世界の医療事情

イタリア

令和2年10月1日

1 国名・都市名(国際電話番号)

 イタリア共和国(ローマ、ミラノ)(国際電話国番号39)

2 公館の住所・電話番号

在イタリア日本国大使館(毎週土日休館)
住所:Ambasciata del Giappone in Italia, Via Quintino Sella 60, 00187, Roma
電話:06-487991
ホームページ:https://www.it.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く
在ミラノ日本国総領事館(毎週土日休館)
住所:Consolato Generale del Giappone a Milano, Via Privata Cesare Mangili 2/4, 20121, Milano
電話:02-6241141
ホームページ:https://www.milano.it.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

(注)イタリア国内では、エリア内外にかかわらず0ではじまる同じ電話番号を使用します。また、海外からかける場合は、国際電話国番号+0を付けたままの番号をダイアルします。

イタリア国内(ローマ含む)で在イタリア日本国大使館にかける場合:06487991
  海外から在ミラノ日本国総領事館にかける場合:+39-026241141

4 衛生・医療事情一般

 イタリアは南北に長く地域差があるものの、国土の大部分が地中海性気候に属しており、季節による気温の変化は東京とほぼ変わりませんが、冬季に雨が多い一方、夏季はほとんど雨が降らないという違いがあります。

 医療技術、医薬品や医療施設の設備などは日本と同等の水準にあり、真に緊急で重篤な病気やけがの場合は、救急車等を利用して公立病院等の救急室(Pronto Soccorso)を受診してください。

 しかし、緊急でない病気やけがで受診する場合、診療科が細かく分かれているため、かかりつけ医の指示なしでは、どの診療科を受診すればよいのか判断に困ることがあります。また、通訳ボランティアや英語を解する医療スタッフがいる病院も増えていますが、救急受診も含めて医療機関では一般的に、イタリア語でのコミュニケーションが必要です。

 イタリアの医療には、国民皆保険制度による保険医療と、保険外診療(自費診療)があります。在留外国人も国民健康保険に加入すれば、公立病院での保険診療を受けることができますが、公立病院はいつも混雑しており、緊急性のない救急受診は待ち時間が長く、手続きが煩雑です。

 自費診療を行う私立病院は、診察予約制で、英語が通じる事が多く医療環境も良好ですが、軽症~中等症までの疾患への対応に限られます。また、市中に多数のプライベートクリニック(外来中心の完全予約制クリニック)がありますが、検査や処置が必要な場合は、別の日や別の施設で受けなければならない可能性があります。一般的に医療費は高額となるため、(死亡時だけでなく)治療費用も十分に補償された海外旅行保険への加入を強く勧めます。同保険ヘルプデスクを通じた医療機関の紹介もあります。

 また、旅行者等のためのGuardia Medica Turistica(後述→ 9. )が開設されている地域もあります。

5 かかり易い病気・怪我

 当地特有のかかり易い疾病(風土病)はありません。

(1)ウエストナイル熱

2018年は、欧州各地でウエストナイル熱の患者が多く発生しました。イタリア国内で報告される患者数は例年30~40例でしたが、2018年は9月末までに、欧州内で最も多い500例近い患者が確認され、32人が脳炎などで死亡しました。2020年シーズンは52例(死亡3例)と例年並みでしたが、うち11例が10月第2週の1週間に報告されました。ほとんどの感染がイタリア北部で報告されています。
感染しても多くは無症状で、約20%が急性の発熱性疾患となりますが、1週間程度で回復します。しかし感染者の約1%が重症(主に高齢者)となり、脳炎や髄膜炎の症状から死に至る場合があります。蚊が媒介するウイルス感染症で予防するワクチンはなく、蚊への対策が重要です。

(2)交通事故

市街地の狭い道路でもかなりのスピードを出す車が多いので、歩行する際などに十分注意してください。

6 健康上心がける事

 水道水は安全基準をみたしていますが、カルシウムなどのミネラル成分が多い硬水で、日本の軟水とは異なります。腎臓の機能が未発達な乳幼児や、硬水でおなかの調子を崩しやすい方は、ミネラル分の少ないミネラルウォーターの購入をお勧めします。

