世界の医療事情

パラグアイ

令和2年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 パラグアイ共和国(アスンシオン)

 (国際電話国番号595)

2 公館の住所・電話番号

○在パラグアイ日本国大使館 (毎週土日休館)
Embajada del Japón
https://www.py.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く
住所:Avenida Mariscal López No. 2354, Asunción, Paraguay
電話:(021)-604-616

※土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので、ご覧ください。

4 衛生・医療事情一般

 夏期(10月~4月)は非常に蒸し暑く、日中気温は40℃を超えることもあります。一方、冬期(5月~9月)の平均気温は20℃前後で推移しますが、日内気温差が大きく、朝晩は0℃近くにまで下がったかと思えば、日中は30℃を越えることもあります。インフラ整備は未だ不十分な所もあり、首都アスンシオンと言えど、大雨が降ると道路が泥水や汚水で溢れ、しばしば停電も起こります。主要都市中心部の上下水道は完備されていますが、飲用には水道水を煮沸するかミネラルウォーターの購入をお勧めします。また、一般的なレストランで調理された食品は、ほぼ問題ありませんが、路上や屋台で売られている食品には不衛生な物もあるので注意してください。

 医療施設のほとんどが都市部に集中しており、辺縁地域では、診療を受けるために車で5~6時間走らなければならないところも少なくありません。公立医療機関は、設備が老朽化していたり、医薬品不足のため、時には自ら医薬品を調達する必要が生じるなど、日本における医療イメージとは異なることもあります。このような理由から、在留邦人や旅行者は、比較的医療設備が整った私立病院を利用する機会が多くなります。現地の私立病院を受診する際には、診察や検査のたびに現金を前払いするか、支払い能力があることを示す保険証またはクレジットカードなどを提示しないと診療が始まらないこともあります。また、医師の多くは、複数の医療機関(公立や私立の病院、個人診療所など)を掛け持ちで診療をしていることが多いため、事前に診察場所と時間を確認し、予約しておく必要があるので注意してください。特殊な病気や重症化した場合は、設備が整のった近隣諸国への移送が必要となる場合があります。緊急移送費用は非常に高額になりがちなため、相当額の補償がある海外旅行傷害保険に加入しておくことをお勧めします。日本語が堪能な日系パラグアイ人医師が在籍している医療機関があります。中には、日本への留学経験がある医師も存在し、かなり日本に近いイメージで受診できることもあります。

 重症かつ緊急時の公共救急車SEME(141)は無料ですが、到着までの所要時間が長くなることもあります。民間搬送会社(GEMA 021-600-274, 0981-460-800; SASA 021-561-000, 0981-907-000; EME 021-218-3333, *218(携帯電話からのみ))は有料ですが、比較的スムーズな搬送が期待できるのでご検討ください。

5 かかり易い病気・怪我

 種々の感染症がしばしば流行し、駆逐が困難な風土病もあります。

(1)旅行者下痢症

 感染性下痢症が珍しくなく、細菌性赤痢やA型肝炎などの発生もしばしば報じられています。感染性下痢症以外に、旅先での食事内容の違いやストレスも原因となります。生水は飲まない、衛生的に調理され、かつ適切な保管状態の食品のみ摂取する等の注意をしてください。渡航前には、A型肝炎ワクチンの予防接種をお勧めします。

(2)蚊媒介感染症

 夏季に国内全地域で流行します。予防には「防蚊対策」がとても重要です。急な高熱など蚊媒介感染症の発症が疑われた際は、必ず医療機関を受診してください。また、近年は患者数が著しい増加傾向にあり、渡航前には最新情報の入手に努めてください。

(ア) デング熱

 ネッタイシマカまたはヒトスジシマカによって媒介される、デングウイルスが原因です。2~14日(多くは3~7日)の潜伏期間後、突然の高熱(38~40℃)が5~7日続き、激しい頭痛、眼窩痛、関節痛、筋肉痛などを伴うことが多いです。発症から3~4日後に薄いピンク色の発疹が出現することも特徴です。多くの場合、これらの症状は1週間程度で回復しますが、一部は出血傾向を示し、デング出血熱として重症化してゆきます。適切な治療が行われないと死に至る場合もありますので、感染が疑われた時には、自己判断のみで解熱剤を内服するなどの行動は避け、必ず医療機関を受診してください。

