世界の医療事情

ラオス(ビエンチャン、ルアンパバーン)

令和2年10月

1 国名・都市名(国際電話国番号)

 ラオス人民民主共和国(国際電話国番号 856)

2 公館の住所・電話番号

○ 在ラオス日本国大使館 (毎週土日休館)
住所:Embassy of Japan, Sisangvone Road,Vientiane, Lao PDR
電話:021-414400, 021-414401, 021-414402, 021-414403
ホームページ:https://www.la.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

※土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので、ご覧ください。

4 衛生・医療事情一般

 ラオスは熱帯モンスーン気候(Am)に属し、雨期(5月から10月)と乾期(11月から4月)に分けられます。一年の大部分は高温多湿で、4月が最も暑く最高気温が40℃以上になることがあります。雨期は日中蒸し暑くなりますが、明け方には涼しく感じる日もあり、気候や気温の変動により体調を崩しやすくなり注意が必要です。また、この時期は細菌やカビが繁殖しやすい状況にあり、食中毒に気をつける必要があります。また、ラオスでは1年中蚊が媒介するデング熱が流行していますが、特に雨期には罹患者が増加するため、蚊への対策がより重要となります。乾期のうち12月から2月上旬までは比較的涼しく活動しやすい時期となりますが、3月から5月にかけては暑さが厳しくなります。

 当地の医療水準は近隣諸国と比べても極めて低く、また、英語での意思疎通は困難な場合が多いです。首都ビエンチャンで邦人がよく利用する医療機関はFrench Medical CenterAlliance International Medical Centre(AIMC)などの外国人がよく利用しているクリニックになります(「8. 病気になった場合」参照)。ただし、これらのクリニックで可能な検査や治療は限られており、入院や手術、精密検査が必要な場合や、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科など専門医の診察が必要な場合には、邦人の多くは国境を越えタイ東北部ノンカイまたはウドンタニ、さらにはバンコクの病院を受診しています。ラオスのほとんどの病院ではクレジットカードは取り扱っておらず、現金による支払いが必要です。また上記のFrench Medical CenterやAIMC等を除き海外旅行傷害保険の取り扱いは行っていません(タイでは多くの病院がクレジットカード、海外旅行傷害保険の取り扱い可能)。前述のように、ラオスでは可能な治療診察行為が非常に限られており、近隣諸国への搬送を考慮しなければならない場合があります。その際、高額な治療費や搬送費の請求、受診時に支払い能力を確認されることがありますので、不測の事態に備えて十分な額の海外旅行傷害保険に加入することをお勧めします。

 首都ビエンチャンに限れば上水道普及率は比較的高く、浄水場における水質もかなり改善されてきていますが、市内の配管や貯水槽の管理は未だ十分とは言えません。首都ビエンチャンを含めたラオス国内全域において、飲用には適切な浄水器を使用するか市販のミネラル水の使用をお勧めします。

 高級ホテルや外国人を顧客とする一部のレストランを除き、当地の食品衛生管理は信頼できないことが多いので十分に注意する必要があります。食品のみならず、食器・調理器具の管理の不十分さから起こる感染もあります。衛生環境が整っていない場所での飲食は控えるようにしてください。

5 かかりやすい病気・怪我

(ア)感染性胃腸炎

 原因としては細菌性、ウイルス性、寄生虫によるものと様々です。細菌性の場合、頻度の高い大腸菌、サルモネラ(当地ではチフス菌を含む)、カンピロバクター等に加えて、細菌性赤痢、コレラなどへの感染の可能性があります。その他、ウイルス性の胃腸炎や赤痢アメーバを始め、寄生虫感染の可能性もあります。これらは食事や飲み水、不潔な手指等より口から入ることにより感染します。①食事前やトイレの後は良く手を洗う。②生野菜は調理前によく洗浄する。③生もの、加熱の不十分なものは避ける。④衛生状態が悪そうな屋台や飲食店での飲食は避ける。など感染を防ぐため、食べ物、水、衛生状態に注意してください。治療は、下痢のみの場合、適切な水分摂取(電解質を含んだものが望ましい)を行い脱水にならないように注意することが重要です。暑い中無理をすると高度の脱水に陥り危険ですので、必ず休養をとって水分摂取を行ってください。下痢止めの使用は感染性胃腸炎の病状を悪化させる危険性がありますので、最小限にとどめてください。水分が摂れない、大量の下痢、血便や粘血便、持続する高熱、強い吐き気や腹痛等の症状がある場合には必ず速やかに医療機関を受診してください。

