世界の医療事情

令和2年10月1日

1 国名・都市名

 モルディブ共和国(マレ市)(国際電話国番号960)

2 公館の住所・電話番号

在モルディブ日本国大使館
住所:Embassy of Japan in Maldives
   8th Floor, Aage Building, 12 Boduthakurufaanu Magu, Henveiru,
   Male, 20094, Republic of Maldives
電話:330-0087
Fax:330-0065
ホームページ:https://www.mv.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

3 医務官駐在公館

在スリランカ日本国大使館医務官が担当

4 衛生・医療事情一般

 首都マレはインド洋上に位置し、気候は年間を通じて高温多湿なため、消化器系の感染症に注意する必要があります。飲料水は水道水を煮沸するか市販の飲用水が勧められます。マレの医療水準は一般的な疾患には対処できますが、 国内の専門医数は非常に限られているため、いつでも緊急の処置に対処可能とは限りません。特に、循環器救急、脳外科救急、胸部心臓外科、脊椎外科、重症外傷には十分に対応できません。このためバンコク、シンガポールや日本への緊急移送が必要になる場合に備え、十分な補償額の海外旅行保険への加入が必要です。また、国民に対し公立病院の医療費は無料ですが、外国人は治療費の支払いに保証がない限り、公立病院を含めどの医療施設でも治療は受けられないこと、医療費が高額なことからも海外旅行傷害保険の加入が必要です。また、ほとんどの医療従事者・医療資源がマレに集中しているため、地方の環礁の医療レベルは大きく低下します。

 医師はモルディブ人も含め、パキスタンやバングラディシュ、インド、中東などで資格を取得した医師がほとんどで、マレにある国立大学医学部は2019年に稼働を始めたばかりで周辺国で教育を受けている状態です。医師数は1万人口あたり23人と日本と大きく変わりませんが、知識、技術は個人差が大きく、母言語ではない英語でのコミュニケーションエラーや宗教(イスラム)に基づく習慣や考え方などの問題もあり、診療・治療方針等に関してコミュニケーションが取りづらいことがあります。

 なお、モルディブには狂犬病の発生がなく、マラリアは2016年にWHOが根絶宣言を発表しました。

5 かかり易い病気・怪我

(1)デング熱、チクングニヤ熱、ジカ熱、

 これらは蚊(ネッタイシマカ等のヤブカ)に刺されることによって感染します。

デング熱

 一過性熱性疾患の症状から始まり、頭痛、関節痛や、時に目の奥の痛みなどを起こし、発症3~4日後に発疹が出現、通常は1週間~10日ほどで軽快します。重症化するとデング出血熱となり死亡する場合もあるので、血小板数の減少や尿などを頻回に診る必要があります。特に昨今のCovid-19蔓延により、これら熱性疾患との鑑別が難しく、PCR検査結果を見ないと治療が始まらないなど、治療が遅れる場合があり、問題となっています。

チクングニア熱

 デング熱と同じ種類の蚊によって媒介されるチクングニヤ熱は、チクングニアウイルスによる熱帯感染症です。潜伏期間は通常3~7日で、不顕性感染も多いものの、チクングニヤ熱を発症すると39度を越える間欠性の悪寒を伴う高熱と全身の関節痛が見られ、多くに発疹が見られます。その他、全身倦怠、頭痛、筋肉痛、リンパ節腫脹などを呈し、ときに血小板減少などによる出血傾向や悪心・嘔吐などをきたし、脳炎や劇症肝炎をおこすこともあります。ほとんどの症状は 3~10日で消失しますが関節炎は数週間から数か月持続することがあります。発症3~6日の患者のウイルス量は多く、この患者を吸血した蚊を媒介して家族内などで流行する可能性があります。治療は対症治療しかなく、やはり防蚊対策が重要になります。

ジカ熱

 デング熱や日本脳炎、黄熱などと同じフラビウイルス科に属するジカウイルスにより、デング熱と同じネッタイシマカなどのヤブカが媒介します。蚊に刺されて2~7日後に発症し、発熱、頭痛、関節痛、結膜充血、皮疹が3~12日間程度持続しますが、デング熱より軽症で入院が必要なことは稀です。有効な治療はなく、対症療法のみです。妊婦に感染した場合、胎児に小頭症を起こす可能性があり、性交渉で感染者の体液から、また輸血での感染も報告されています。治癒2ヶ月後でも体液にウイルスが認められた例があり、米国CDCでは性感染症とも位置づけられています。

 https://www.cdc.gov/zika/prevention/sexual-transmission-prevention.html別ウィンドウで開く

 モルディブでは、アウトブレイクの報告例はありませんが、年に数例の報告例があり、ジカウイルスを媒介するネッタイシマカなどのヤブカが発生している地域であり、注意が必要です。

