世界の医療事情

ベラルーシ

令和2年10月

1 国名・都市名

 ベラルーシ共和国(国際電話国番号375)ミンスク市(017)

2 公館の住所・電話番号

Prospekt Pobediteley 23/1, 8th floor, Minsk 220004, Republic of Belarus
電話:+375(17)203-6233,+375(17)203-6037(代表)
Fax:+375(17)211-2169

3 医務官駐在公館ではありません

在ウクライナ日本国大使館医務官が担当

4 衛生・医療事情一般

 ベラルーシは亜寒帯に属し、気候は冷涼で通年降雨があります。首都ミンスクは、北緯53度に位置し、冬期間は昼間の時間が短い上に曇り空が続き、12月の平均月間日照時間は25時間しかありません。

 医療機関の設備・清潔度や医師の力量は様々ですが、平均してみれば医療レベルは一定の水準にあります。しかし、裕福層を対象とした私立病院でも医師・スタッフの多くはベラルーシ語あるいはロシア語しか解さず、言葉が出来ないと受診は難しくなります。

 医療制度は、外来診療だけ行う施設であるポリクリニカや、各診療科の病院が独立していることなど旧ソ連の影響が色濃く残ります。私立病院はありますが、いずれもポリクリニカであり、救急医療や本格的な入院加療、出産・分娩は公立の施設に頼ることになります。救急車も、私立・民間のものは無く、公立(103番)だけとなっています。

 ベラルーシに入国する際、医療保険に加入している証明を求められます。日本で加入した海外旅行傷害保険の保険証書(英語表記)を提示しても受理されない事例が頻繁に起きています。その場合は、入国審査場の手前にある窓口で地元の強制医療保険に加入することとなります。費用は、滞在期間(1年間では170ユーロ)に応じた現金払い(ユーロ、米ドル、ベラルーシ・ルーブル)です。

 お薬については、薬局ではベラルーシの処方箋がなければ購入できない医薬品が多く、持病(花粉症など)のお薬(内服,点眼液,点鼻液など)と常備薬(皮膚の保湿剤、整腸剤、胃薬、目薬、鎮痛薬、総合感冒薬、漢方薬など)は日本から持参なさると良いでしょう。ただし、向精神薬や一部咳止めの持ち込みは制限されています。

5 かかり易い病気・怪我

(1)花粉症

 春先は雪解け前から花粉症・花粉皮膚炎が始まります。この時期の原因アレルゲンは、白樺、ハンノキ、ヤナギ、ハシバミなどです。白樺花粉症などでは、口腔アレルギー症候群といって果物を食べると口の中がかゆくなることがあります。春以降は、カモガヤなどのイネ科植物、初夏からはブタクサやヨモギなどが原因となります。

(2)食中毒

 気温の高い時期を中心にサルモネラ菌などによる食中毒が散発します。手作りの瓶詰や自家製ソーセージによるボツリヌス中毒も通年見られます。一流ホテルであっても、ビュッフェの作りおきの料理や水道水で作られた氷が入った飲料水などで食中毒が起きることがあるので、見た目だけで衛生面を判断しないように注意して下さい。

(3)ダニによる噛傷

 春から夏にかけて、森林や草原に出かける際は、マダニ(Tick)に注意して下さい。ベラルーシでダニが媒介する感染症として、まずライム病が挙げられます。診断治療が遅れると重い後遺症が残ります。遊走性紅斑という独特な皮疹が出ることがあります。ライム病より頻度は少ないですが、ダニ媒介性脳炎も感染リスクがあります。これはウイルス性の脳髄膜炎で、重篤な後遺症が残ることがあり、場合によっては命に関わる危険な感染症です。予防としては、虫除けを使う、長袖長ズボン等を着用し肌の露出を避ける、帰宅したらダニに刺されていないか全身を確認する等が挙げられます。虫除けとしては、有効成分がDEET(N,N-Диэтилтолуамид)の製品が確実です。DEETの濃度が30〜50%であれば 3〜5 時間おきに使用するようにして下さい。マダニに刺された場合には、自分で無理に取り除こうとせず病院を受診してください。マダニ体内の病原体の有無を調べて、その結果により治療が行われます。自分で取り除いた場合は、空きビンなど密閉容器に入れて持参して下さい。屋外活動がお好きな方は、ダニ媒介性脳炎の予防接種(日本のトラベルクリニックや当地のクリニックで接種可能)を受けておくと安心です。

