世界の医療事情

令和4年10月1日

1.国名・都市名

 エジプト・アラブ共和国(カイロ市、アレキサンドリア市、ルクソール市、アスワン市、シャルムエルシェィク市)(国際電話国番号20)

2.公館の住所・電話番号

○ 在エジプト日本国大使館 (毎週金土休館)
住所:81 Corniche El Nil Street, Maadi, Cairo
電話:(02)-2528-5910
ウェブサイト:https://www.eg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

※金土以外の休館日は暦年ごとにウェブサイトにて案内していますので、ご覧ください。

4.衛生・医療事情一般

 エジプトは北緯22度から32度と南北に長く位置しており、国土の約94%が砂漠及び土漠に覆われ大部分は乾燥熱帯地域に属しています。平均年間降雨量は地中海沿岸が200ミリ程度であるのに対し、内陸部にあるカイロ周辺はわずか30ミリ足らずです。一般に冬季(11月~3月)と夏季(5月~9月)に分けられ、その間に短い春と秋があります。1月と2月が最も寒く、最低気温が5度以下になることもあります。2月下旬から5月上旬にかけては砂嵐(ハムシーン)がしばしば発生し、この時期にはアレルギー疾患(鼻炎・皮膚炎・喘息)や呼吸器疾患にかかる人が増加します。4月から10月にかけて気温は上昇し、胃腸炎や脱水症が急増します。

 エジプト全体で見ると医療水準は十分とは言えませんが、設備の整った一部の病院では比較的高度な医療を提供しています。そういった病院では、基礎疾患のない人であれば、急性虫垂炎などの手術、骨折や外傷に対する処置ならびに経産婦の正常分娩なら可能と考えます。しかしエジプトの医療現場の習慣は日本と異なるため、日本と同じレベルの医療サービスを受けることができないことも想定してください。日本と同じレベルの輸血の安全性も保障できませんので、病状をよく考え輸血を行うかどうか決断する必要があります。多くの総合病院は救急部門で急患を24時間体制で受け入れています。公的な救急車は123番に電話をするとオペレーターにつながり、最寄りの消防署などから救急車が派遣されます。しかし搬送先を指定することができないため、搬送される医療施設の水準が担保されないことを念頭に置いてください。歯科治療は総合病院や歯科診療所で受けることができます。施設によっては日本に近いレベルの歯科治療を行っています。エジプトでは一部の医薬品を除き、処方箋なしで多くの種類の医薬品を薬局で購入することが可能です。その場合は十分に情報を収集した上で、購入・使用するかどうかを検討してください(一般的には病院を受診して医師と相談することを推奨します)。使い慣れた薬を持参されることをお勧めします。エジプトでは設備の整った私立医療施設の受診をお勧めしますが、医療費は高額になるため、保障が十分な海外旅行傷害保険へ加入することを強くお勧めします。

5.かかり易い病気・怪我

(1)食中毒

 当地で最も頻繁に見られる疾患です。主に細菌やウイルス、原虫に汚染された飲食物を経口摂取することにより発症します。主な症状は腹痛、嘔吐、下痢ですが、発熱や倦怠感、血便等を伴うこともあります。潜伏期間は病原体によりまちまちです。吐物や排泄物を介して他人から感染する可能性があります。38.5度以上の発熱、血便やタール便(のりの佃煮様)、強い腹痛があるとき、経口摂取ができないときは病院受診を推奨します。

(2)A型肝炎

 感染者から排泄される糞便で汚染された飲食物、あるいは糞便で汚染された水で洗った食物を加熱せずに経口摂取することによって感染します。発熱、全身倦怠感、食欲不振が主な症状です。重症化すると死に至ることがあります。A型肝炎は幼少期に罹患すると無症状あるいは軽症ですみ、終生の免疫が成立します。多くのエジプト人は免疫があるのでA型肝炎を発症しませんが、免疫のない旅行者がエジプトで同じような食生活を行うと発症するリスクが高くなります。感染予防には安全な食品を選び、手洗いの励行を推奨します。またA型肝炎ワクチンの予防接種が有効です。

