世界の医療事情

ネパール

令和2年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 ネパール連邦民主共和国(カトマンズ市、ポカラ市)(977)

2 公館の住所・電話番号

○ 在ネパール日本国大使館(毎週土日休館)
住所:Embassy of Japan, 1253, Narayan Gopal Sadak Panipokhari, ward No.3 Kathmandu
電話番号:01-4426680
ホームページ:https://www.np.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

※土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので、ご覧ください。

3 医務官駐在公館

担当医務官 清水篤実

4 衛生・医療事情一般

 ネパールの気候は亜熱帯性気候で、雨季(モンスーン:6月から9月)と乾季(10月から5月)に分かれています。地理学的変化に富み、北のヒマラヤ山岳地帯、中部の丘陵地帯、インドとの国境を接するタライ平野地帯に分けられます。首都カトマンズは海抜1,300mに位置します。夏の最高気温は30度、冬の最低気温は2度程度です。

 ネパールの上水道は首都のカトマンズでさえ未整備です。屋上の貯水タンクに、購入した水や井戸から汲み上げた水を貯めて利用しているところが多いのですが、中流以下の人たちは、日々ポリンタンクで共同水場から運んだ水を利用しています。

 一方で、タンク車の水、サーバー用の水、市販のプラスチックボトルの水のいずれからも大腸菌やコレラ菌などの食中毒原因菌が認められることがあり、飲用として使用する際には、煮沸や塩素消毒による滅菌処理、あるいは適切な浄水器を通す必要があります。

 また、井戸水や共同水場の水からヒ素や水銀の検出が認められている地域もあり、長期的には飲用水に対して、より注意をする必要があります。一般的な浄水器ではヒ素や水銀は濾過されません。使用する場合は、逆浸透膜(RO)浄水器をお勧めします。

 水を介する感染症(コレラ、病原性大腸菌、ジアルジア、腸チフス、赤痢、A型・E型肝炎など)が雨期を中心に流行しやすく、これらによる死亡例は、5歳以下の子供たちを中心にまだ多数報告されています。

 カトマンズ盆地内では、その地形的な特徴から大気汚染が深刻となっています。排気ガス、粉塵、ディーゼル発電機の排気、レンガ工場などの排煙などが主要な原因とされています。特に乾期には、PM2.5の値は上昇するため、アプリなどで都度確認し、高いときには外出を控えるなどの対策が必要です。

 医師はカトマンズに集中しているため、地方では不足しています。カトマンズには大小合わせて多数の医療機関が存在しますが、清潔度、サービス面、支払い方法などの点から、長期駐在者や旅行者は、私立の比較的大規模の医療施設を利用することが多いようです。ネパールの医学教育は英語で行われているため、医師との会話は英語が中心になります。

 当国での医療費は、公的・私立医療機関を問わず、外国人に対してはネパール人よりも高い額が設定されています。疾患にもよりますが、外国人に対して入院1日あたり800ドル前後の医療費を請求された例もあります。

 心臓カテーテル術、開胸手術、開頭手術といった高度な医療を行っている医療機関もありますが、設備面などで先進国より劣っている印象はぬぐえず、満足する医療を希望し移送に耐える状態である場合には、日本あるいは第三国で医療を受けることになります。国外への医療専用機での移送には、隣国でも数百万円、数千万円単位の経費がかかります。

 また、エベレストトレッキング中に高山病や重傷を罹った場合は、ヘリコプターによるカトマンズへの移送となりますが、その費用は50万円前後かかります。

 したがって、当地で病気・怪我を患った際にはクレジットカード付帯海外旅行保険だけではまかなえない可能性が高く、当地を旅行する際には、緊急移送特約(上限額をおすすめします)を含んだ海外旅行傷害保険の加入が推奨されます。

5 かかり易い病気・怪我

(1)感染性胃腸炎:

 原因となる原虫・細菌・ウイルスなどによって、水のような下痢・米のとぎ汁のような下痢・便秘・便が赤い・便が悪臭・腹痛がある・腹痛が無い・発熱する・発熱無い・高熱が続くなどの特徴的な症状を呈することがあります。ジアルジア(ランブル鞭毛虫)、クリプトスポリディウム、コレラ、赤痢、病原性大腸菌、腸チフス、A型&E型肝炎、赤痢アメーバなどが原因となります。