(イ)チクングニヤ熱

 ネッタイシマカまたはヒトスジシマカによって媒介される、チクングニヤウイルスが原因です。3~12日(多くは3~7日)の潜伏期間後、高熱とともに多発関節痛が出現し、発疹もみられます。症状はデング熱と似通っており、関節痛は長期間遷延することもあります。

(ウ)ジカウイルス感染症

 ネッタイシマカまたはヒトスジシマカによって媒介される、ジカウイルスが原因です。症状が全く無い症例も多く、輸血や性交渉でも感染する危険があります。2~12日(多くは2~7日)の潜伏期間後、初発症状から発疹や結膜炎症状などが出現し、発熱は微熱程度のことが多いとされます。頭痛や吐き気、下痢などを呈することもあります。感染後しばらくしてギラン・バレー症候群(手足が麻痺する病気)を併発したり、妊婦が感染すると、胎児が小頭症という奇形を有する危険もあります。ジカウイルスは、精液中に長期に渉って生存する可能性があるので、流行地域への滞在中および滞在後には、一定期間の避妊が勧められています。

(エ)黄熱病

 ネッタイシマカなどによって媒介される黄熱ウイルスが原因です。3~6日の潜伏期間後、突然の高熱と悪寒、頭痛、筋肉痛、吐き気などが出現します。重症化してくると、黄疸や出血、タンパク尿などを呈する致死率の高い感染症です。通常、黄熱ウイルスは森林の中に生息する野生脊椎動物(主にサル)の集団の中に存続しています。感染経路には、ヒトが密林地帯に入り込んでウイルスを持つ蚊に刺されることで感染する「森林型」と、感染したヒトから蚊を介して人口集中域で拡がる「都市型」があります。2008年の流行は、サン・ペドロ県の労働者が密林地帯で感染した「森林型」から始まり、その後「都市型」へ移行したと考えられています。予防接種が有効です。

(3)シャーガス病

 原虫(クルーズトリパノソーマ)が原因です。サシガメという2cm大の昆虫に刺されたり、その排泄物を口にしたりすることにより感染します。急性期は無症状か皮膚の変色や浮腫等ですが、急性心筋炎などを合併すると、死亡することもあります。更に、感染した25%は、数年後に慢性期症状(心疾患、消化器疾患、神経疾患等)を発症します。サシガメは石や漆喰の壁の割れ目に潜み、夜間に吸血活動をするので、田舎の民家や古いホテルなどに宿泊する場合は要注意です。感染すると、駆虫治療が必要となります。

(4)狂犬病

 原因となる狂犬病ウイルスは、犬だけではなくコウモリを含む全ての哺乳類に感染します。潜伏期間は1~3か月、長い場合は1~2年後に発症した例もあります。効果的な治療法は無く、発症するとほぼ100%死に至ります。パラグアイでは街中に野良犬が多く、2005年以降にヒトが発症した報告はありませんが、牛や犬の発症は確認されているため注意が必要です。野良犬や野良猫、アライグマ、コウモリなどの野生動物へ、むやみに近付いて噛まれないよう注意してください。ワクチン接種方法には、暴露前免疫(咬まれる前のワクチン接種)と暴露後免疫(咬まれた後のワクチン接種)の2種類があります。渡航前には、暴露前免疫をお勧めしますが、接種を完了していても、深い咬傷を受けた場合には、暴露後免疫も必要となります。もしも哺乳類に噛まれた時は、いずれにせよ、直ちに水でよく洗浄し、速やかに最寄りの医療機関にて医師の判断を仰いでください。

(5)リーシュマニア病

 サシチョウバエによって媒介されるリーシュマニア原虫が原因です。人獣共通感染症の1つで、蚊の1/3程の大きさのサシチョウバエに吸血されることによって感染します。パラグアイでは皮膚リーシュマニア症が多く、感染後、数ヶ月から数年して顔や手足などの皮膚にクレーター状の潰瘍を生じます。地方の原生林付近や乾燥地帯で多く発生します。