防蚊対策

 いずれも、最も効果的な予防策ことは、防蚊対策で、虫除けスプレー、蚊取り線香、蚊帳などの対策が必要です。虫除けスプレーは現地では入手困難ですので日本から持参することをお勧めします。2015年にはデング熱の大流行がありました。

(2)消化器系感染症

 肝炎(主にA型)、腸チフス・パラチフス、赤痢、アメーバ赤痢等生水の飲用や加熱不十分な食事等から感染するリスクは常に存在します。食中毒や経口感染症予防のためよく加熱調理された食べ物をとるよう心がけて下さい。

(3)減圧症(潜水病)

 モルディブはレジャーダイビングのメッカです。ダイビングに関わる事故は頻発しており、特に減圧障害(減圧症(潜水病)、動脈ガス塞栓症)には注意が必要です。ダイビング中に急浮上や減圧停止を行うような潜水を行った後、浮上の数時間以内に手足の関節部の痛み、筋肉痛(1型減圧症ベンズ型)、皮膚のしびれ、かゆみ、痛み(1型減圧症皮膚型)、息が詰まる、体が動かなくなる(2型減圧症)等の症状を引き起こすことがあります。重症では、痙攣や手指の麻痺、下半身麻痺、めまい、吐き気などを起こし、重い後遺症を残したり、死亡することもあります。治療には、再圧チャンバーを使用した高圧酸素療法が唯一の治療となり、全身管理が必要となります。確認ができるモルディブでの再圧チャンバーは後述する3つのほか、マレにある軍病院に日本から寄贈のものがありますが、現時点では稼働していません。費用が高額になるので、十分な補償のあるダイバー保険等に加入しておくことをお勧めします。その際、ダイビングなどの事故が補償除外項目になっていないかも十分にチェックして下さい。また、ガイド任せにせず、潜水機材は必ず自分でもチェックし、必ずダイビングコンピューターを使用しバディを組んで無減圧潜水を心がけ、浮上前の安全停止なども励行し、無理のない潜水計画を立てて下さい。

6 健康上心がける事

(1)熱中症

 高温多湿であり、気づかないうちに脱水状態になっていることがあります。スリランカ人も水を持ち歩いています。とくに昼間外出時は、熱中症予防のため十分な水分補給を欠かさないで下さい。

(2)紫外線・日焼け

 赤道に近く紫外線が強いため、日焼けに十分注意をして下さい。屋外に出かけるときには日焼け止めを塗り、日傘の利用や長袖・長ズボンを着用し、直射日光をできる限り避けましょう。サングラスの使用もお勧めします。

(3)防蚊対策

ア 蚊に刺されないように、
  ・外出時に、DEET含有の虫よけ剤を使いましょう。
  ・白など色の薄い色の服装でできる限り肌を隠しましょう。

イ 蚊の発生場所をなくために、
  ・住居の周りを定期的にチェックしてください。
  ・蚊の幼虫(ボウフラ)が発生しそうな水たまりを除去・清掃します。除去できない観賞用植物等の水たまりについては、メダカなどを入れることも一案。

(4)食中毒

 常に高温多湿のため、少し時間が経てば細菌などが繁殖します。旅行者や短期滞在者のサルモネラ菌などの食中毒の発生は毎日のように発生しています。食料品のコールドチェーンも必ずしも守られておらず、たとえ火を通したものでも、食中毒になる恐れがあります。食品の管理に気をつけて下さい。

シガテラ中毒

 バラフエダイ、カマス、ギンガメアジ、イシガキダイ、ヒラマサなどサンゴ礁でとれた魚が生体濃縮した渦鞭毛藻類の毒(シガテラ毒)を持つことがあり、摂食後数時間で発症し、嘔気、下痢、腹痛など消化器症状から、頭痛、関節痛やそう痒感、またクーラーや冷水に触れると電気刺激のような痛みを感じる温度感覚異常(ドライアイス・センセーション)などの症状がでて、数か月続く場合もあります。加熱でも防ぐことができず、煮汁にも溶け出します。危険性の高い魚を認識し、その摂食をできる限り避けるようにしましょう。

(5)スノーケリング・ダイビング

 潮の流れが速く、離岸流が強いところがあるので、ガイドやインストラクターのブリーフをよく聞いて、無理のないよう心がけ、漂流事故等に注意してください。

 また、サンゴや岩による切創などの外傷や、オコゼなどの魚類、ヒョウモンダコ、ウミヘビ、クラゲ、ウニなどの海洋生物にも気をつけましょう。

 減圧症については上述。

7 予防接種

(1)赴任者に必要な予防接種(成人、小児)

 長期滞在する場合、成人にはA型・B型肝炎、破傷風トキソイド、腸チフスワクチンの接種が推奨されます。

(2)現地の小児定期予防接種一覧

  初回 2回目 3回目 4回目
BCG 出生時      
B型肝炎 出生時      
MR 9ヶ月      
MMR   18ヶ月    
DPT-HepB-Hib 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月  
ポリオ(生、経口) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月  
ポリオ(不活性、注射)     6ヶ月  
DPT       4歳

