷風、百日咳)
25歳
  • ジフテリア、破傷風 ※備考5

※備考1:生後すぐのB型肝炎予防接種は、B型肝炎感染リスクのある乳児のみ(母親がB型肝炎感染者であるなど)に対し実施されます。

※備考2:エストニアで用いられているポリオワクチンは不活化ワクチンです。

※備考3:ロタウイルスワクチンには、一価(2回接種)のものと五価(3回接種)のものがあります。五価のワクチンの接種を受けている場合にのみ、3回目の接種が行われます。

※備考4:女児のみ接種。2回目の接種は、初回の接種から6~13ヶ月以内に受ける必要があります。

※備考5:ジフテリアおよび破傷風に対する予防接種は、25歳以上の成人に対し、10年ごとに実施されています。

8 病気になった場合(医療機関等)

 病気になった場合、原則としてまずホームドクター(家庭医)の診察を受け、その医師が専門医受診を要すると判断した場合のみ各科専門医(総合病院)の診察を受けることができます。エストニア国民医療保険に加入している場合、ホームドクターおよびホームドクターから紹介された各科専門医の診察費は無料です。エストニア国民医療保険に加入していない場合、公立・私立病院ともに50ユーロ以上の診察料が発生します。

 すべての病院で英語が通じる訳ではありませんが、規模の大きな病院ではほぼ英語対応が可能です(以下の病院が比較的規模の大きな病院)。

◎タリン

私立病院

(1)Fertilitas kesklinna polikliinik (Fertilitas’ Tallinn Centre Polyclinic,Sudalinna Arstid
所在地:Kaupmehe 4, 10114 Tallinn
電話:(6)-604-072
概要:市内中心部にある私立クリニック。耳鼻咽喉科、産婦人科、皮膚科等の専門医も対応可能。歯科あり。英語可。

公立病院

 112番に電話して救急車を利用した場合には以下の(2)または(3)の病院にまず搬送されます。

(1)AS Põhja-Eesti Regionaalhaigla (North-Estonian Medical Centre)
ホームページ:http://www.regionaalhaigla.ee/en 別ウィンドウで開く
所在地:J. Sütiste tee 19, 13419 Tallinn
電話:(6)-17-1369(緊急時), (6)-17-1049(外来受付), (6)-17-1300(インフォメーションデスク)
概要:1200床を有する、エストニアで最大規模の総合病院。24時間の救急部門あり。医療診断機器、集中治療室等の整備も良好。在籍医師数500名、スタッフ総勢3、900名。
(2)AS Ida-Tallinna Keskhaigla (East-Tallinn Central Hospital)
ホームページ:http://www.itk.ee/en 別ウィンドウで開く
所在地:Ravi tn 18, 10138 Tallinn
電話:(6)-66-1900
概要:総合病院。脳外科と心臓外科以外のほとんどの診療科あり。24時間の救急部門あり。医療設備もよく整備され、CTもあり。コンピューター管理システムによる院内の情報共有あり。医師数250名、スタッフ総勢2000名。
(3)AS Lääne-Tallinna Keskhaigla (West-Tallinn Central Hospital)
ホームページ:http://www.keskhaigla.ee/?lang=en 別ウィンドウで開く
所在地:Paldiski mnt. 68, 10617 Tallinn
電話:(6)-50-7301, FAX:(6)-50-7265