 水や食べ物など口にしたモノから感染します。ボトル水やウォーターサーバーの水からの感染も報告されています。汚物や飲水や農業用水に混ざりやすくなる雨季には毎年大きな流行が起きます。

 下痢止めを使用せず、原因となった原虫や細菌を排泄するようにするとともに、脱水による消耗を防ぐため水分を大量に補給します。水分を補う際には電解質(ナトリウムやカリウムやクロールなど)と糖質を含んだ飲み物にします。当地ではWHO推奨成分の経口補水液(ORS : Oral Rehydration Solution)を作成するための粉剤が薬局などで一般的に販売されていますので、これを利用するのが簡便です。薬局でORSと言えば通じます。(商品名はElectrobionやNAVA JEEVANなど)。

 血液が混ざる、倦怠感が強い、高熱が続く、食事や水分が摂取できない、腹痛がひどいなどという症状の時には、躊躇無く当地の医療機関を受診してください。

(2)ウイルス性肝炎:

 ネパールで注意を要するウイルス性肝炎には経口的に感染するA型肝炎、E型肝炎と、血液等を介して感染するB型肝炎、C型肝炎があります。A型、E型肝炎は年間を通して発生していますが、特に雨季に患者の増加がみられます。一般に感染してから約1ヶ月以上の潜伏期間を経て、38℃前後の発熱、食欲不振、倦怠感、黄疸などの症状が現れます。

 B・C型肝炎は性行為によっても感染しますので、無防備な性行為は慎んでください。

 A型肝炎・B型肝炎は、ワクチンで予防可能ですが、通常基礎免疫をつけるだけでも半年を要するため、余裕を持った接種計画をたてることが重要となります。

(3)狂犬病:

 ネパールでは、近年、人と犬に対するワクチン接種が行われるようになり、患者数は減少しつつありますが、依然として地方では死亡者が出ています。当地での主な感染源は犬、猿、猫、ジャッカルなどですが、あらゆる哺乳類は感染源になり得ます。発症すれば、確実に死亡する恐ろしい病気です。

 事前の予防接種だけでは発症防止は不十分であり、予防接種をうけてきた人でも犬などに咬まれた際には、傷口を石けんと流水で良く洗った上で、24時間以内に医療機関を受診してください。カトマンズやポカラから離れた地方都市やトレッキング中に咬まれた場合は、近くのヘルスポストに狂犬病ワクチンの在庫が無い可能性が高く、至急大都市に戻る必要があります。むやみに動物に触らないことが重要です。

(4)デング熱:

 デング熱は、ヒトスジシマカという種類の蚊が媒介するウイルス性疾患です。主要症状は、発熱、頭痛、関節痛、発疹です。特に再度感染した場合、重篤化する場合があるので注意が必要です。デング熱は都市部に多くみられ、ネパールでは以前からインドと国境を接するタライ地域で多く発生していました。2018/2019のシーズンで、ネパール全土でデング熱の大規模な流行がみられ、一年間で14662名の患者が報告されました。カトマンズやポカラなど、タライ以外の丘陵地でも多数の患者が報告されました。虫よけスプレー(大人であればDEETが30%含まれている物をおすすめします)、蚊取り線香や蚊帳の使用、蚊に刺されないような服装など、防蚊対策がとても大切です。

(5)マラリア:

