世界の医療事情

リトアニア

平成30年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 リトアニア共和国(国際電話国番号370)

2 公館の住所・電話番号

在リトアニア日本国大使館 (毎週土日休館)
住所:Embassy of Japan in Lithuania, M.K. Ciurlionio st. 82b, LT-03100 Vilnius
電話:(85)-231-0462,FAX:(85)-231-0461
ホームページ:https://www.lt.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

(注)土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので,ご覧ください。

3 医務官駐在公館ではありません

 在英国日本国大使館 医務官が担当

4 衛生・医療事情一般

 バルト3国の一つリトアニアの首都ビリニュスはベラルーシとの国境に近い内陸部に位置し,気温の年較差,日中と夜間の差が大きく,気候も不安定です。そのため,風邪などに罹りやすく体調を崩しやすいので注意が必要です。水道水は飲用には適さないこともあるので,ミネラルウォーターを使用してください。ビリニュス市内には近代的なスーパーが多数有り,生鮮食料品の衛生管理には問題はありません。

 リトアニアの主な医療施設は国公立であり,おおむね医療機器や施設が古く未整備な事が多く,また英語が通じないためリトアニア語あるいはロシア語が堪能でない場合は受診することが困難です。最近は施設や医療機器の比較的充実したプライベートクリニックが開院しており,これらの多くでは英語で受診することが可能なので,これらのクリニックを受診するのが無難です。精密検査や高度な治療が必要な場合は,西ヨーロッパや日本への移動・移送を必要とするため,海外旅行者保険への加入が強く勧められます。

5 かかり易い病気・怪我

(1)上気道炎

 気温の変動が激しく,特に冬場はマイナス20度以下になることもあります。また暖房で室内の空気が乾燥するため,風邪や呼吸器の感染症に罹りやすく,予防として外出から帰った際のうがいや加湿器の使用も有用です。

(2)ダニ脳炎・ライム病

 かかり易いわけではありませんが,日本には無い注意すべき風土病として,マダニが媒介するダニ脳炎やライム病があります。

 ダニ脳炎はウイルス性脳炎で,主に中央ヨーロッパから北欧,旧ソ連地域に広がる風土病です。首都ビリニュス市を含め国土の大部分で,感染が報告されています。予防法は,ワクチン接種とマダニに咬まれないようにすることです。同地域で森林などに入る場合は,長袖・長ズボン・帽子を被るなど,肌を露出しないことです。ダニ脳炎は治療薬がなく,予防が大切です。ワクチンを通常3回接種すると3~5年間有効です。感染の危険地域での山歩きやハイキングなど野外活動の好きな方には接種をお勧めします。このワクチンは当地のクリニックで接種が可能です。ダニに刺された時は,速やかに医師にご相談ください。

 ライム病もマダニが媒介する感染症です。典型的にはマダニに咬まれた部位を中心に同心円状の紅斑を認め,筋肉痛や関節痛,発熱を認めます。予防のためのワクチンはありませんが,抗生物質で治療は可能です。

(3)転倒・交通事故

 冬は雪や凍結で路面が滑りやすく,転倒には注意が必要です。靴底が滑りにくい加工のされた靴の着用をお勧めします。また,交通マナーも日本とは異なるため,交通事故に注意してください。

6 健康上心がける事

 風邪など上気道感染症が多いので,外出から戻った際の手洗いとうがい,また入浴後にクリームやローションで保湿し,皮膚の乾燥を防ぐことが重要です。また,加湿器も有用です。

 車の運転マナーが悪いので,交通事故には気をつけましょう。

7 予防接種(ワクチン接種機関を含む)