 夏季は日照時間が長く、雨がほとんど降らないため、高温・乾燥の状態となります。熱中症や脱水の危険性が高くなるので、こまめに水分を摂り、気温が高い時間帯の外出を控えるなどの注意が必要です。

7 予防接種

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任時に必要な予防接種

 成人・小児とも、本邦からの入国に必要な予防接種はありません。

 本邦以外を経由して入国する場合、経由地によっては検疫官から、国際保健規則による検疫伝染病の予防接種(黄熱ワクチンなど)証明の提示を求められることがあります。

(2)現地の小児定期予防接種

接種義務のある小児定期予防接種(2017年7月~)

  3か月 5か月 6か月 11か月 13か月 6歳 12歳~
DTPa
ジフテリア、破傷風、百日咳
     
IPV
不活化ポリオ
     
dTap IPV
ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ
           
Epatite B
B 型肝炎(注1)
       
Hib (ヒブ)
インフルエンザ菌 b型
       
MPRV (= MMRV)(注2)
麻疹(はしか)、おたふくかぜ、風疹、水痘(水ぼうそう)
         

接種義務はないが、接種が勧奨されている予防接種(同上)

  3か月 5か月 6か月 11か月 13か月 6歳 12歳~
肺炎球菌        
髄膜炎菌B型(注3)      
髄膜炎菌C/ACWY型          
ロタウイルス(注4)          

(注1)B型肝炎ウイルス陽性の母親から生まれた児には別スケジュールあり。

(注2)MPRとVの2本の同時接種でも可。

(注3)他のワクチンと同時接種できないため、個別のスケジュールが必要(合計4回接種)。

(注4)ワクチンの種類により、接種回数と接種間隔が異なる。

(参考情報:イタリア語のみ)
www.salute.gov.it/imgs/C_17_pagineAree_4829_listaFile_itemName_0_file.pdf別ウィンドウで開く

(3)現地校の入学・入園に必要な予防接種・接種証明書

 入園や入学に際し、学校などへの予防接種済証明書の提出義務を定めた法律が承認されています。必要な書類については、入学・入園予定の学校や幼稚園に事前に問い合わせて下さい。日本で接種した予防接種については、母子手帳等を基に、日本の主治医に証明書(伊語または英語)の作成を依頼し、持参されることを勧めます。

(参考情報:イタリア語のみ)
http://www.salute.gov.it/portale/vaccinazioni/dettaglioContenutiVaccinazioni.jsp?lingua=italiano&id=4824&area=vaccinazioni&menu=vuoto別ウィンドウで開く

(4)予防接種が受けられる医療機関(要予約)

 乳幼児の定期予防接種や就学時、転勤、出張、旅行等で必要な予防接種は、当地の保健所(イタリアの国民健康保険加入者のみ)、または自費診療の小児科医や渡航クリニックで接種することが出来ます。

8 病気になった場合(医療機関等)

 救急車(公営)は118番またはEU共通の112番の電話で呼ぶことができます。搬送先の病院を指定することはできません。また、イタリア語が必要です。ほかに民間の救急車派遣会社があり、搬入先を選べる利点があります。私立の総合病院の中には独自の救急車を用意しているところもあります(いずれも有料、一部英語可)。