 ネパールでは、以前、年間約4-6000人がマラリアを発症しておりましたが、最近は年々患者数が減少してきており、2017/2018年の統計では1187人がマラリアと診断されています。そのうち630例が海外からの輸入症例であり、ネパール国内での感染は557例でした。国内の症例では、ほとんどが三日熱マラリアであり、輸入症例も約90%が三日熱マラリアで、約10%が熱帯熱マラリアです。モンスーン時期、特に、6-8月の発症が多いと報告されています。また、タライ平野部での感染例がほとんどですが、ときどき山岳部からの感染報告が認められます。カトマンズや一般的なトレッキングコースでは、マラリアに罹患するリスクはないといわれています。タライ平野部などのマラリア流行地域を旅行する際は、蚊に刺されないように、虫よけスプレー、蚊取り線香や蚊帳の使用、夜間外出時は長袖、長ズボンを心掛ける必要があります。マラリア予防薬の入手は当地医療機関で可能ですが、流行地滞在期間、副作用、発病後に近くに治療を受けられる医療機関があるか否か等を考慮して服用を判断することになりますので、希望される方は医療機関に相談されることをお勧めします(下記施設で可能)。

(6)日本脳炎:

 主としてタライ地域で夏に流行がみられます。カトマンズ盆地内でも発症例が報告されています。蚊によって媒介されるウイルス性疾患で、感染から脳炎の発症までの潜伏期間は5-15日です。一般に頭痛を伴った突然の高熱で始まり、倦怠感や食欲不振、悪心、嘔吐を伴います。この感染症は感染しても発病しない“不顕性感染”が多いとされていますが、発病すると高い確率で後遺症を残し、死に至るケースもあります。蚊の繁殖時期に流行地域に長期滞在される方は事前の予防接種が勧められます。デング・マラリア同様蚊に刺されないよう対策が必要です。

(7)高山病:

 高山病は、高所における低い大気圧の酸素濃度に身体が順応できないことによって発症します。高度に対する感受性は人によって個人差がありますが、2,500m位から注意が必要です。対策として(イ)ゆっくり登ること。(ロ)3,600m、4,300m地点で最低1日の高度順応日を設ける。(ハ)十分な水分補給(1日3L以上)。(二)高山病の症状である頭痛、不眠、食欲不振、吐き気、手足や顔のむくみ、めまいが生じたら、それ以上は高度を上げない。そして症状が軽快しない場合は一晩待つことなく、高度を下げる必要があります。(ホ)場合によっては、高額なヘリコプター移送となる場合もあります。事前に海外旅行傷害保険に加入しておくことが重要です。邦人旅行者でも、高山病による死亡事例が毎年のように発生していますし、ヘリコプターでカトマンズまで搬送される旅行者は数多くいます。高山病の症状を喘息発作と勘違いしてしまい、危うく命を落としそうになった方もいらっしゃいました。一人でのトレッキングは避け、経験あるガイドと行動し、ガイドの忠告に従うこと、また、症状が改善しない場合は、ヘリ移送の要請を躊躇わないことが重要です。ちなみに、ヘリは天候が悪ければ飛ぶことはできず、夜間も飛行は不可能です。

 人気のあるトレッキングコースでは、期間中のみ欧米医師がペリチェ・マナンの診療所に常駐しています。またルクラにも診療所はあります。予防薬としてダイアモックスがありますが、確実に予防できるわけではありません。事前に医師に相談して、服用方法、副作用について理解しておく必要があります。

(8)不慮の事故・交通事故:

 ネパールに限りませんが、不慮の事故による入院や死亡事例があることを認識してください。トレッキング中の滑落(単独トレッキングは避け、ガイドを雇うこと)、悪路での転倒(舗装道路でも陥没穴にはまっての転倒・死亡事例あり)、転落(観光地といえども街灯がないのが普通です。夜道で側溝に転落しての死亡事例があります)などです。また、現地の交通マナーは非常に劣悪です。車の脇(左も左も)から、常にバイクが隙間をこじ開けて進んできます。バイクの数も多く、接触事故が非常に多いです。当然歩行者は優先されません。また、シートベルの着用もぜひお願いします。無理な追い越しが原因で、事故に巻き込まれることもあります。日本とは道路事情が異なることを念頭に置いて行動してください。

(9) 花粉症:

 春先(2月から5月)はヒマラヤ杉などの花粉が舞います。日本でスギ花粉などでの花粉症がある方は、使い慣れた薬剤や専用ティッシュ、マスクなどをご持参ください。

(10) 一酸化炭素中毒:

