世界の医療事情

シエラレオネ

平成30年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 シエラレオネ共和国(国際電話国番号232)

2 公館の住所・電話番号

Embassy of Japan, Fifth Avenue Extension, West Cantonments, Accra, Ghana(毎週土日休館).
電話:030-2765060, 030-2765061

3 医務官駐在公館ではありません。

 在ガーナ日本国大使館医務官が兼轄

4 衛生・医療事情一般

 シエラレオネの気候は平均気温26.1(22.5-30.1)度と高温で多湿(71~90%)の熱帯性の気候です。年間の降雨量は2990ミリで5月から10月の雨季と11月から4月の乾季があります。電気は停電が多く,発電機を備える必要があります。改善された水供給(上水)へのアクセス率は60%,改善された衛生施設(下水)へのアクセス率は13%と衛生水準は極めて低くなっています。衛生水準が低いため当国ではコレラや腸チフスなど食べ物や飲み物を介した感染症が例年多くみられます。また,当国には多くの風土病があります。特にマラリアは病院を受診する理由の中でも多く,地方だけでなく首都においても流行しています。当国で流行しているマラリアは治療が遅れれば死亡する熱帯熱マラリアです。したがって,当国に滞在し生活するためには予防接種や予防薬等これらの感染症への対策が不可欠です。当国は医療水準が極端に低いので滞在する際には注意が必要です。シエラレオネの平均寿命は51.3歳(2016年)で死亡原因はその他を除き,肺炎,下痢,マラリアと感染症が上位を占めます。当国の医療従事者は極端に不足しており,例えば医師数は対人口あたりで日本の1/133(2016年)です。医療施設は老朽化し,富裕層や外国人は欧米等医療先進国で治療を受けています。万一の場合に備えて医療先進国で治療が受けられる水準の旅行傷害保険に加入して下さい。

5 病気になった場合(医療機関等)

フリータウン市

医療施設

(1)Choithram Memorial Hospital
住所:Hill Station, Freetown
電話:+232(0)7688-8880
レントゲン,超音波診断装置,CTがあります。眼科,外科,そして入院施設も備えていますが老朽化が進んでいます。
(2)Emergency Hospital
住所:Peninsular Road, Goderich
電話: +232(0)7862-4737
レントゲンと超音波診断装置があります。整形外科,一般外科の新しい手術室あります。
イタリアのNGO団体が無料で医療を提供しています。複数の外国人医師が常駐していますが,16時以降の時間外診療はシエラレオネ人医師の対応になる可能性が高いです。24時間緊急対応可能ですが,現地の住民が主に利用するため待ち時間が非常に長くなる傾向があります。また,郊外にあるためフリータウン市内からは移動に時間がかかります。
(3)ASPEN medical
住所:11A Bass street 3, off King Harman Road, Brookfields, Freetown
電話:+232(0)9950-0808, +232(0)9950-0800
原則,会員制のクリニックです。非会員は受診できるかどうか電話するか,直接来院してお尋ね下さい。施設は清潔で受付の対応もよいです。レントゲン,末梢血・生化学血液検査器機があり即日検査結果が分かります。ラッサ熱やエボラ熱疑いの患者を一時的に収容する隔離部屋が2室あります。入院施設はありません。
このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る