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種 ~成人・小児~

 入国に必要な予防接種はありませんが、一般に,A型肝炎、B型肝炎と破傷風ワクチンの接種が勧められます。

 また,長期滞在者にはダニ脳炎ワクチンの接種を勧めます。

(2)現地の小児定期予防接種一覧

公的プログラム(2018年9月)
  初回 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目
BCG(結核) 生後2,3日          
B型肝炎 生後24時間以内 1ヶ月 6ヶ月      
DTP三種混合
(ジフテリア,破傷風,百日咳)
2ヶ月
(DTaP)
4ヶ月
(DTaP)
6ヶ月
(DTaP)
18ヶ月
(DTaP)
6-7歳
(DTaP)
15-16歳
(Tdap)
Hib(Hib感染症) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 18ヶ月    
IPV(ポリオ)(備考1) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 18ヶ月 6-7歳  
Pnc(肺炎球菌) 12-15ヶ月(備考2)          
MMR(麻疹,おたふくかぜ,風疹) 15-16ヶ月(備考2 6-7歳        
HPV(ヒトパピローマウイルス)(注)女児のみ 11歳(HPV1) 初回後6ヶ月以降(HPV2)        
MenB(B群髄膜炎菌) 3ヶ月 5ヶ月 12-15ヶ月(備考2)      
RV(ロタウイルス) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月(備考3)      

備考1:当地では,ポリオの予防接種には不活化ワクチンが用いられています。

備考2:Pnc(初回),MMR(初回),MenB(3回目)は同時接種が可能です。

備考3:ロタウイルスワクチンには,一価(2回接種)のものと五価(3回接種)のものがあります。五価のワクチンの接種を受けている場合にのみ,3回目の接種が行われます。

 ビリニュスのプライベートクリニックで,ワクチンを接種してもらうことが可能です。 子供への負担(注射回数)を減らすために,DTPだけでなくDTP+IPVの4種,それにHibやB型肝炎を加えた5種,6種など,様々な組み合わせの複合ワクチンが販売されており使用されています。

(3)小児が現地校に入学・入園する際に必要な予防接種・接種証明

 現地校に入学・入園する際にワクチン接種記録の提出を求められることがあります。場合によってはツベルクリン反応の結果を求められることもあります。その場合,ツベルクリン反応が陽性の場合は,胸部のレントゲン撮影で異常のないことを証明する必要があります。 学校によって事情が異なりますので,事前に学校にお問い合わせください。

8 病気になった場合(医療機関等)

 タクシーで病院に行かれる場合は住所を運転手に見せてください。通り名と番地で目的地に着くことが出来ます。

(注)リトアニアの地方からビリニュスにかけるには市外局番は「85」を,リトアニア国外からかける場合は国番号370を入れ,市外局番から8を取り,「3705」となります。ビリニュス市内通話では市外局番は不要です。

公的救急車 電話:「112」

 当地に日本語で受診できる医療機関はありません。

プライベートクリニック

 ほとんどのプライベートクリニックは,時間外の外来は取り扱っていません。

(1)Medicinos Diagnostikos ir gydymo CentrasMedical Diagnostic and Treatment Centre
所在地:V. Grybo g. 32A Vilnius
電話:(85)-233-3000,携帯:+370-698-00000
概要:総合クリニック。施設は近代的で清潔,医療機器も整っており,CTスキャンやMRIもあります。英語での受診が可能で,英語を話さない医師には,英語の通訳を頼むことも出来ます。
外来受付:月曜~金曜7時~20時,土曜8時~15時
ホームページ:http://www.medcentras.lt別ウィンドウで開く
(2)Kardiolita(旧Heart Surgery Centre心臓外科センター)
所在地:Laisves pr. 64a, Vilnius
電話:(85)-239-0500,FAX:(85)-239-0502
概要:総合クリニック(心臓外科,循環器内科,整形外科,婦人科,小児科,内視鏡,形成外科)。以前は心臓外科センターという名前の通り,心臓血管外科やカテーテル治療の専門病院でしたが,現在では上記の科にも対応しています。施設は近代的で清潔,医療機器も整っており,英語での受診が可能です。
外来受付:月曜~木曜7時~21時,金曜7時~20時,土曜9時~15時
ホームページ:http://www.kardiolita.lt別ウィンドウで開く
(3)Northway Medicinos CentrasNorthway Medical Centre ノースウェイ・メディカルセンター)
所在地:S. Zukausko g. 19, Vilnius
電話:(85)-264-4466
概要:総合クリニック(消化器科,循環器科,小児科,耳鼻科,眼科,産婦人科,美容整形)。施設は近代的で清潔,レントゲンはありますが,CTスキャンやMRIはありません。臨床検査室が大変充実しています。英語での受診が可能です。
外来受付:月曜~金曜7時30分~20時30分,土曜9時30分~15時
ホームページ:http://www.nmc.lt別ウィンドウで開く