(3)狂犬病

 エジプトは狂犬病の流行地です。狂犬病に罹患した動物によって怪我をすると感染します。感染から発症まで時間的余裕がありますが、発症すると100%死亡します。感染原因となる動物は犬科動物・猫科動物・リスなどの齧歯類・コウモリが有名ですが、大部分のほ乳類が罹患しえます。発症予防のため、受傷した日から5回の狂犬病ワクチン接種と、出血を伴う怪我の場合は免疫グロブリン製剤の併用が標準治療です。狂犬病予防接種を行っていると、発症予防は狂犬病ワクチンを2回追加接種するのみとなります。当国では狂犬病ワクチンを安価に入手できますが、免疫グロブリンの入手は困難です。以上より狂犬病ワクチン予防接種を推奨しますが、特に長期滞在者・子供・野外活動をする人・動物との接触が多い人には強くお勧めします。カイロ市内においても野良犬や野良猫が非常に多いため、むやみに動物と接触しないことが重要です。動物によって受傷したときは病院を受診してください。

(4)寄生虫症

 ビルハルツ住血吸虫症、条虫症、アメーバ赤痢、ジアルジア(ランブル鞭毛虫)症、異形吸虫症などが挙げられます。ビルハルツ住血吸虫はナイル川等の淡水に生息し、人が汚染された淡水中に入ることによりその幼虫が足の皮膚を通して侵入して感染します。初発症状は血尿です。繰り返し感染をした場合や、慢性化すると膀胱癌の発症リスクが上がります。いまなおエジプト人の死因の上位を占める寄生虫症です。川やたまり水などに入ることは避けてください。条虫症(俗に言うサナダムシ)は牛肉摂取で感染する無鉤条虫と、豚肉摂取で感染する有鉤条虫が有名です。エジプトはイスラム教国であるため有鉤条虫は少ないと考えます。無鉤条虫のシストが生き残った牛肉を食べると感染します。細菌と異なり、肉の表面以外にも存在するため、中心部が生焼けの肉は避けた方が良いでしょう。アメーバ赤痢とジアルジアは、病原体で汚染された水が原因で感染します。直接の飲水よりも、その水で育てられた野菜・果物、汚染水で洗浄された食品から感染することが多い印象です。治りにくくて繰り返す下痢を当地では「カイロ腹」と呼んでいますが、ジアルジアが原因の一つと推測しています。下痢が長引くときは受診の上、検便をすることをお勧めします。異形吸虫症は、川魚や汽水域の魚を加熱が不十分な状態で摂食することで感染します。ナイル川河口のスズキやボラが原因による複数邦人の感染症例が過去に報告されています。一般的には感染しても軽微な消化器症状で済むことが多いですが、注意が必要です。

(5)流行性脳脊髄膜炎

 世界中に存在する病気で、エジプトにも分布しています。サハラ以南のアフリカの地域(髄膜炎ベルト地帯)に多発しますが、エジプトは髄膜炎ベルト地帯外とされています。通常、髄膜炎菌を鼻咽腔から吸い込むことにより感染します。主な症状は発熱と頭痛で、感染が疑われるときは迅速な対応(検査・抗生物質による治療)が望ましいため、早期の受診が必要です。予防効果のあるワクチンがありますので、心配な方には髄膜炎菌に対する予防接種をお勧めします。

(6)交通事故

 当地の運転マナーはかなり悪いため、注意が必要です。歩行時も交通機関利用時も気を付けてください。日本でも同様ですが、受傷した場合は破傷風感染のリスクがあります。あらかじめ破傷風トキソイドの予防接種で免疫を付けておくか、受傷後に必要時は破傷風トキソイドの接種を受けてください。

(7)B型及びC型肝炎

 B型肝炎もC型肝炎も、感染して慢性肝炎を発症した場合、肝硬変や肝臓がんを発症するリスクが上がります。また特にB型肝炎は感染時に、死亡率が高い劇症肝炎を発症する場合があります。B型肝炎とC型肝炎は感染経路として、ウイルスを保有する血液を介した感染という点が共通しています。B型肝炎は性的接触も感染経路になりえます。エジプトはB型肝炎(遺伝子型D)もC型肝炎も感染者が多い国です。他者の血液に接触する可能性のある行為や不特定の異性との性的接触には注意が必要です。B型肝炎による劇症肝炎は、B型肝炎予防接種で予防が可能です。心配される方はあらかじめB型肝炎ワクチン接種を受けておくことをお勧めします。