(4)ウイルス性の感染症

 麻疹は、2018年236人、2019年191人の感染が報告されています。水痘は、小児の定期予防接種に含まれておらず、子供を中心に通年感染者が散発しています。

(5)冬季うつ

 冬期間は、昼間が短い上に曇り空が続き、日照不足から「冬季うつ」という状態になることがあります。症状としては、いくら寝ても寝足りない、食欲が増す、イライラして集中力が落ちるなどです。

(6)冬期間の転倒事故

 凍った路面では、手首をついて骨折、尻もちをついて腰痛を来す、頭をぶつけるなど転倒事故が起きやすくなります。特に両手が荷物でふさがっていると危ないようです。

(7)HIVエイズと結核

 ミンスク市では2019年に年間四百人以上のHIV感染者が報告されています。30才台、40才台が最多で、異性間と薬物の静脈注射による伝搬が多くなっています。結核については、年間3千人ほどが診断され、その概ね半数が多剤耐性結核です。

(8)狂犬病

 ベラルーシではヒト感染は極めてまれですが、野生動物の間で感染が維持されています。屋外活動がお好きな方や地方~郡部に滞在される方は、予防接種を済ませておくと無難です。

6 健康上心がける事

(1)冬期間の健康管理

 暖房の効いた室内は空気が極端に乾燥します。皮膚の乾燥のほか、喉や鼻を痛め感冒に罹りやすくなります。湿度計を用意し室内の加湿を行って下さい。短い時間でも外に出て日光を浴び、身体を動かすことは冬季うつの予防になります。

(2)飲用水

 水道水の水質は改善が進みましたが、地域や建物によっては水道管の老朽化による鉄さび、鉛や銅の混入リスクを否定できません。水道水をそのまま飲むのは避けて下さい。長期滞在なさる方は、逆浸透膜方式の浄水器を設置するのが一法です。ミネラルウオーターの宅配サービスも利用出来ます。

(3)食品へのチェルノブイリ原発事故の影響

 ベラルーシでは、食品中の放射線量について厳格な基準・検査手順が定められ、それに合格した製品に販売許可が与えられます。スーパーや市場で売られているベラルーシ産の食品については、チェルノブイリ原発事故による残留放射能の問題はないとされています。しかし、きのこ、いちご、酪農製品には放射性物質が土や草から移行しやすいので、これらの食品で産地不明のものについては避けるのが無難です。

(4)結核とHIV

 WHO世界保健機関は、ベラルーシをMDR-TB多剤耐性結核の蔓延国(high-burden country)の一つに挙げています。人混みや咳をする人を避けて下さい。長引く咳、微熱、寝汗などの症状があったら早めに医療機関へ。ベラルーシ国内のHIV感染者数は2万8千人です。不特定多数との性交渉にはリスクがあるとお考え下さい。

7 予防接種

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種

 入国に際し、ベラルーシで義務付けているものはありません。サプライが不安定で希望した時期にワクチン接種を受けられないことがありますので、必要な接種を済ませた上で渡航なさることをお勧めします。

 成人には、A型肝炎、B型肝炎、破傷風に加えて、接種が2回済んでいない場合は麻疹と風疹のワクチン接種をお勧めします。水痘も散発していますので、過去の感染歴やワクチン接種歴を踏まえて医師に相談して下さい。長期滞在者、アウトドアがお好きな方や地方滞在者、または東欧、旧ソ連諸国、中東へ出かける機会が多い方は、狂犬病、腸チフス、ダニ媒介性脳炎も接種しておくと無難です。

お子様をお連れになる場合は、A型肝炎を含めて日本の定期予防接種スケジュールに従って接種を受けてください。小さなお子様をお連れになる場合は、MRワクチンと水痘ワクチンを済ませてからが無難です。

(2)現地の小児定期予防接種一覧

予防接種 初回 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
B型肝炎 12時間 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月      
BCG 3~5日            
DPT 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 18ヶ月 6才
DT
11才
ジフテリア
16才
DT
HIB 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月        
ポリオ
IPV
2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 7才      
肺炎球菌 2ヶ月 4ヶ月 12ヶ月        
MMR 12ヶ月 6才          

水痘、ロタウイルス、子宮頸がんワクチンは未導入です。2・3・4ヶ月の接種は、小児用六種混合ワクチン(DTP+B型肝炎+HIB+ポリオ)が使われます。

(3)現地校入学に際しては、接種証明書の提出が必要です。

 インターナショナルスクールについても同様です。渡航時に母子手帳を持参してください。

8 病気になった場合(医療機関等)

