世界の医療事情

コートジボワール

平成28年10月1日

1 国名・都市名(国際電話番号)

 コートジボワール共和国 (アビジャン市)(国際電話国番号225)

2 公館の住所・電話番号

在コートジボワール日本国大使館 (毎週土日休館)
住所:Ambassade du Japon en Côte d'Ivoire, Immeuble Alpha 2000, Tour A1, 8, 9ème étage, Avenue Chardy Abidjan, Côte d'Ivoire, 01 BP 1329 Abidjan 01
電話:20-21-28-63 / 20-21-30-43 / 20-22-17-90,FAX:20-21-30-51
ホームページ:http://www.ci.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

(注)土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので,ご覧ください。

4 衛生・医療事情一般

 首都はヤムスクロ(Yamoussoukro)ですが,実質的にはアビジャン(Abidjan)が政治,経済の中心です。コートジボワールの南部は高温多湿な熱帯雨林気候,中部から北部はサバンナ気候です。 5月から9月が雨季,10月から4月が乾季(乾季と言えど雨量が少なくなる程度),気温は24度から32度,湿度は70%から90%です。 日本の梅雨末期から真夏までの季候が一年中続くという感じです。例年12月から3月までがハルマッタン(サハラ砂漠から吹く砂を含んだ風)の季節でアビジャン市内は白い霞に包まれたようになることがあります。

 医療機関は西アフリカの中では充実している方ですが,過去の政情不安で多くの専門医が国外に転出したため医療水準は高くはありません。特に救急医療は貧弱で,脳卒中や急性心筋梗塞の治療では日本の都市部のような超急性期治療のできる病院はありません。

 医師の数は約4,000人で日本と比べて人口比で12分の1と少ないです。アビジャンでは,本邦で一般的な検査はほぼ実施可能です。癌検査など特殊なものは医師による判断が必要であり,その信頼性は未知数のため推奨しません。外科治療については,簡単な開腹手術程度であれば問題ないようです。しかし当国にはHIV(エイズ)や肝炎の感染者が多く,輸血血液から感染する可能性が否定できず,外科手術は先進国で受けることを推奨します。

 アビジャンの医療レベルで対処できない病気や外傷の場合は,パリ等ヘの緊急移送が必要になることがあります。それらの費用を考慮すると,海外旅行傷害保険では治療・救援費用の一番高いものに加入しておくことが推奨されます。

5 かかり易い病気・怪我

(1)マラリア

 当国で罹るマラリアはほとんどが熱帯熱マラリアです。放置すると死亡することもある恐い病気です。3ヶ月以内の滞在であれば,罹らないように予防薬の服用も考慮してください(この国のマラリアはクロロキンに耐性がある場合があります)。 また,蚊に刺されないように注意してください。都市部においても感染することがあります。 滞在中はもちろん,先進国に戻っても1ヶ月以内に高熱が出たら,まずマラリアを疑いましょう。 マラリアと診断され治療を受けて,良くなったとしても,1ヶ月以内に熱が出たときはマラリアの再燃ということがあり得ます。

(2)旅行者下痢症

 サルモネラ,大腸菌,コレラ,腸チフス等が主に食べ物を介して感染し下痢,嘔吐,発熱などをひきおこします。十分加熱したもの食べ,生野菜,カットフルーツ,水道水,氷等はなるべく避けてください。また、疲労,いつもと違う食事,慣れない気候なども影響します。

(3)髄膜炎菌性髄膜炎

 サハラ砂漠の南部は髄膜炎ベルト地帯と呼ばれ,主にハルマッタンの季節に髄膜炎が流行します。罹れば2日で死亡することもある激しい病気です。ワクチンがありますので,西アフリカに渡航される際は,是非とも接種されることをお勧めします。4価(ACYW-135)ワクチンの接種をお勧めします。

(4)交通事故

 運転マナーは日本に比べて悪く,車優先で,ときには逆走や道路外を走行するなど,常に事故の危険性があります。歩行時は信号が青でも十分に注意してください。タクシー乗車時は,シートベルトの故障,ドアのロックが不十分であるものもあり注意が必要です。