(8)減圧症

 紅海沿岸はダイビングスポットとして有名です。レジャーダイビングの拠点であるシャルムエルシェイクやフルガダには減圧症の治療が可能な医療施設が存在します。しかし常に減圧症治療機器が使用可能である保障はありません。スキューバーダイビングを楽しむ場合は、その前後の体調管理を行うとともに、減圧症を発症しないような安全なスキューバーダイビングを心がけてください。またダイビングを楽しんだ後から航空機使用までは、十分な時間を確保してください。

6.健康上心がける事

(1)飲食物

 エジプトの水事情は地域により差がありますが、カイロ及びその周辺地域はナイル川を水源とした水道水が供給されています。在エジプト日本大使館の水質検査結果では、水道水は日本の水道水水質基準を満たしています。しかし日本の水道水管理基準の中の硬度を含む複数項目で目標値の範囲を逸脱しており、水道水の品質は高くありません。また公共インフラである水道管や建物内のタンクや配管の老朽化により、汚染のリスクがあるため、直接水道水を飲むことは推奨できません。できればミネラルウォーターを使用し、水道水を使用するときは煮沸して使用してください。屋台や路地で販売されている飲食物も衛生上問題があります。食中毒予防のため、外食するときはホテルあるいは清潔なレストランで、よく加熱調理されたものを食べるようにしてください。

(2)暑熱対策

 夏季は日差しが非常に強く、上エジプト(ルクソール・アスワン・アブシンベルなど)では日中の気温が50℃近くになることもあります。観光は朝夕の比較的涼しい時間帯に予定して、水分摂取を積極的に行ってください。エジプトの強い日差しで酷い日焼けを起こす恐れがありますので、日中に外出する際は、肌の露出をできるだけ避け、日焼け止めを使用し、帽子着用を心掛けてください。

7.予防接種

(1)赴任者に必要な予防接種

赴任者に必要な予防接種
  成人 小児
是非接種しておくべきワクチン A型肝炎
B型肝炎
破傷風
BCG、ポリオ、DPT
麻疹、流行性耳下腺炎
風疹、A型肝炎、B型肝炎
できれば接種しておくワクチン 腸チフス
狂犬病
水痘、腸チフス、狂犬病
考慮すべきワクチン 髄膜炎菌 髄膜炎菌

(2)エジプトの小児定期予防接種一覧

エジプトの小児定期予防接種一覧
  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
BCG 生後すぐ            
DPT*1 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 18ヶ月      
DT 7歳 9歳          
ポリオ*2 生後すぐ 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 1歳 18ヶ月
B型肝炎*1 生後すぐ 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月      
麻疹・ムンプス・風疹 *3            
MMR 12ヶ月 18ヶ月          
Hib*1 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月        
髄膜炎菌*4 9ヶ月 1歳 4~6歳        
  • *1:DPTとB型肝炎とHibは5種混合として同時接種、18か月時はDPTのみ。
  • *2:経口の生ワクチン。生後すぐ、9か月、1歳時以外は不活化ポリオワクチンを打つ場合もある。
  • *3:MMRとして接種、個々の単独接種なし。
  • *4:任意接種のワクチン。希望者は上記スケジュールで接種。4価ワクチンを使用。

(3)小児が現地校に入学・入園する際に必要な予防接種・接種証明

例:Cairo American College (Primary school)

小児が現地校に入学・入園する際に必要な予防接種・接種証明
  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
ポリオ  
DPT/DT
MMR      
A型肝炎      
B型肝炎    

 ※予防接種歴に関する対応は学校によって異なりますので、入学予定の教育施設に直接確認することを推奨します。

8.病気になった場合(医療機関等)