小児科

 小児科診療を行っているのは私立病院が多く、以下の病院が中でも規模の大きな病院です。

私立病院
(1)AS Fertilitas
ホームページ:https://www.fertilitas.ee/en/ 別ウィンドウで開く
(ア)Fertilitas Mustamäe polikliinik (Fertilitas’ Mustamäe polyclinic)
所在地:A.H. Tammsaare tee 47, Tallinn
電話:(6)-64-6444
(イ)Fertilitas kesklinna polikliinik (Fertilitas’ Tallinn centre polyclinic)
所在地:Kaupmehe 4, Tallinn
電話:(6)-60-4072
(2)Lasnamäe Medicum
ホームページ:https://www.medicum.ee/en/ 別ウィンドウで開く
所在地:Punane 61, 13619 Tallinn
電話:(6)-05-0601
(3)City Tervisekliinik (City Health Clinic)
ホームページ:http://citytervisekliinik.ee/ 別ウィンドウで開く
所在地:Narva mnt 5, 10117 Tallinn (Foorumi keskuse 5. Korrus, フォーラムセンター5階)
電話:(6)-60-4931
(4)Qvalitas Arstikeskus (Qvalitas Medical Centre)
ホームページ:http://www.qvalitas.ee/en/ 別ウィンドウで開く
(ア) Pärnu mnt centre
所在地:Pärnu mnt 102c, 11312 Tallinn
電話番号:(6)-05-1500
(イ) Narva mnt centre
所在地:Narva mnt 7, 10117 Tallinn
電話番号:(6)-05-1500
公立病院
(1)Tallinna Lastehaigla (Tallinn Children’s Hospital Foundation)
ホームページ:http://www.lastehaigla.ee/en/別ウィンドウで開く
所在地:Tervise 28, 13419 Tallinn
電話:(6)-97-7111、FAX:(6)-97-7143
概要:North-Estonian Regional Hospitalの関連病院。小児科専門病院。医師は英語可。

9 その他の詳細情報入手先

 在エストニア日本国大使館:https://www.ee.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

10 現地語・一口メモ

  • 病院(入院治療用病院):haigla(ハイグラ)
  • 病院(外来患者用総合診療所):polikliinik(ポリクリニック)
  • クリニック(診療所):kliinik(クリニック)
  • 薬局:apteek(アプテーク)
  • 医者(男性):doktor/arst(ドクトル/アルスト)
  • 医者(女性):doktor/arst(ドクトル/アルスト)
  • 救急車:kiirabi(キーラビ)
  • 内科:üldarstiabi(ユルド・アルスト・アビ)
  • 外科:kirurgiline abi(キルリギリネ・アビ)
  • 整形外科:ortopeedia(オルトペーヂア)
  • 小児科:lastearst/pediaatria(ラステアルスト/ペヂアートリア)
  • 婦人科:günekoloogia(ギュネコローギア)
  • 歯科:stomatoloogia/ hambaarst(ストマトローギア/ハムバアルスト)
  • 飲み薬:ravim/medikament(ラヴィム/メヂカメント)
  • 注射:süst/injektsioon(シュスト/イヌイェクツショーン)
  • 予防注射:vaktsiin(ヴァクシーン)
  • 頭痛:peavalu(ペアヴァル)
  • 胸痛:valu rinnus(ヴァル・リンヌス)
  • 胃痛:maovalu(マオヴァル)
  • 腹痛:kõhuvalu(クフヴァル)
  • 下痢:kõhulahtisus(クフラヒティスス)
  • 発熱:palavik(パラヴィク)
  • 吐き気:süda on paha(シュダ・オン・パハ)
  • 傷:vigastus(ヴィガスツス)
  • 具合が悪い。:Mul on halb olla(ムル・オン・ハルブ・オッラ)
  • 救急車を呼んでください。:Kutsuge kiirabi!(クツスゲ・キーラビ)
  • 病院へ連れて行ってください。:Palun viige mind haiglasse!(パルン、ヴィーゲ・ミンヅ・ハイグラッセ)

11 新型コロナウイルス関連情報

2020年4月頃、感染者の急増によりマスク等の感染予防物品や病院の病床が不足する事態となりましたが、エストニア政府による対策が講じられ現在は改善されております。当国の医療水準は問題のないレベルですが、今後感染者が急増すると医療が行き渡らなくなる可能性もあります。
現在、手指消毒薬、マスク等の感染予防物品は十分流通しておりスーパーマーケットや薬局で入手することが出来ますが、今後の流行状況によっては、再び物品の不足する可能性もあります。そのため必要最小限の物品を予めストックしておくことをお勧めいたします。 また、感染状況は刻々と変化しておりますので、最新の情報を入手するように心がけてください。

エストニア政府からのコロナウイルス関連情報

https://www.terviseamet.ee/en別ウィンドウで開く

大使館の新型コロナウイルス関連情報

https://www.ee.emb-japan.go.jp/itpr_ja/coronavirus.html別ウィンドウで開く

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る