(イ)デング熱

 デングウイルスを保有している蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)に刺されることにより感染します。感染後1週間以内に38~40℃程度の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛などの症状で発症し、発熱後期から解熱後に発疹を認めます。特別な治療薬がないために、治療は安静と対症療法になります。これらの症状は多くは自然に軽快、回復しますが、時に出血傾向を伴うデング出血熱や血圧が下がりショック症状となるデングショック症候群に移行するなど重症化することがあり、この場合適切な治療を行わないと死に至ることがあるため注意が必要です。普段から蚊に刺されない様にDEET(ディート)やピカリジン等の有効成分を含んだ蚊の忌避剤を使用する、薄い色(白色)の長袖、長ズボン等を着用してサンダル履きを避けるなど、蚊に刺されないように対策する必要があります。

(ウ)交通事故による怪我

 近年、交通量の増加に伴い事故件数が激増、死亡事故も増加し、邦人が巻き込まれる場合もあります。交通規則やマナーが日本とは異なり、スピードの出し過ぎや飲酒運転等も問題になっているようです。自動車乗車時にはシートベルトを必ず着用して、交通事故被害に遭わないよう細心の注意を払ってください。当地で交通外傷を負った場合には、搬送先の医療機関によっては適切で十分な治療が受けられない可能性があります。交通外傷は当地で最も避けなければならない疾患といえます。

【その他、頻度は低いものの、注意しなければならない疾患をいくつか挙げます。】

(エ)マラリア

 蚊(ハマダラカ)の刺咬によりマラリア原虫がヒトに感染して生ずる疾患で、悪寒戦慄を伴う熱発作、貧血、脾腫、倦怠感などの症状があります。米国疾病予防管理センター(CDC)は首都ビエンチャン特別市を除くラオス国内全域をマラリア流行地域に指定しています。特に山間部や南部メコン河流域地帯において、年間を通して患者が発生しています。マラリアには熱帯熱、三日熱、四日熱、卵形マラリアの4種類がありますが、ラオスでは熱帯熱マラリアが圧倒的に多く、迅速かつ適切な治療が施されないと重症化し、死に至ります。潜伏期間は熱帯熱マラリアで約12日とされています。ビエンチャン特別市で生活する邦人はマラリア予防薬を飲んでいません。しかし、地方においては、年々感染者は減少傾向にあるものの、依然マラリアへの注意を要します。当地ではクロロキン(chloroquine)およびメフロキン(mefloquine)耐性熱帯熱マラリアが報告されています。

(オ)日本脳炎

 アジア地域に広く分布する日本脳炎ウイルスによる感染症です。蚊(コダカアカイエカなど)が媒介し、ウイルスに感染した豚の血液を吸った蚊に人が刺されて感染します。感染してもほとんどは無症状か軽度の発熱程度で経過しますが、100-1,000人に1人の割合で重篤な脳炎を発症します。潜伏期間は7-15日間とされ、突然の高熱、頭痛、全身倦怠感などで発症し、その後意識障害や神経障害が出現するなど後遺症を残すことがあります。脳炎を発症した場合死亡率が20-40%と高く、日本脳炎に対する特別な治療薬は存在しませんので予防接種や蚊対策が重要とされています。

(カ)狂犬病

 首都ビエンチャンを含む国内全域において哺乳動物から咬傷等を負った場合、狂犬病に感染する危険性があります。狂犬病はウイルスに感染した犬や猫等に咬まれたり舐められたりすることで感染し、発症した場合はほぼ100%死亡します。当地では街中にも犬が徘徊し、邦人が咬傷を負う場合があります。飼い犬への狂犬病予防接種も確実ではなく、犬以外の動物からの感染の危険もありますので、極力動物との接触を避けることが重要です。ラオスを訪れる場合には予め狂犬病ワクチンを接種しておくことが強く勧められます。もし犬等の咬まれた場合には、直ちに唾液を取り除くように傷口を洗浄し、速やかに医療機関を受診してワクチン接種や創傷への処置等について相談してください。