(6)その他

 サソリや蜘蛛、蛇などの有毒小動物にも注意が必要です。当地のサソリは刺されても死に至ることは滅多にありませんが、激痛が1~2日持続します。また、シウダ・デル・エステ市周辺では、脳脊髄膜炎をきたす広東住血線虫の宿主であるアフリカマイマイも生息しています。

6 健康上心がける事

(1)食中毒

 下水道設備が不十分な地域は、感染性下痢症や寄生虫症に容易に感染しやすい環境と言えます。日頃から手洗いを励行し、非衛生な水や食品は避け、十分調理した食品を摂取しましょう。また、出来るだけ上下水道が確保された宿泊所を利用してください。

(2)防蚊対策

 蚊媒介感染症はヒトからヒトへ直接感染することはありませんが、患者から蚊を介し感染する危険性があります。日頃から長袖シャツと長ズボンの着用を心がけ、肌の露出を避けるとともに、露出部分には虫除け剤(DEET、イカリジン、ピカリジンなどの有効成分を含むもの)を、数時間おきに塗布するなど、蚊に刺されない対策が大切です。蚊の駆除も重要で、日頃からボウフラの温床となる水たまり(タイヤ、バケツ、植物プランター、花瓶、ゴミ箱など)を作らないよう努めてください。また、蚊の成虫は、室内の暗く涼しい場所やクローゼットの中、ベッドの下、カーテンの後ろ、浴室などに潜んでいることが多いので、ホテルに宿泊する時などは、注意深く観察し、駆除を心がけてください。

(3)熱中症

 夏は非常に暑く湿度も高いので、定期的な水分補充をしないと容易に脱水状態となります。こまめに水分を摂り、日中は炎天下を避け、なるべく屋内で涼しく過ごしましょう。

(4)ストレス等

 娯楽施設が少なく、生活が単調になりがちなため、長期滞在の場合には、気分転換を図れるスポーツや趣味を持つ工夫が必要です。食事も楽しみの1つと言えますが、食べ過ぎ飲み過ぎによる生活習慣病に注意してください。

7 予防接種

 現地のワクチン接種医療機関などについてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種

 日本からの入国時に必須の予防接種はありませんが、ブラジルのサンパウロ州を含む21の州(令和2年10月時点)からパラグアイに出入国する1歳から59歳の者には、黄熱予防接種証明書(イエローカード)の提示が求められます。接種から10日目以降が有効となります。黄熱予防接種を受けられない人(その旨を記した医師の診断書が必要)や、これらのブラジルの空港をトランジットで利用するだけの旅行者(乗り継ぎ時に国際空港制限区域内のみを利用し、ブラジルへ入国しない者)はこの限りではありません。しかし、短時間であってもブラジルに入国した場合、イエローカードが無いと搭乗や出入国手続きに支障が生じる可能性があります。国際線便の遅延や欠航はしばしば発生しており、旅程に無くともブラジルへ入国せざるを得ない事態も想定されます。こうした理由から、予め黄熱予防接種を受けておくこともご検討ください。これらの規制内容は、今後も変更される可能性が十分あります。渡航前には、必ずご自身で最新情報の収集に努めてください。

 長期間の滞在を予定される場合は、破傷風、狂犬病、A型肝炎、B型肝炎、黄熱の予防接種をお勧めします。

(2)現地の小児予防接種スケジュール

現地の小児定期予防接種一覧
初回 2回目 3回目 4回目 5回目
BCG 生直後
B型肝炎(HB) 生直後
5種混合(DTP+HB+Hib) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月
3種混合(DTP) 18ヶ月 4歳
3種混合(Tdap)もしくはTd 9~10歳
肺炎球菌 2ヶ月 4ヶ月 12ヶ月
ロタウイルス 2ヶ月 4ヶ月
不活化ポリオ(IPV) 2ヶ月
生ポリオ(OPV) 4ヶ月 6ヶ月 18ヶ月 4歳
MMR 12ヶ月 4歳
黄熱 12ヶ月
水痘 15ヶ月
A 型肝炎 15ヶ月
季節性インフルエンザ 6ヶ月から35ヶ月まで毎年
ヒトパピローマ (HPV) 9~10歳(女子のみ)