◎ローマ

<総合病院>

(1)Compresso Ospedaliero San Giovanni Addolorata(公立、サン・ジョバンニ病院)
所在地:Via dell'Amba Aradam, 8
電話代表:06-77051(自費診療予約 06-9939 > 2を選択)
http://www.hsangiovanni.roma.it/別ウィンドウで開く
概要:1600年代に創立された世界で最も歴史のある現役の高度先進医療施設です。サン・ジョバンニ大聖堂の裏手に位置します。
(2)Policlinico Agostino Gemelli(私立、バチカン・カトリック大学付属アゴスティーノ・ジェメッリ病院)
所在地:Largo Agostino Gemelli, 8(最寄駅 FL3線「Gemelli」)
電話:06-30151(自費診療予約 06-88818881)
https://www.policlinicogemelli.it/別ウィンドウで開く
概要:設立50年の高度先進医療施設です。
(3)Policlinico Umberto I(公立、ローマサピエンツァ大学付属ポリクリニコ・ウンベルト・プリモ病院)
所在地:Viale del Policlinico, 155(最寄駅 地下鉄B線「Policlinico」)
電話:06-49971(自費診療予約 06-49977000)
http://www.policlinicoumberto1.it別ウィンドウで開く
概要:テルミニ駅に近い高度先進医療施設です。
(4)Casa di Cura Mater Dei(私立、マーテル・デイ病院)
所在地:Via Antonio Bertoloni, 34
電話:06-802201
https://www.materdei.it/別ウィンドウで開く
概要:小規模の私立病院。救急専用の入口はありませんが、時間外・休日でも 24時間正面玄関が開いており、(COVID-19 疑い患者を除いて)予約なしで受診可能です。当直の心臓内科、麻酔科、産婦人科の3人の医師が対応し、必要であれば、専門医が呼び出されます。最新のCTとMRI が備えられています。
(5)Ospedale Pediatrico Bambino Gesù – Roma Gianicolo(公立・小児科専門、バンビーノ・ジェズ病院)
所在地:Piazza S. Onofrio, 4
(要注意:バンビーノ・ジェズ病院には複数の分院があります)
電話:06-68591(自費診療予約 06-68593996)
http://www.ospedalebambinogesu.it/en/home別ウィンドウで開く
概要:サンピエトロ寺院に近いジャニコロの丘に位置する小児科専門の高次先進医療施設で、24時間対応の救急部も併設されています。

<Guardia Medica Turistica(公立)>

州保健局が運営する24時間オープンの診療所です。在留外国人や旅行者も利用可能です。若手医師が担当することが多く、ある程度は英語が通じるようです。基本的には診察と薬の処方箋発行のみ(薬は薬局で購入)で、血液検査やレントゲン撮影は出来ません。風邪や下痢などの比較的軽症の患者が中心で、重症の場合は、救急車で最寄りの公立病院に搬送されます。ローマ市内には以下の2カ所が開設されています。
(1)Poliambulatorio Canova
所在地:Via Canova, 18 (但し午後8時から午前8時まではVia Canova, 19より入る)
電話:06-7730-6112,06-7730-6108
概要:ポポロ広場から徒歩3分。Via Del CorsoとVia Ripettaの間(付近に看板あり)で、最寄り駅は地下鉄A線の「Flaminio」か「Spagna」駅です。
(2)Ambulatorio di Guardia Turistica
所在地:Via Emillo Morosini, 30(Ospedale Nuovo Regina Margherita内)
電話:06-5844-6650
概要:ティベリーナ島上流のガリバルディ橋からViale di Trastevereに入り、徒歩5分。Via Emilo Morosiniとの交差点に看板があります。

<日本語が通じる医院>

(1)ローマ中田吉彦医院(内科、東洋医学)
所在地:Via di Monte del Gallo, 4(最寄駅 FL3線「San Pietro」駅)
電話兼ファックス:06-6381924
概要:予約制。午後6時以降であれば、往診が可能なこともあります。

<渡航医学クリニック・予防接種>

(1)Cesmet
所在地:Viale degli Ammiragli, 67
電話:06-39030481
https://www.clinicadelviaggiatore.com/?no_lredirect=true別ウィンドウで開く

<救急車>

(1)公共救急車(無料)
電話:118(Emergenza Sanitaria),112(EU圏内共通、ローマ等一部で運用開始)
(2)民間救急車(病院への送迎、有料)
CROCE BIANCA ITALIANA 電話:06-8181011
https://www.ambulanzeromacrocebianca.com/別ウィンドウで開く