(キ)ウイルス性肝炎

 代表的なものとして、経口感染するA型肝炎・E型肝炎と血液・体液を介して感染するB型肝炎・C型肝炎があります。A型・E型肝炎は上述の感染性胃腸炎と同様な対策が必要です。B型・C型肝炎は血液を介して感染するため、出血を伴うような医療行為(輸血や歯科治療を含む)を受ける場合、注意が必要です。また、カミソリ、歯ブラシ等を共有することで感染する場合もありますので、この点に関しても注意が必要です。A型・B型肝炎はワクチンによる肝炎予防を行う事が出来ますが、C型・E型肝炎にはワクチンがありませんので、感染しないように注意して頂く必要があります。

(ク) 肺結核

 肺結核は結核に感染したヒトの呼気中に排出された飛沫核を介してヒトに感染します。ラオスにおいて、WHOの報告では2017年の結核の推定罹患率は168(人口10万対)となっております。当地で2週間以上咳の症状が続く場合には医療機関を速やかに受診し、結核を含めた呼吸器系疾患の精査が必要です。

(ケ)レプトスピラ症

 病原性レプトスピラは牛、豚、ネズミなどの腎臓に定着し、感染した動物の尿や尿に汚染された水や土壌に接触することにより、または汚染された水や食物を飲食することにより感染します。症状は発熱、頭痛、筋肉痛、眼球結膜の充血などがあり、風邪症状の軽症型から、黄疸、出血、腎不全を来す重症型があります。特に雨季に流行がみられます。予防としてむやみに水の中(水田、特に洪水の後など)には入らないことが重要です。

(コ)メコン住血吸虫症

 川の中には皮膚から浸入する寄生虫が生息しています。ラオスでは南部地域(チャンパーサック県、コーン島周辺)で限局した発生が見られます。急性期には発熱、下痢、粘血便、血尿などが認められ、慢性期には肝硬変へと移行します。抗住血吸虫薬を用いた治療を行いますが、肝障害などの慢性例では対症療法となります。発生地域の水田、河川を素足で歩いたり、ダムなどで泳いだりする事は避ける方が良いです。

(サ)有鉤条虫症

 豚肉の生食により感染します。英語では「ポーク・テープワーム」と呼ばれ、感染すると排便時に虫体を排出することがあります。豚料理が出される場合には十分加熱されているかを確かるようにして下さい。また、「ソンムー」と呼ばれる発酵豚肉生ソーセージを食べる場合にも、十分加熱するよう心がけて下さい。

(シ)タイ肝吸虫症

 ラオスの川や湖で捕れるウロコのある魚にはタイ肝吸虫の幼虫が寄生していることがあります。調理不十分な淡水魚を食べることにより感染し、吸虫が10年から20年もの期間、胆管内に寄生します。この地域に高率に発生する胆管癌と関連があるとの報告もあります。淡水魚を食する際には調理法に注意を払い、生食を避けることが重要です。

(ス)肺吸虫症

 淡水産カニの生食により感染します。肺吸虫の幼虫が肺へ移行し、成虫となり、血痰を伴う咳を引き起こします。肺結核と臨床的に似ているため、誤診されることもあります。感染源としては生の淡水産カニを使用したパパイヤサラダ等が挙げられます。

(セ)高病原性鳥インフルエンザ

 ラオスにおいても例年家禽への感染が認められ、過去には人への感染死亡例も発生しています。当地へ在住、旅行をされる方は常に最新の情報入手に努めるよう心掛けてください。

6 健康上心がける事

(ア)熱中症

 当地は高温多湿で熱中症の起こりやすい環境にあります。無理な行動、過度な運動を避け、十分な休息や頻回の水分摂取に努めてください。

(イ)毒蛇咬症

 当地には毒蛇(コブラ類及びハブ・マムシ類)が生息しています。一般的な観光ルートで被害に遭うことは稀ですが、エコツアー参加時等においては十分な注意をしてください。

(ウ)落雷

 雨期には落雷があり、死亡事故も起きています。雲行きが怪しくなってきたらたとえ雷の音が遠くに聞こえていても注意が必要です。建物や車中に避難して高い木には決して近づかないでください。

7 予防接種

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(ア)赴任者に必要な予防接種(成人、小児)