◎カイロ市

(1)Anglo American Hospital(アングロ・アメリカン・ホスピタル)
所在地:3 Hadiqet El Zohreya St, Near To Cairo Tower, Zamalek, Cairo
電話: (02)-2735-6162~-6135(代表)
FAX: (02)-2735-4304
概要:1903年創立のカイロでも老舗の私立総合病院。ゲジーラ島に位置し、在留邦人の多いザマーレク等、市中心部から近い。設備や建物はやや古いですが、救急患者は24時間体制で受け入れており、対応も比較的早い。英語で受診可能。
(2)Saudi German Hospital Cairo(サウジ・ジャーマン・ホスピタル・カイロ)
所在地:Joseph Teto street, Nozha, Heliopolis, Cairo
電話: 16259(Hotline
FAX: (02)-2735-4304
概要: カイロ国際空港近くにある私立総合病院。近代的な設備やシステムが導入されている大規模病院で、英語で受診が可能です。救急患者は24時間体制で受け入れています。専門外来を受診する場合、予約管理がしっかりしているので、他の病院に比べ受診がスムーズです。
(3)Dal Al Fouad Hospital(ダル・アル・フォード・ホスピタル)
所在地:Yousef Abbas St. Off Nasr Road, Al-Nasr City, Cairo 26 July St., The Touristic Zone, 6th October City, Giza
電話: 16370(Hotline), 011-1998-3339(代表番号Whatsapp可能)
FAX: (02)-3835-6050
概要: Nasr Cityと郊外の6th October Cityに2院ある私立総合病院。近代的な設備やシステムが導入されている大規模病院で英語が通じます。夜間も救急部で診察を受けることが可能ですが、混雑していることがあります。電話連絡するとどちらの病院を受診するか聞かれます。
(4)As Salam International Hospital(アッサラーム・インターナショナル・ホスピタル)
所在地:Corniche El Nil, Maadi, Cairo
電話: 19885( Hotline), (02)-2524-0250(代表)
FAX: (02)-2524-0066
概要: カイロ市南部に位置する私立総合病院。英語が通じ、医療設備も充実しています。休日や夜間は救急外来で診療を行っています。地元の人の受診者が多く、比較的混雑している病院です。
(5) Maadi Dental Center(マーディー・デンタル・センター)
所在地: 4 Rd. 209, Degla, Maadi, Cairo
電話:(02)-2519-8736 or 8737(代表)
概要:外国人が多く住むマーディー地区で多数の歯科医師を擁する私立歯科診療所。小児歯科あり。インプラント手術も可能。CT検査可能。3Dプリンターを使用して、セラミック製のクラウン(かぶせ物)を迅速に作製する。英語対応可能。あらかじめ予約をする事をお勧めします。

○アレキサンドリア市

(1)Andalusia El-Shalalat Hospital(アンダルシア・シャララート・ホスピタル)
所在地:19 Mohammed Mohammed Motawae St, Al Azaritah WA Ash Shatebi, Qism Bab Sharqi, Alexandria
電話: 16781(Hotline
概要: 以前はアルサラム・ホスピタルとして当サイトに記載。最新の医療機器を備えた私立総合病院で、心臓の手術も行っています。MRI装置はありません。英語が通じ、救急治療部は24時間対応。
(2) German Hospital(ジャーマン・ホスピタル)
所在地: 56 Abd El Salam Aref St., Saba Basha, Alexandria
電話: (03)-684-1806(代表)
FAX: (03)-684-0757
概要: 1993年開業の私立総合病院。規模は小さいものの、医療水準は比較的高く特に心疾患の治療に実績があります。外国人専用病棟あり。英語が通じます。MRI装置が無いため、脳血管障害の患者は他院へ搬送しています。
(3)Andalusia Smouha Hospital(アンダルシア・スムハー・ホスピタル)
所在地:35 Mohamed Bahaa Eldin Al Ghatwary Smouha، Sidi Gaber
電話:16781( Hotline
概要:(1)の病院と同じAndalusiaグループの病院。この病院も心臓の手術を実施するレベルの病院。MRI装置は無い。英語が通じます。

○ルクソール市

(1)Luxor International Hospital(ルクソール・インターナショナル・ホスピタル)
所在地: El Television St., Luxor
電話: (095)-228-0192~0193(代表)
FAX: (095)-227-7195
概要: 2000年に創立された公立総合病院。外国人に対しては割高な外国人料金が適応されるものの、英語で対応するほか、迅速なサービスを提供してくれます。外国人専用の病室もあり、24時間体制で診療しています。
(2)Luxor General Hospital(ルクソール・ジェネラル・ホスピタル)
所在地: El Bahar St., Luxor
電話: (095)-237-2809、237-2025、237-7114~7115(代表)
概要: 歴史ある公立総合病院。診療実績は十分ですが、施設や医療機器は老朽化が進んでいます。