DPT-HepB-Hib:(5種混合)ジフテリア、百日咳、破傷風、B型肝炎、ヒブ

MR:麻しん、風しんの2種混合ワクチン

MMR:麻しん、おたふく風邪、風しんの3種混合ワクチン

(3)小児が現地校に入学・入園する際に必要な予防接種・接種証明

 特に必要ありません。

8 病気になった場合(医療機関等)

◎マレ

(1)IGMH(インディラガンディーメモリアル病院)
所在地:Kan’baa Aisaarani Higun、 20402、 Male
電話:333-5335 FAX:331-6640
ホームページ:http://www.igmh.gov.mv/別ウィンドウで開く
概要:約300床と最も大きな国立の総合病院で歯科もあります。X線、CT、 MRI、超音波、上部消化管内視鏡検査室、マンモグラフィー、血管造影室などがあります。
(2)ADK Hospital
所在地:Sosun Mgu、 Henveiru、 Male 20040
電話:331-3553 FAX:331-3554
ホームページ:http://www.adkhospital.com/別ウィンドウで開く
概要:外国人にも対応可能な私立病院。1996年に建てられ、内科、小児科、呼吸器、循環器科、腎臓内科、一般外科、整形外科、脳外科、産婦人科、皮膚科、耳鼻科などをもち、心血管外科では低侵襲開心術もおこなっています。
(3)Tree Top Hospital
所在地:Lot 10608, Dhumburi Magu, Hulhumale’, 23000,
電話:335-1610 Email:care@treetophospital.com
ホームページ:https://treetophospital.com別ウィンドウで開く
概要:2015年に国際空港のあるフルレ島側にできた210床、手術室4室をもつ24時間対応の新しい私立病院。内科、小児科の他、一般外科、乳腺外科、整形外科、脳外科、産婦人科、耳鼻科、外傷、眼科、歯科、透析クリニックなどをもっています。マーレ近辺在住日本人はこの病院を利用する事が多いようです。

○バンドス島(北マーレ環礁)

(1)Bandos Medical Centre and Hyperbaric Chamber
所在地:Bandos Island Resort, Bandos, North Male Atoll 08480
電話:664-0088 FAX:664-3877  Email:sales@bandos.com.mv
概要:Bandos島リゾート内にあるクリニックで、数人が同時に治療できる2種高気圧酸素治療装置があり、欧米人の専門医とGPの2名の医師と看護師が常駐しています。マレからスピードボートで10分。

○クラマティ島(ラスドゥ、アリ環礁)

(1)Kuramathi Medical
所在地:Kuramathi Maldives, Rasdhoo Atoll
電話:666-0527 FAX:666-0556 Email:diving@kuramathi.com
概要:アリ環礁に隣接するラスドゥ環礁のリゾート内にある有床クリニック。2種高圧酸素治療施設(定員6名)があり、ドイツの大学と提携しドイツ人のGPと専門医2名24時間体制。一般内科、外傷治療なども行っています。

○クレドゥ島(ラビヤニ環礁)

(1)Kuredu Medical Clinic and Hyperbaric Centre
所在地:Kuredu Island Resort, Lhaviyani Atoll
電話:790-1754 Email:clinic@prodivers.com
概要:ラビヤニ環礁のリゾート内にあるクリニック。2種高圧酸素治療施設をもち、医師2名24時間体制で減圧症だけでなく、内科・外科系一般診療も行っています。

9 その他の詳細情報入手先

在モルディブ日本国大使館ホームページ:https://www.mv.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

モルディブ保健省:http://www.health.gov.mv別ウィンドウで開く

10 一口メモ

 医療機関の受診は英語で問題ありません。

11 新型コロナウイルス関連情報

 モルディブは、2020年末、日本と比べて、人口あたりの感染率が10倍、人口あたりの死者数が3倍と多いものの、致死率は3分の1となっており、当初感染者はバングラディシュ等からの外国人労働者が多数でしたが、現在は現地モルディブ人が主です。リゾート島で外国人観光客を受け入れているものの、医療資源にはかなりの制限があり、重症化した場合は厳しい状況です。

 感染が疑われる場合には、直接私立病院等には受診できず、首都マレの場合、Senahiya軍病院の発熱外来(flu clinic)を受診するよう案内され、ここでPCR検査などを受け、翌日までに結果が出るまでは自主隔離し、陽性の場合は、保健当局の指示の下、無症状やごく軽症の場合は自宅隔離、ある程度症状のあるケースはマレ市内にある隔離施設に収容されます。リゾート島で発症した場合は、各島の客室等に隔離用施設が設定されており、そこでの隔離となります。外出時はマスク着用義務があり、違反すると罰せられます。


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

世界の医療事情へ戻る