 入国時に求められる予防接種はありませんが、当地では様々な感染症に罹患する可能性がありますので、以下の予防接種の実施が望まれます。

  • 成人:破傷風、日本脳炎、A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、麻しん(麻しんワクチンを今まで一度も受けたことがなく麻疹に未罹患の人)、日本脳炎、腸チフス(日本では未承認)
  • 小児:日本の定期接種(BCG、DPT、ポリオ、麻しん、風しん、日本脳炎)の他、A型肝炎、B型肝炎、インフルエンザ菌b型(Hib)、狂犬病、腸チフス(日本では未承認)、長期滞在予定者は他に、流行性耳下腺炎(ムンプス)、水痘、肺炎球菌

(イ)現地の小児定期予防接種一覧

ラオスの小児の定期予防接種
初回2回目3回目4回目
BCG出生時
ポリオ(経口生ワクチン)6週10週14週
DPT6週10週14週
MMR任意接種
麻疹(はしか)9-11ヶ月12-23ヶ月
ムンプス(おたふく風邪)実施されていない
風疹(ふうしん)9-11ヶ月12-23ヶ月
B型肝炎出生時6週10週14週
インフルエンザB 6週 10週 14週

DPT:ジフテリア・百日咳・破傷風、MMR:麻疹・流行性耳下腺炎・風疹

 邦人は各自、自主的に医療機関を受診して接種を受けることになります。

*DPTは地元医療機関ではDPT-B型肝炎-Hibの5種混合ワクチンを使用しています。 (外国人がよく利用するクリニックではDPT-不活化ポリオ-Hibの5種またはDPT-不活化ポリオ-Hib-B型肝炎の6種混合ワクチンを使用しています)

(ウ)小児が現地校に入学・入園する際に必要な予防接種・接種証明書

 現地校・日本語補習校入学に関しては、予防接種記録・証明書は特段必要とされません。インターナショナルスクール入学に際しては、予防接種歴を求められることもありますが、接種証明書の提出は現時点では必須ではありません。

8 病気になった場合(医療機関等)

◎首都ビエンチャン

*(ア)、(イ)の施設を除き、英語での意思疎通が難しく、邦人が期待する水準の医療を受けるのは困難な場合が多いです。

(ア)French Medical Center (通称フレンチクリニック)
所在地:Kouvieng Road, Simuang, Vientiane(クービエン通り)沿いグリーンパーク・ブティックホテル斜め向かいのフランス大使館所有グランドの一角、ただし入り口はクービエン通りより脇道に入ったところにあります。赤い文字で書かれた看板がありますが、小さく見落とし易いので注意してください。
電話・FAX:(021)-5525-6129, (020)-9869-4959(歯科)
緊急電話:(020)-56554794
概要:ラオス在住の外国人によく利用されているクリニックです。日本人医師が勤務し(2020年10月現在)、同医師の勤務時間帯は日本語で診察を受けることができますが、基本的には英語・仏語での対応となります。入院施設やX線診断装置はありませんが、入院・精査が必要と判断された場合には、他病院への紹介、必要に応じ救急車の手配を行ってくれます。診療時間は月~金曜8:30~12:00 / 13:30~17:00,土曜日、日曜日9:00~12:00 / 13:30~17:00です。夜間・休日の緊急時には医師が持つ緊急携帯電話に連絡するシステムになっています。小児の診療も可能で、予防接種、マラリアの診断、治療も行うことができます。歯科医師や理学療法士もいて、歯科や理学療法受診時は予約が必要です。支払い方法は基本的に現金払いで、クレジットカードは不可ですが、一部の海外旅行傷害保険の取り扱いは可能です。
(イ)Alliance International Medical Centre(AIMC)
所在地:Souphanouvong Road, Ban Wattayyaithong, Sikhottabong district, Vientiane,ワッタイ空港近くのホンダコンプレックス(ホンダ車販売サービス)敷地内にあります。
電話:(021)-513095
概要:タイ・ウドンタニやノンカイにあるワッタナー病院が支援しているクリニックで、主に同病院医師が交代で来院し診察しています。英語での対応が可能です。総合医や内科、外科、小児科の他産婦人科、皮膚科の医師が診察可能な日もあります。医師の診察日が変わるため、特に専門科医師受診を希望される場合には電話で確認をお勧めします。X線診断装置及び入院床(観察床2床、一般床3床、VIP床2床の計7床)があります。通常、入院や精査が必要な場合にはワッタナー病院などタイの病院へ紹介、必要に応じ救急車を手配してくれます。診療時間は月~金曜日8:00~20:00,土曜、日曜日8:00~17:00です。支払いはキャッシュレスサービスが可能で、VISA、Master、JCBなど一部のクレジットカード(一律手数料3%)やBCELのキャッシュカード(口座があり自動引落手続きの場合は手数料なし)も使用可能です。前もって相談すれば一部の海外旅行傷害保険が使用できます。