※DTP:ジフテリア+破傷風+百日咳
 Hib:インフルエンザ菌b型
 MMR:ムンプス+麻疹+風疹

(3)小児が現地校に入学・入園する際に、必要な予防接種・接種証明

 現地校およびアスンシオン日本人学校に関しては、必要な書類はありません。インターナショナルスクールに関しては、予防接種歴を書類に記載する場合などがあり、個別にご確認ください。

8 病気になった場合(医療機関等)

◎アスンシオン

総合病院

(1)Sanatorio Adventista de Asunción
http://sanatorioadventista.com.py/site/別ウィンドウで開く
所在地:Av. Pettirossi 380 c/ Pai Perez, Asunción
電話:(021)-2019-6000
概要:私立総合病院。ベッド数45床(全室個室)。検査室、CT、集中治療室、手術室、新生児室などの一般的な医療設備が整っています。緊急の場合は24時間対応可。診療はスペイン語が主ですが、日系人医師が複数勤務しており、日本語での受診が一部可能です。診療時間や予約等は事前にご確認ください。
(2)Centro Médico La Costa
http://www.lacosta.com.py/home.php別ウィンドウで開く
所在地:Av. Artigas 1500 y Maria Concepción Leyes de Chávez, Asunción
電話:(021)-217-1000, コールセンター:(021)-217-1717
概要:最新鋭の機器を取りそろえた大規模私立総合病院。ベッド数は168床(全室個室)。検査室、集中治療室、手術室、新生児室、CT、MRI、核医学診断及び治療などの機器を備えています。一般外来の受診を希望する場合は、コールセンターにて予約番号を取得する必要があります。緊急の場合は、地下1階の救急外来専門受付にて24時間対応可。診療はスペイン語が主です。
(3)Centro Médico Bautista
http://cmb.org.py/別ウィンドウで開く
所在地:Av. Repubulica Argentina y Campos Cervera, Asunción
電話:(021)-688-9000
概要:私立総合病院。ベッド数86床(個室もあり)。検査室、集中治療室、手術室、新生児室、CT、MRIなどの機器を備えています。外来は予約制。救急医療専門医が常駐している救急外来が24時間対応可。診療はスペイン語が主です。
(4)Sanatorio MIGONE
http://www.smb.com.py別ウィンドウで開く
所在地:Eligio Ayala 1293 c/ Curupayty, Asunción
電話:(021)-218-2000
概要:私立総合病院。ベッド数75床(全室個室)検査室、集中治療室、手術室、新生児室の他、CTなどの機器を備えています。緊急の場合は、24時間対応可。診療はスペイン語が主ですが、月火木(PM)には日系人泌尿器医(Dr. Hanano)による日本語での受診が可能です。診療時間は変更されることがあり、予約等は事前にご確認ください。
(5)Sanatorio Santa Julia
http://www.santajulia.com.py/home.php別ウィンドウで開く
所在地:Av. Brasilia 1182 y Tte. Nicasio Insauralde, Asunción
電話:(021) 236 5000
概要:私立総合病院。集中治療室、手術室の他、CT、MRIなどの機器を備えています。診療はスペイン語が主ですが、火(PM)水(AM)金(PM)には日系人泌尿器医(Dr. Hanano)による日本語での受診が可能です。診療時間は変更されることがあり、予約等は事前にご確認ください。