○ミラノ

<総合病院>

(1)Ospedale Fatebenefratelli e Oftalmico(公立、ファーテベーネフラテッリ病院)
所在地:Piazza Principessa Clotilde, 3
電話:02-63631
https://www.asst-fbf-sacco.it/別ウィンドウで開く
概要:日本国総領事館から歩いて数分の近距離にある総合病院で、眼科専門病院が併設されています。救急室の入口は、右の側道を100mほど進んだところにあります。
(2)ASST Grande Ospedale Metropolitano Niguarda(公立、ニグアルダ病院)
(救急部)Ospedale Niguarda Pronto Soccorso Blocco DEA
所在地:Piazza Ospedale Maggiore, 3
電話:02-64441(自費診療予約 02-64442409)
http://www.ospedaleniguarda.it別ウィンドウで開く
概要:ミラノ中央駅北西方向、北公園(Parco Nord Milano)南端にある州立総合病院です。ベッド数1173床。手術室42室。救急用病室340室を有し、広大な敷地内に多数の建物があるので、私用車で救急室を受診する際は、敷地の外周に沿って移動し裏口に当たる救急室用入口から入るのがわかりやすいです。精神科救急患者も含め、全診療科の患者の診察を行っており、ロンバルディア州内各地からのドクターヘリも受け入れています。外国人患者用サービスとして、無料言語補助者(英語あり、日本語なし)提供と病院冊子に記載されています。
(3) Fondazione IRCCS Ca' Granda Ospedale Maggiore Policlinico(ポリクリニコ病院)
所在地:Via Francesco Sforza, 28
電話:02-55031(自費診療予約 02-55034422)
http://www.policlinico.mi.it別ウィンドウで開く
概要:ミラノ大学に隣接する総合病院。救急診療部門は独立した棟にあり、救急専門医、外科医、麻酔科医、循環器専門医が勤務しています。手術や数時間以上の入院が必要な患者は、状態が安定した後に別の建物内の診療部門に移動します。

○ベネチア

<総合病院>

(1)Ospedale SS. Giovanni e Paolo Venezia(サンティ・ジョバンニ・エ・パオロ・ベネチア市立病院)
所在地:Sestiere Castello, 6777, 30122 Venezia VE
電話:041 5294111
https://www.aulss3.veneto.it/Ospedale-SS-Giovanni-e-Paolo-Venezia別ウィンドウで開く
概要:ベネチア本島(カステッロ地区)にあり、救急治療、内科、外科、産婦人科等の診療科もある、英語が通じる総合病院。水上バスでのアクセスも可能。
(2)Ospedale dell'Angelo Mestre(デル・アンジェロ市立病院)
所在地:Via Paccagnella, 11, 30174 Venezia VE
電話:041 9657111
https://www.aulss3.veneto.it/Ospedale-dellAngelo-Mestre別ウィンドウで開く
概要:ベネチア本島の対岸・メストレに所在する総合病院。2008年から本格的に始動。英語が通じ、比較的新しい設備が導入されています。

○フィレンツェ

<総合病院>

(1)Ospedale Santa Maria Nuova(公立、サンタ・マリア・ヌォーヴァ病院)
所在地:Piazza di Santa Maria Nuova, 1
電話:055-69381
http://www.asmn.re.it/別ウィンドウで開く
概要:フィレンツェ市中心部の大聖堂(ドゥオモ)から北東方向に徒歩4、5分の至近距離にあります。
(2)Azienda Ospedaliero-Universitaria Careggi(公立、カレッジ病院)
所在地:Largo Brambilla, 3
電話:055- 794111(自費診療予約055-7942000)
https://www.aou-careggi.toscana.it/internet/index.php?lang=it別ウィンドウで開く
概要:フィレンツェ市北部にある大学病院で、イタリア有数の規模を誇ります。