(1)救急電話番号:103

 ベラルーシには民間の緊急医療サービスは存在せず、公立のみです。救急車を呼んだ際、ベラルーシの強制医療保険に加入していれば料金は請求されません。

(2)主な医療機関

 一般の外来診療(風邪、下痢、軽い怪我など)であれば、まず私立の医療機関を受診する在留邦人が多いようです。各診療科の医師が常駐しているわけではないため、事前予約が必要です。往診に応じる施設もあります。なお、以下のリストは一般的な情報提供として作成したもので、各医療機関の診療の質を保証するものではありません。なお、電話番号は携帯電話からかけることを念頭に+375からの表記を掲載しました。ベラルーシには日本で加入した海外旅行傷害保険のキャッシュレス・メディカル・サービスの利用が可能な医療機関があります。病院を受診する前に、加入なさっている保険会社に直接連絡しお尋ねください。また、ベラルーシ医療機関の病理検査は信頼に乏しいので定期的な本邦におけるがん検診をお勧めします。

◎ミンスク市(順不同)

(1)Lode (ЛОДЭ)
所在地:Minsk, Nezavisioty avenue 58
    Минск, пр. Независимости 58
電話番号:111(総合案内)
     +375(17)293-9800
     +375(29)638-3003
     +375(29)270-1003
ホームページ:http://www.lode.by別ウィンドウで開く
概要:ミンスク市に3施設、ブレスト市に2施設、グロドノ市に2施設を擁する私立医療機関です。ここではNezavisioty avenueの本院の住所を掲載しました。小児科については、ミンスクではGikalo streetの施設が対応しています。歯科を併設。
(2) Nordin Medical Center (Нордин)
所在地:Minsk, Surganova street 47B
    Минск, ул. Сурганова 47Б
電話番号:159(総合案内)
     +375(17)296-6272
     +375(44)506-0159
     +375(33)607-0159
ホームページ://www.nordin.by別ウィンドウで開く
概要:小児科や歯科を含め各診療科に対応した医療施設です。内科系と外科系の2施設があります。ここでは内科系の施設の連絡先を掲載しました。予防接種が可能(要予約)。言語障害の治療も行っています。
(3)Medical Center Novy Lekar (Новый Лекарь)
所在地:Minsk, Engelsa street 34A/2
    Минск, ул. Энгельса 34А/2
電話番号:+375 (17) 328-35-45,
     +375(17)328-3536
     +375(29)102-0203
     +375(29)501-0203
ホームページ:http://novolekar.by別ウィンドウで開く
概要:国立美術館やディナモ・スタジアムに近い私立医療機関で、歯科・産科に力を入れています。
(4)EKOMEDSERVICEЭКОМЕДСЕРВИС
所在地:Minsk, Tolstoy street 4
    Минск, ул. Толстого, д. 4
電話番号:160(総合案内)
     +375(17)207-7474
     +375(29)160-0303(歯科)
ホームページ:http://www.ems.by/別ウィンドウで開く
概要:ミンスク駅南口バスターミナルに近い私立医療機関で、歯科。小児科に力を入れています。
(5)KraviraКравира
所在地:Minsk, Pobediteley Avenue 45
    Минск, пр-т. Победителей 45
電話番号:403(総合案内)
     +375(17)224-2543
ホームページ:https://kravira.by/別ウィンドウで開く
概要:ミンスク市内に3カ所の施設を有する私立医療機関です。戦争歴史博物館に近いプロスペクト・ポベジテレイのクリニックの住所を掲載しました。美容形成外科・小児科・歯科にも力を入れています。
(6)ミンスク市救急病院City Clinical Emergency Hospital
  (Городская клиническая больница скорой медицинсой помощи г. Минска
所在地:Minsk, Kizevatova street 58
    Минск, ул. Кижеватова 58
電話番号:+375(17)212-7621(日中)、+375 (17) 287-0000(夜間)
ホームページ:http://www.bsmp.by別ウィンドウで開く
概要:ミンスク市で救急車を呼んだ際に搬送されるのは、まずこの施設です。全ての診療科の救急対応が可能です。受付はロシア語しか解しませんが、英語を介する医師がおり英文のインフォームドコンセント書式が準備されているなど外国人患者の対応にも馴れています。在留邦人の利用実績があります。必要に応じて、別の専門病院に移送されるケースもあります。

9 その他の詳細情報入手先

在ベラルーシ日本大使館ホームページ:
https://www.by.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

10 現地語・一口メモ

 ベラルーシではロシア語が通じますので、「もしもの時のロシア語」をご覧下さい。

11 新型コロナウイルス関連情報

 在ベラルーシ日本国大使館のホームページ(https://www.by.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く)に、最新の情報が分かりやすく記載されています。


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る