○アスワン市

(1)Evangelical Misson Hospital (エバンゲリカル・ミッション・ホスピタル)
所在地: 23 Corniche El Nil St., Aswan
電話: (097)-231-7176(代表)
FAX: (097)-230-4991
概要: 1913年にドイツのキリスト教団体により設立されたミッション系病院で通称はジャーマン・ホスピタル。規模は大きくないものの24時間体制で迅速な対応が可能。緊急移送の実績もあります。
(2)Aswan Teaching Hospital(アスワン・ティーチング・ホスピタル)
所在地: Elshik Haron, Kassar El Hagr St., Aswan
電話: (097)-230-5311(代表)
概要: 最新の医療機器を備えたアスワン随一の総合病院。医師や看護師の研修病院でもあります。ただし、公立病院であるため常に混雑しており、迅速な対応は期待できません。

○シャルムエルシェイク市

(1)Sharm International Hospital(シャルム・インターナショナル・ホスピタル)
所在地:El-Salam Rd., El-Nour District, beside Delta Sharm Resort, Sharm El-Sheikh
電話:(069)-366-0893 (代表)
FAX:(069)-366-0981 / (069)-366-0272
概要:シャルムエルシェイクでは唯一の、各科がそろった総合病院。英語が通じます。公立病院なので地元の人の受診も多い病院です。減圧症の治療設備あり。
(2)Sinaiclinic Hospital(シナイ・クリニック・ホスピタル)
所在地:Banks Street, Hadba Um Sid, Shalm el Sheikh
電話:(012)-8199-9938(代表)
概要:内科・外科・歯科・小児科・産婦人科・循環器内科・整形外科・耳鼻咽喉科・泌尿器科がある清潔感のある小規模病院。ICUを含む入院病床を持つ。MRI装置は無い。英語が通じます。

9.その他の詳細情報入手先

 大使館ホームページ(日本語):https://www.eg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

 大使館問い合わせ先:ryoji@ca.mofa.go.jp

10.現地語・一口メモ

(1)語彙

  • 医師:ドクトール
  • 飲み薬:ダワッショルブ
  • 注射:ホックナ
  • 頭痛:スダー
  • 腹痛:マガス
  • 下痢:イスヘール
  • 発熱:ハラーラ
  • 吐気:ケーエ
  • 咳:コーハー
  • 鼻水:ズカーム
  • めまい:ドーハ
  • 胸痛:アラム・フィー・アルサドル
  • 傷:ガルフ
  • 薬局:アグゼハーナ
  • 痒み:ハッカー
  • 歯科医:タビーブ・アスナーン

(2)短文

  • 具合が悪い:アナ・ターバーン
  • 病院へ連れて行って欲しい:アーウィザック・タホドニ・イラ・ムスタシファー
  • 救急車を呼んで欲しい:アーウィザック・ティトルブ・アルイセーアーフ

11.新型コロナウイルス関連情報(2022年10月現在)

(1)エジプト政府は患者数の公式発表を現在は行っていないため、当地の感染状況の把握は困難です。流行株の主流はオミクロン株と発表されています。周囲に感染者を認めますので、流行は持続しています。通常の日常生活では規制はほぼ無く、エジプト人はコロナ前に近い生活を送っており、マスクはほぼつけていません。

(2)発熱などで当地の医療施設を受診し、コロナ感染が疑われる場合、血液検査と胸部X線(あるいはCT)が行われます。その結果でコロナ感染の可能性が示唆された後に、PCR検査や抗原検査が実施されます。市中の検査施設では有料でPCR検査を受けることも可能です。入院の適応は日本同様、呼吸の状態や検査結果で判定されます。以前は政府指定の病院に隔離されていましたが、現在は希望の病院に入院することが可能です。ただし隔離病棟を準備している病院は限られていますので、病院に確認が必要です。当地の治療プロトコールでは、重症度はMild(軽症)、Moderate(中等症)、Severe及びCritical illness(重症)に分類されます。軽症は入院が不要で、自宅あるいはホテルでの自主的な隔離になります。中等症は一般病院、重症はICUに入院します。

世界の医療事情へ戻る