○ルアンパバーン

(ア)Luang Prabang Provincial Hospital
所在地:Thongchaleun village, Lugang Prabang
電話・Fax:(071)-254027
概要:ラオス北部の中核的病院です。診療時間は8 :00~16 :00(月~金曜日)。救急は24時間受け入れ可能。タイのバンコク病院と提携しており必要時には保険加入状況などを確認の上、バンコク病院への搬送が行われます。

○タイ国東北部地方

(ア)Wattana Hospital-Nongkhai(ノンカイ・ワッタナ病院)
所在地:1159/4 Moo 2, Prajak Rd., Nongkhai, Thailandメコン川友好橋近辺
電話:+66-42-465201 (66はタイの国際電話国番号)
概要:首都ビエンチャンから最も近いタイ東北部にあるタイの私立病院です。タイ・ラオス友好橋より、タイに入ると車で5分程度の場所にあります。規模は大きくないですが、入院施設があり、CT等の画像検査も可能です。当病院で対応できない場合には、ウドンタニやバンコクなどへ搬送されることがあります。緊急時には病院の救急車を有料で手配することが出来ます。歯科が併設されています。
(イ)Bangkok Hospital UDON(バンコク病院ウドン)
所在地:111 Thong-yai Rd., Mak-khaeng Udonthani, Thailand ウドンタニ駅近辺
電話: +66-42-188-999, +66-42-343-111
概要:多くのラオス在住邦人や外国人が利用しており、スタッフは英語対応が可能で、救急は24時間対応です。提供される医療サービスの水準は高いです。より高度な治療が必要な場合には、バンコクのバンコク病院へ搬送されます。なお、緊急時には病院の救急車を有料で手配する事が出来ます。歯科が併設されています。

9 その他の詳細情報入手先

(ア)在ラオス日本国大使館
ホームページ: https://www.la.emb-japan.go.jp/jp/別ウィンドウで開く

10 一口メモ(もしもの時の医療ラオス語)

  • 医師:タンモー
  • 飲み薬:ヤーキン
  • 注射:サックヤー
  • 頭痛:チェップ フア
  • 胸痛:チェップ ナー ウック
  • 腹痛:チェップ トーン
  • 下痢:トーク トーン
  • 発熱:ペン カイ
  • 吐気:プアット ハー(ク)
  • 傷:バーッ(ト)
  • マラリア:カイ ニュン
  • デング熱:カイ ルアッ(ト) オック
  • 寄生虫:メ トーン
  • 具合が悪い。:ボーサバーイ
  • 病院へ連れて行って欲しい。:ヤーク ハイ パー パイ ホンモー

11 新型コロナウイルス感染情報

 ラオスでは現在までに計24例の感染例が発生し、死亡者数は報告されていません(2020年10月時点)。当地で可能な本疾患への感染対策として、「3密」状態を可能な限り回避し、サージカルマスクを正しく着用した上で手指消毒を行う等の飛沫および接触感染対策を徹底することです。当地で購入可能な衛生材料として、中国製やベトナム製のマスクやアルコールハンドジェル等は市中の薬局やショッピングモール等で入手可能である。ラオスの医療水準は低く、専門医による診察や精密検査、入院加療等を要する場合、邦人の多くはラオスでの医療を受けずに隣国のタイまたは日本に帰国して受療していますが、現在の世界的な新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、現在タイ等の医療施設への国境を越えた移動が困難になっており、専門性や緊急性の高い医療事情が極めて厳しいものとなっています。また、ラオス国内の医療機関においても医師の往来の制限に伴い、診療科や営業時間も流動的なものとなっており、ホームページ等も更新されていないことがあります。診療を希望する場合には事前に医療機関への連絡が必要になります。ラオスで新型コロナウイルス感染が判明した場合には、原則、指定医療機関であるミタパープ病院に隔離入院となりますが、医療設備や医療水準は決して高いものではなく、また多くの邦人にとって入院生活は決して快適なものではないと考えられます。病状が悪化して重症化した場合に、安全な人工呼吸器管理やECMO(体外式膜型人工肺)等の先進的治療介入は期待できません。


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る