  ホテル(特に安宿)で、シャワーを浴びる際、ガス給湯器の不完全燃焼が原因で、一酸化炭素中毒になり病院へ搬送される日本人の旅行者がときどきいらっしゃいます。一酸化炭素はにおいもなく、中毒になると、初期にはめまい、頭痛、顔のほてりが出現し、放置されると意識を失い、昏睡状態に陥ります。治療はまず酸素投与ですが、状態によっては日本では高圧酸素療法が行われます。残念ながらネパールにはそのような施設はありません。また、血液中の一酸化炭素の濃度を測定しながら治療を行うのですが、測定できる施設が限られており、検査することなく意識状態のみで判断され、不十分な酸素投与で帰宅させられてしまうケースもあるようです。不十分な治療では、後に脳に障害が出る恐れがあるので、一酸化炭素中毒と診断され治療を受けた場合は、必ず血液中の一酸化炭素濃度を測ってもらい、改善するまで十分な酸素投与を受けるようにしてください。

6 健康上心掛ける事

(1)手洗い:

 感染症予防の基本です。

(2)食事に注意:

 飲み水、氷、サラダ、生もの、牛乳、ヨーグルト、蜂蜜、古い油で揚げた食品は気を付けてください。野菜や果物には残留農薬が多く検出されています。良く洗ってから食べてください。

(3)野犬に注意:

 カトマンズ市内には約2万頭の野犬がいると言われていますので、日中でも注意が必要です。路上で寝ている犬に手を出さないこと、踏みつけないことが重要です。夜間は野犬の活動が活発になりますので、徒歩での外出時は更に注意が必要です。

(4)南部タライ地域では昆虫・毒蛇に注意:

 蚊対策をしてデング熱・マラリア・日本脳炎を予防しましょう。毒蛇による被害の4分の3は日暮れから夜明けまでの時間帯に生じています。ダニに刺されてツツガムシ病を発症することもあります。草地に入るときには、刺されないような服装やスプレーなどの虫除け対策が必要です。

(5)高山病対策:

 トレッカーは十分な高山病の予備知識をつけておいてください。

(6) 大気汚染:

 インド国境に接しているタライ平野部、およびカトマンズ盆地の各都市では世界の中でも大気汚染がひどい地域です。特に、乾期の午前中はPM2.5やAQIの値も悪化します。アプリなどで大気汚染の状況を把握しながら行動することが必要です。

(7)交通事故:

 道路横断の際、細い道を歩く際は、特に注意してください。タメルの細い道でも平気でバイクや車が突っ込んできます。シートベルトも常に装着してください。

 

7 予防接種

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種:

 日本からネパールへの入国に際して義務づけられている予防接種はありませんが、健康管理の点から、A型肝炎・B型肝炎・破傷風・日本脳炎・狂犬病・腸チフス・経口コレラの予防接種が薦められます。小児は日本の定期予防接種に加えて、成人同様、上記ワクチンの接種が推奨されます。ワクチンによって接種可能な年齢が異なりますので注意してください。特に、成人で見落とされやすい、麻疹、風疹、水痘、おたふく風邪のワクチン接種歴を確認してください。ネパールでも感染する可能性があるため、感染歴がなくワクチンを一度も打っていない場合は接種をお勧めします。破傷風や日本脳炎など、以前接種したことがあるワクチンでも、年数が経過していると追加接種が必要になるものもあります。成人、小児とも母子手帳をもとに、接種すべきワクチンを医師と事前に相談することが必要です。

(2)当地の小児定期予防接種一覧

・当地公的医療機関で行っている乳幼児予防接種

  1回目 2回目 3回目
BCG 出生時    
DTP、HB、Hib 6週 10週 14週
ポリオ(経口・注射) 6週(経口・注射) 10週(経口) 14週(経口・注射)
ロタ 6週 10週
肺炎球菌 6週 10週 9ヶ月
麻疹・風疹 9ヶ月 15ヶ月  
日本脳炎 1歳    