○ナポリ

<総合病院>

(1)Azienda Ospedaliera Universitaria Federico II(公立、フェデリーコ・セコンド病院)
所在地:Via Sergio Pansini, 5
電話:081-7461111
https://www.policlinico.unina.it/flex/cm/pages/ServeBLOB.php/L/IT/IDPagina/1別ウィンドウで開く
概要:ナポリ大学の付属病院で、市中心部から西の郊外に位置します。
(2)Clinica Mediterranea(私立)
所在地:Via Orazio, 2
電話:081-7259222
http://www.clinicamediterranea.it/別ウィンドウで開く
概要:サンタ・ルチア地区に近い海岸沿いに位置する、医療設備が整った総合病院で、多くの医師が英語を解します。

9 その他の詳細情報入手先

イタリア保健省(Ministero della Salute:イタリア語のウェブサイトですが、一部英語による情報提供もあります。)
http://www.salute.gov.it/別ウィンドウで開く

欧州疾病予防管理センター(ECDC: European Centre for Disease Prevention and Control
http://ecdc.europa.eu/別ウィンドウで開く(英語)

世界保健機関欧州地域事務所(World Health Organization Regional Office for Europe
http://www.euro.who.int/別ウィンドウで開く(英語、※ヨーロッパにおける各種保健医療情報が入手可能)

10.現地語一口メモ(イタリア語)

医師:medico(メディコ)

吐き気:nausea(ナウゼア)

嘔吐:vomito(ヴォミト)

下痢:diarrea(ディアレア)

頭痛:mal di testa(マルディテスタ)

腹痛:dolori addominali(ドローリィ アッドミナーリ)

息苦しい:difficoltà respiratorie(ディフィコルタ レスピラトーリエ)

医者/救急車を呼んでください:Può chiamare un medico(dottore)/un' ambulanza, per favore?(プォ キアマーレ ウン メディコ(ドットーレ)/ウナンブランツァ、ペル ファヴォーレ)

病院へ連れていってください:Può portarmi in ospedale, per favore?(プォ ポルタルミ イン オスペダーレ、ペル ファヴォーレ)

熱があります:Ho la febbre.(オ ラ フェッブレ)

薬をください:Posso avere delle medicine ?(ポッソ アヴェーレ デッレ メディチーネ)

薬局はどこですか:Può indicarmi una farmacia ? (プォ インディカルミ ウナ ファルマチーア)

処方箋:ricetta medica (リチェッタ メディカ)

診断結果を教えてください:Qual è la diagnosi ?(クワッレ ラ ディアニョージィ)

11 新型コロナウイルス関連情報

イタリア国内では2020年3月~4月をピークとして、多数の感染者と、高齢者を中心に多数の死者が発生しました。2020年10月現在も、1日の感染者数が30,000人を超える日もあり、感染が再拡大しており、懸念が高まっています。
発熱や咳などの症状があっても、ただちに生命の危険のある状況になければ、直接医療機関を受診することは控え、かかりつけ医に電話で連絡し指示を仰ぐよう求められています。また、地域ごとに専用ダイアルが設置されており、かかりつけ医のない旅行者も含め、各種問合せが可能です。
http://www.salute.gov.it/portale/nuovocoronavirus/dettaglioContenutiNuovoCoronavirus.jsp?lingua=italiano&id=5342&area=nuovoCoronavirus&menu=aChiRivolgersi別ウィンドウで開く

EU圏内も含めた一部の国からの入国に際し PCR 検査等による陰性証明が要求され、その対象国が変更されたり、入国後一定期間の自己隔離が課せられる国があるなど、政府の方針が頻繁に更新されています。各在外公館のウェブサイトで最新の情報を確認して下さい。
医師の指示または検査を要求される渡航目的をのぞいて、自費によるPCR検査の受検は困難です。一方、迅速抗原検査については、予約制で多くの私立クリニックおよび検査機関で受検可能となっています。
春の流行時期には入手困難であった、マスク、手指消毒用アルコールジェルや環境消毒用アルコールについては、2020年10月の時点では不足なくスーパー等で購入が可能です。


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る