公立病院

(1)Vilnius University Hospital "Santaros Klinikos"(ビリニュス大学付属サンタロス病院)
所在地:Santariskiu str. 2, Vilnius
電話:(85)-236-5000,FAX:(85)-236-5111
概要:多数の専門科より成り,主にビリニュスおよびリトアニア東部の第三次医療を扱っています。リトアニア国内で唯一コンピューター化された情報網を持ち,診療・治療に際して外部の専門家とも共同で仕事が行えるテレメディシンも鋭意導入中です。 中でも同病院では循環器科がリトアニア国内で最も充実しており,世界的知名度を持つ心臓血管学センターがあります。設備の整った集中治療部を持ち,不整脈診断・治療の専門部,核医学診断機器なども導入された最新の循環器診断・治療設備を有します。
ホームページ:http://www.santa.lt/別ウィンドウで開く
(2)Respublikine Vilniaus universitetine ligonine(ビリニュス大学付属救急病院)
所在地:Siltnamiu str. 29, Vilnius
電話:(85)-216-9069,FAX:(85)-216-8984
概要:ビリニュス大学の救急医療を担う病院で,同国内の外科系の主要病院の一つであり,ビリニュス市周辺の救急医療の中心です。担当する分野は広く,同市一帯で唯一の神経外科が1998年に設立された他,外傷学科,腹部外科,泌尿器科,産婦人科,眼科,耳鼻咽喉科などがあります。毒物学的診断・治療もここで行われています。
ホームページ:http://www.rvul.lt/別ウィンドウで開く

9 その他の詳細情報入手先

 在リトアニア日本国大使館 ホームページ:https://www.lt.emb-japan.go.jp別ウィンドウで開く

10 現地語・一口メモ

  • 病院(入院治療用病院):ligonine(リゴニネ)
  • 病院(外来患者用総合診療所):poliklinika(ポリクリニカ)
  • クリニック(診療所):klinika(クリニカ)
  • 薬局:vaistine(ヴァイスティネ)
  • 医者(男性):daktaras(ダクタラス)gydytojas(ギーディトヤス)
  • 医者(女性):daktare(ダクタレ)gydytoja(ギーディトヤ)
  • 救急車:greitoji pagalba(グレイトーイ パガルバ)
  • 内科:terapinis skyrius(テラピニス スキーリュス)
  • 外科:chirurgija(ヒルルギヤ)
  • 整形外科:ortopedija(オルトペディヤ)
  • 小児科:pediatrija(ペディアトリヤ)
  • 婦人科:ginekologija(ギネコロギヤ)
  • 歯科:stomatologija(ストマトロギヤ)/odontologija(オドントロギヤ)
  • 飲み薬:geriamieji vaistai(ゲリャミェイ ヴァイステイ)
  • 注射:injekcija(イニェクツィヤ)
  • 予防注射:skiepai(スキェペイ)
  • 頭痛:galvos skausmas(ガルヴォス スカウスマス)
  • 胸痛:krutines skausmas(クルティネス スカウスマス)
  • 胃痛:skrandzio skausmas(スクランジョ スカウスマス)
  • 腹痛:pilvo skausmas(ピルヴォ スカウスマス)
  • 下痢:viduriavimas(ヴィドゥリャヴィマス)
  • 発熱:karsciavimas(カルシャーヴィマス)
  • 吐き気:pykinimas(ピーキニマス)
  • 傷:zaizda(ジェイズダ)
  • 具合が悪い:As blogai jauciuosi.(アシュ ブロゲイ ヤウチュオシ)
  • 救急車を呼んで下さい:Prasom pakviesti greitaja pagalba.(プラショム パクヴィエスティ グレイタヤ パガルバ)
  • 病院へ連れて行って下さい:Prasom nuvezti mane i ligonine.(プラショム ヌヴャシュティ マニャ イ リゴニネ)

Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る