 ネパールと日本では、ほとんどのワクチンが回数や接種時期が異なります。

 ネパールでは、DTP+B型肝炎+Hibを合わせた5種混合ワクチンが3回接種されます。日本ではDTP+ポリオを合わせた4種ワクチンを4回接種しているので注意が必要です。日本で6年生の時に接種しているDTワクチンはこちらでは定期接種に含まれていません。日本では4回接種のHib、肺炎球菌がこちらでは3回のみです。ロタも今年度より定期接種に含まれることになりました。麻疹・風疹ワクチンの接種時期が日本とは異なり、早期に接種されます。また、日本脳炎ワクチンの接種回数は日本と異なりますので注意してください(ワクチンの種類が異なります)。水痘・おたふくは任意接種になります。

(3)小児が現地校に入学・入園する際に必要な予防接種・接種証明

 当地では入学に際し、予防接種証明を求めている学校もあります。

 Lincoln school:B型肝炎、三種混合(DPT)、ポリオ、Hib、麻疹・風疹、おたふく、水痘。結核のスクリーニングに関しては詳しい規定が定められています。今まで接種した予防接種の証明書。

 British school:三種混合(DPT)、ポリオ、Hib、麻疹・風疹、おたふく、BCG、腸チフス、狂犬病、髄膜炎菌、B型肝炎、A型肝炎、日本脳炎、水痘が推奨されています。

(4)乳児検診

 乳児検診は行なわれていません。下記施設小児科に個別に相談してください。

8 病気になった場合(主な医療機関等)

  • 公共の救急医療システムは無く、各病院や赤十字などが救急搬送を行っています。
  • 救急車で病院受診する際には、各病院に電話をしてもらい派遣してもらうのが早いです。
  • 医師は初等教育から医学教育に至るまで英語で教育を受けており、英語での診療には問題ありませんので、少なくとも医療を受ける際には英語でコミュニケーション可能です。医学英単語に対応するネパール語が無い場合が多く、英語でコミュニケーションする方がスムーズにいくと思われます。一部の医療機関では、日本語通訳者を配置しています。