診療所

(6)Asunción Mecial Center (内科)
所在地:Av. Bernardino Caballero 729, Asunción
電話:(021)-214-191
概要:平日(PM)は、日系人内科医による日本語での受診が可能です。診療時間や予約等は事前にご確認ください。
(7)Edificio Medico Comecipar (内科)
所在地:Rio de Janeiro esquina Rosa Peña, Asunción
電話:(021)-212-415, (021)-212-570
概要:1棟のビル内に、複数の医師が診療所を開設しています。火水金(PM)は、8F診療所にて、日系人内科医(Dr. Sano)による日本語での受診が可能です(先着順)。診療時間は変更されることがあり、事前にご確認ください。
(8)Alta Vita Consultorios (内科)
所在地:25 de Mayo No.2153 c/ 22 de Septiembre, Asunción
電話:(021)-229-697
概要:施設内に、複数の医師が診療所を開設しています。火木(PM)は、日系人内科医(Dr.Kojima)による日本語での受診が可能です。診療時間は変更されることがあり、予約等は事前にご確認ください。
(9)Instituto Privado del Niño (小児科)
所在地:Azara 1042 c/ E.E.U.U., Asunción
電話:(021)-211-203
概要:小児科専門の複合診療所であり、水木(PM)と土(AM)は、日系人小児外科医(Dr. Matsumura)による日本語での受診が可能です。診療時間は変更されることがあり、予約等は事前にご確認ください。
(10)Centro de Estudios Especializados y Ultrasonograficos (産婦人科)
所在地:España 958 e/ Padre Pucheu y Washington, Asunción
電話:(021)-201-322
概要:超音波などを用いた産婦人科専門の診療所。平日と土(AM)は、日系人産婦人科医による日本語での受診が可能です。診療時間は変更されることがあり、予約等は事前にご確認ください。
(11)Centro Médico Alba (眼科)
所在地:Perú 421 c/ 25 de mayo, Asunción (Confiteria Camba前)
電話:(021)-224-882、 (021)-200-263
概要:月水金(PM)は、日系人眼科医(Dr. Maeda)による日本語での受診が可能です。診療時間は変更されることがあり、予約等は事前にご確認ください。
(12)Consutorio Oftalmológico (Dra. Maki Nishikawa) (眼科)
所在地:Mayor Fleitas 447 c/ Cerro Cora, Asuncion
電話:(021)-201-253, (021)-227-706
概要:月(AM,PM)火(PM)水(AM)木(AM,PM)には、日系人眼科医(Dra. Maki Nishikawa)による日本語での受診が可能です。診療時間は変更されることがあり、予約等は事前にご確認ください。
(13)Clínica Odontologa Kanzawa (歯科)
所在地:Walt Disney y Dr. Odriozola, No.198, Asunción
電話:(021)-604-012
概要:う歯治療の他に、予防歯科、インプラント、歯周病、小児歯科なども対応。日系人歯科医による日本語での受診が可能です。診療時間は事前にご確認ください。要電話予約。
(14)Clínica Maria Auxilidora (歯科)
所在地:Teodoro S. Mongeros c/ Choferes del Chaco
電話:(021)-606-494
概要:う歯治療の他に、抜歯、インプラント、歯周病、義歯作成なども対応。日系人歯科医による日本語での受診が可能です。診療時間は事前にご確認ください。要電話予約。

○ルケ

(1)Traumatocenter
所在地:Gral Abdon Caballero y Gral E. Aquino esq, Luque
電話:(021)-671-030
概要:外傷専門病院であり、火水金の午後は、日系人整形外科医による日本語での受診が可能です。診療時間は変更されることがあり、予約等は事前にご確認ください。

9 その他の詳細情報入手先

(1)在パラグアイ日本国大使館:https://www.py.emb-japan.go.jp/jap/index-jp.html別ウィンドウで開く

(2)在日本パラグアイ大使館:http://www.embapar.jp/ja/別ウィンドウで開く

(3)パラグアイ厚生福祉省(スペイン語):https://www.mspbs.gov.py/portal別ウィンドウで開く

10 現地語一口メモ

 「世界の医療事情」冒頭ページの一口メモ(スペイン語)を参照願います。

11  新型コロナウイルス関連情報

(1) マスク

 2020年の新型コロナウイルスのパンデミック以降、日常的な装着が市民に定着しています。持参していない場合は、入店などを拒否されることがあります。高品質なマスクは、現地でほぼ入手できないことから、日本から渡航される際には多めに持ち込んでおいて、使用されることをお勧めします。

(2) 手洗い

 ほぼ全ての店舗で、入店前の手洗いと手指消毒を求められます。

(3) 衛生材料

 アルコール消毒液は国内生産を行っており、広く流通しています。薬局やスーパーで購入可能です。

(4) 感染を疑った場合

 コールセンター154に電話し、その指示に従ってください。連絡先や対処方法は変更される可能性がございますので、パラグアイ厚生福祉省ホームページ[9.(3)]や出入国管理の案内等をご参照ください。


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る