 以下は、外国人旅行者や駐在者が利用することの多い医療機関ですが、診療内容について保証するものではありません。この他にも、多数の公立・私立の医療機関があります。

◎カトマンズ市

(1)Grande International Hospital
所在地:Dhapasi,Kathmandu, リングロードから北側に入ったところにあります。
地図:https://goo.gl/maps/zFyZjAVaQ9L2別ウィンドウで開く
電話:01-5159266, 01-5159267, 9801202550, 救急車: 9801202545
概要:バンコクのSamitivejと提携し2013年初めに出来た新しい総合病院で、最新の医療設備が備わっています。24時間救急受付可能です。日本語を話す職員がおり、勤務中であれば通訳をしてくれます。日本留学経験があり日本語を話す歯科医も午前中勤務しています。
ホームページ:http://www.grandehospital.com/別ウィンドウで開く
(2)CIWEC Hospital Travel Medicine Center
所在地:British Embassy road Lainchaur, Kathmandu,英国大使館の前
地図:https://goo.gl/maps/sQpAsV5wpz72別ウィンドウで開く
電話:01-4424111, 01-4424242 01-4435232 歯科 01-4440100
概要:居住外国人がよく利用し、海外旅行傷害保険契約クリニックでもあるため、対処が迅速かつ正確です。24時間受け入れ可能ですが、17時以降はオンコールとなります。小児救急も受け入れ可能で、各種ワクチン接種も受けることができます。外来診療が中心です。歯科あり。事務の方で一人日本語が話せる方がいらっしゃいます。
ホームページ: http://ciwec-clinic.com/別ウィンドウで開く
(3)Norvic International Hospital
所在地:Thapathali, Kathmandu,パタンへ行く道のタパタリ橋の手前を左に曲がった所にあります。
地図:https://goo.gl/maps/w2dj6qnva792別ウィンドウで開く
電話:01-5970032 01-4258554 01-4218230 救急車:9803111111 9803222222 救急外来:01-4101600
概要:心臓内科を中心にした私立総合病院です。24時間受け入れ可能で、小児救急も受け入れ可能です。
ホームページ: http://www.norvichospital.com/別ウィンドウで開く
(4)HAMS Hospital
所在地:Mandikhatar, Dhumbarahi, Kathmandu,
地図:下記ホームページ参照
電話:01-4377404, 01-4377704, 救急車:9801904640, ヘリコプター:9801904643
概要:2019年に新築された総合病院。ヘリ搬送にも対応しています。
ホームページ:https://hamshospital.com/別ウィンドウで開く
(5)Annapurna Neurological Institute & Allied Sciences
所在地:Maitighar Mandala, Kathmandu,
地図:https://goo.gl/maps/qMCyNFMYyAw別ウィンドウで開く
電話:01-4256656、 01-4256568 救急外来:9801203351 9801203361 救急車:9801203369
概要:建物は古く手狭だが、院長が広島大学で医学博士号を取得した日本語が堪能な脳外科医であるため、日本人患者には心強い。日本への留学経験者が他にもいます。
ホームページ:https://www.annapurnahospitals.com/別ウィンドウで開く
(6)Travel And Mountain Medicine Center (旧:Nepal International Clinic)
所在地:Kaldharamarg 20356, Khusibu, Kathmandu,,タメルに移転しました。
地図:下記ホームページ参照
電話:01-4363614, 9851116918
概要:診療時間は日~金曜日9:00-17:00、土曜日はオンコール。時間が過ぎても場合によっては受診可能とのことです。診療科は、内科、皮膚科、産婦人科、整形外科、放射線科。会話は英語となります。各種ワクチン接種も可能です。外来診療中心で、風邪・下痢・小さな怪我などでは、受診しやすいクリニックです。
ホームページ: https://www.tmmcnepal.com/index.php/page/services別ウィンドウで開く
(7)Advanced Polyclinic
所在地:Panipokhari, Kathmandu,日本大使館の真正面
地図:https://goo.gl/maps/NSmGAbPELV52別ウィンドウで開く
電話:01-4431078, 01-4443386
概要:外来診療のみですが、週一回(木の午前中)は日本語が堪能なネパール人循環器内科医が診療しています。診療費は比較的安価。日曜~金曜は7:00~19:00、土曜は7:00~13:00が診察時間です。
ホームページ:http://apc.com.np/別ウィンドウで開く
(8)Dantakali Health Foundation Dental Clinic
所在地:Naxal, Kathmandu,
地図:https://goo.gl/maps/KCjXbZJMsQm別ウィンドウで開く
電話:予約01-4414290, 9860800492, 緊急 9860800492, 9813173155
概要:九州歯科大学で博士号を取得した日本語が堪能な歯科医師のクリニック。衛生面にも気を遣っており清潔感があります。同医師は、平日午前中Grande InternationalHospitalで診察しているため、診療時間は午後1時から6時(日曜~金曜)です。
ホームページ:https://dantakali-health-foundation-dental-clinic.business.site/別ウィンドウで開く

○パタン市

(1)Nepal Mediciti Hospital
所在地:Sainbu-18,Bhaisepati,Lalitpur
地図:https://goo.gl/maps/tbr8G4JK2hs別ウィンドウで開く
電話:01-4217766, 9810136491, 救急外来01-4217755, 救急車:1134 9801235698, International desk:9858774111, ヘリコプター:9858777111
概要:2017年に開院した病院で、建物や人材に対しても贅沢に投資をしており、医師はネパールでは珍しく常勤です。将来的には700床以上の大病院となる予定で、ポテンシャルは高い。日本語を話せる医師も循環器内科にいます。
ホームページ:http://www.nepalmediciti.com/別ウィンドウで開く
(2)B&B Hospital
所在地:Gwarko, Lalitpur,,パタンの南東リングロード沿いにあります。
地図:下記ホームページ参照
電話:01-5531930, 01-5531933, 01-5554435(Fast Track/専門外来)
概要:外科、整形外科、泌尿器外科を専門としています。24時間受け入れ可能。脳神経外科部長が、広島大学で学士号を取得しており、日本語が堪能です。外国人や富裕層向けに優先外来(Fast Track)を設けており、追加料金がかかるもののスムーズに診療を受けることが可能です。
ホームページ: http://www.bbhospital.com.np/別ウィンドウで開く
(3)Patan Hospital
所在地:Lagankhel Satdobato Rd, Patan 44700, Lalitpur
地図:https://goo.gl/maps/zFm5sw3x9oD2別ウィンドウで開く
電話:01-5522295 01-5522278 01-5522266 救急車:9840255888 Private Clinic:01-5548007
概要:設立に日本のキリスト教系の団体も関わった病院で、かつては日本人も働いた時期がありました。現在は非営利病院+大学教育総合病院として公共的な役割を果たしています。外国人や富裕層のネパール人のために専門外来(Private Clinic 8時-16時、時間外16:30~19:30)を設けています。追加料金がかかりますが、あまり待たずに優先的に診療を受けることが可能です。
ホームページ:http://www.pahs.edu.np/pahs-community/hospital/別ウィンドウで開く
(4)STAR Hospital
所在地:Sanepa Height Rd. Lalitpur
電話:01-5550197, 01-5550198, 救急外来:内線102
概要:2017年に増床し、現在は100床の総合病院。臨床検査技師、看護師の養成コースも設置しています。
ホームページ:http://starhospitallimited.com/別ウィンドウで開く
(5)Family Health Clinic (歯科・口腔外科)
所在地:Natole, Pulchowk, Lalitpur,,パタンダルバール広場の近くです。
電話:01-5534677, 01-5551465
概要:診療時間は、日~金曜日まで12:00-17:00(現在、時間を短くしています)、土曜日は休診です。先生は北大歯学部を卒業されており、日本の歯科医師免許をお持ちです。日本語OKです。

○ポカラ市

 以下の病院がありますが、応急処置を受けた後は、カトマンズの病院にて治療を受けられることをお勧めします。

(1)Gandaki Medical College Teaching Hospital
所在地:Birauta, Prithivi Chowk, Pokhara レイクサイドから3km、空港から1kmの位置にあります。
電話:061- 538595、061-550253
概要:Gandaki Medical Collegeの系列病院です。MRIあり。救急やICUも整備されています。入院費も比較的安価です。
ホームページ:http://www.gmc.edu.np/#別ウィンドウで開く
(2)Manipal Teaching Hospital
所在地:Phulbari, Pokhara(空港の北約4km)
地図:https://goo.gl/maps/F9isiwro4nC2別ウィンドウで開く
電話:061-526417, 061-526418, Hotline:061-526416
概要:私立の大学病院です。CT、MRIや放射線治療装置等があり、設備が充実しています。医療費は公立病院とほぼ同額とのことです。
ホームページ:https://www.manipal.edu.np/mcoms/hospital.html別ウィンドウで開く
(3) Fishtail Hospital & Research Center
所在地:Gairapatan Road, Pokhara
電話:061-528999, 061-527553
概要:私立の総合病院です。脳外科・術後ICUも併設しています。
FBページ:https://m.facebook.com/fishtailhospital/別ウィンドウで開く
(4)International Medicare & Assistance centre
所在地:lakeside-6, Pokhara
電話:061-463271, 9846054520(院長携帯)
概要:旧Celestial Healthcare & research center。レイクサイドにあり旅行者には便利な立地です。入院は外国人のみとしているため病室は清潔感があります。外来費用70米ドル、入院医療費は1日300-450米ドルです。損保ジャパンなら立て替え払いはいらないとのことでした(各自確認してください)。
(5)CIWEC Hospital Travel Medicine Center Pokhara
所在地:Mansarovar Path, Lakeside, Pokhara-6
地図:https://goo.gl/maps/tT3sJSoaTKq別ウィンドウで開く
電話:061-463082, 061-467053 救急:9856013130
概要:カトマンズにあるCIWECが経営する病院。外国人の利用が多い。ベッドは7床。 24時間受け入れOK。各種ワクチンも常備。産婦人科・循環器・外科・整形外科・小児科・眼科・皮膚科の医者は必要あれば呼び出してもらえます。
ホームページ:http://ciwec-clinic.com/service-location/pokhara/別ウィンドウで開く
(6)Vibhuti Polyclinic(前Advanced Polyclinic Pokhara)
所在地:New road, Pokhara
地図:https://goo.gl/maps/pjMAKSRBGpS2別ウィンドウで開く
電話:061-522984, 061-522985
概要:カトマンズにあるAdvanced Polyclinicが経営するクリニックから名称変更。診療費は比較的安価。各種ワクチンあり。入院施設はありません。

9 その他の詳細情報入手先

 在ネパール日本国大使館ホームページ: https://www.np.emb-japan.go.jp/jp/index.html別ウィンドウで開く

10 現地語・一口メモ

  • 医師・・・ドクタ
  • 薬・・・オウソディ
  • 注射・・・スイ
  • 下痢・・・パカーラ
  • 傷・・・ガウ
  • 熱がある・・・ゾールチャ
  • 吐き気がする・・・ワックワック ラグネ
  • 頭が痛いです・・・タウコ ドゥクチャ
  • 胸が痛いです・・・チャティ ドゥクチャ
  • お腹が痛いです・・・ペト ドゥクチャ
  • 具合が悪い・・・サンチョ チャイナ
  • 咳が出ます・・・コキ ラゲチャ
  • 病院へ連れて行って下さい・・・オスパタル リエラ ザヌス
  • 高山病(高山でやられた。)・・・レク ラゲコ
  • 蛇に噛まれた・・・サルパレ トケコ
  • 犬に咬まれた・・・ククルレ トケコ
  • 蚊に刺された・・・ラムクテレ トケコ
  • かゆい・・・チラヨ
  • 下痢をしている・・・パカーラ ラゲコチャ
  • 発疹がある・・・ポカ ウテコチャ
  • 注射してください・・・スイ ラガイ ディヌス

11 新型コロナウイルス情報

 ネパールでは、2020年1月に、武漢へ留学していた学生の陽性例が判明しました。その後3月24日から全国ロックダウンが始まり、一般旅行者の入国は禁止されました。当初は、インド・中東への出稼ぎ労働者、および、インドと国境を接する都市部(主に南部および極西部)での感染者が主でしたが、7月21日のロックダウン解除により、カトマンズ盆地への人の移動が可能となり、それ以降カトマンズ盆地(カトマンズ・ラリトプール・バクタプール)が感染の中心地になっています。カトマンズ盆地での感染者急増を受け、8月19日から9月16日まで、盆地内のロックダウンが開始されましたが、効果はみられず、10月現在、全国的に感染者数が増加している状況です。
ロックダウン当初は、手指消毒薬、マスクなどの品不足が目立ち、マスクの価格高騰がみられましたが、現在は落ち着いています。最近はフェイスシールドも入手可能です。ただ、マスクは不織布が一枚しか使用されていないものもみられ、手指消毒薬の中にメタノールが混入しているメーカーが摘発されるなど、品質面には不安が残ります。可能であれば、日本からの持参をお勧めします。
カトマンズ盆地内では、PCR検査を受けられる病院や検査機関が数多くあります。お勧めの医療機関は、以下の通りです(全て病院紹介に掲載しています)。 Grande International、CIWEC、HAMS、Mediciti、Star Hospital、Norvicのうち、現時点では、Star、HAMS、Medicitiが追加料金を支払えば、出張して検体を取りに来てくれます。現在は、症状がない陽性者は自宅での隔離が可能です。自宅での隔離が難しい方に関しては、政府が用意している隔離施設での隔離となりますが、環境はあまりよくないといわれています。Grande International Hospital、Medicitiはホテルと契約して、ホテルの中での隔離が可能です(酸素など治療がいらない患者さんのみ)。
また、人工呼吸器があるICUがある病院の中で、外国人が多く利用するところは、Grande International、HAMS、Medicitiですが、残念ながら日本と同レベルの治療は期待できません。また、現時点でもICU・人工呼吸器もネパール全土で不足しており、今後の感染状況によっては、入院先を探すこと自体が難しくなる可能性があります。十分な額の海外旅行保険に加入しておくこと(日本への搬送ができるかどうかは不確実ですが)、及び徹底した感染予防に努めていくことがとても大切です。


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る