(5)肝炎

 かつて当国からパリへ緊急移送される病気の一番の原因がA型肝炎でしたが,ワクチンが普及した現在は皆無となっています。A型,B型肝炎のワクチン接種は必須といえます。

(6)結核

 貧困層を中心に結核患者が多数います。不健康と思われる人が多く集まるところでの滞在は避けてください。

(7)ハエウジ症

 まれにTumbuバエが衣類に産卵し,孵化した幼虫が皮膚に侵入して,皮疹を引き起こすことがあります。洗濯物は屋内に干すか,アイロンがけをしてください。

(8)デング熱,黄熱

 2008年よりデング熱患者の発生が確認されており,2010年はデング出血性熱にて1名死者が出ています。同じネッタイシマカ(蚊)によって媒介される黄熱も流行しています。黄熱については入国時にワクチン接種が義務づけられていますが,デング熱に関してはワクチンが存在しないのが現状です。予防は蚊に刺されない様にするしかありません。

6 健康上心がける事

(1)防蚊対策:夕方から夜中にかけ,野外で運動,散歩,食事をする時等は,蚊に刺されないように長ズボン,靴下,長袖シャツを着用し,露出部分には蚊の忌避剤を使用してください。日本で購入可能な忌避剤は成分DEETが12%未満で,効果は十分ではありませんので注意が必要です。

(2)飲料水は市販のミネラルウォーター又は煮沸消毒した水道水を使用してください。冒険心で路上にて売られているジュース,食物等を購入することは避けてください。レストランは衛生的な所を選んでください。

(3)日中運動すると大量に発汗します。水分補給はもちろんのこと,塩分補給も心掛けましょう。

(4)エアコンの効いたホテルに滞在する場合,蚊の活動性は低くなりますが,夜間は冷えすぎて体調を崩す原因になります。またエアコンを設置していないホテルは蚊帳がない所や,また蚊帳の中では,夜間暑くて眠れない所もあります。事前に滞在するホテルについて情報を入手して,快適な睡眠を確保してください。

(5)自動車の排気ガス,ハルマッタンによる砂塵などで呼吸器系の障害(喉の痛み,咳など)や眼の痒みが出ることがあります。特にハルマッタンの真っただ中では数100メートル先の視界が悪くなることもあります。マスクをつける,外を出歩かないなどの防御を行ってください。

(6)その他の病気:北部の地方では住血吸虫症という皮膚から浸入する寄生虫の病気があり不用意に川に入ってはいけません。アビジャン市内にもネズミは至る所にいます。ネズミを介して感染するラッサ熱という病気がありますので,住宅等への侵入を防ぐ必要があります。

7 予防接種(ワクチン接種機関を含む)

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種

成人

 入国時に必要なワクチン:黄熱。生後9ヶ月を超えるすべての渡航者に接種を要求しています。未接種の場合や黄熱予防接種証明書(通称イエローカード)を所持していないと,空港で強制的に接種されます。ワクチン接種後,効果発現まで10日間かかると言われていますので事前に接種してきてください。なお2016年10月現在,証明書の有効期限は問われません。

 推奨ワクチン:A型肝炎;B型肝炎;12月~6月に旅行予定の場合は,髄膜炎菌(ACYW-135);地方を旅行する場合は狂犬病;腸チフス;DPTブースター(ジフテリア,百日咳,破傷風の追加接種)の接種をお勧めします。

小児

 成人と同じ。

(2)現地の小児定期予防接種

  初回 2回目 3回目 4回目
BCG 出生時      
ポリオ 出生時 10週 14週 1歳
DPT 6週 10週 14週 1歳
MMR 15ヶ月 3歳半    
麻疹(はしか) 9ヶ月      
ムンプス(おたふく風邪) 15ヶ月 3歳半    
風疹 15ヶ月 3歳半    
B型肝炎 6週 10週 14週 1歳
インフルエンザ菌b型 6週 10週 14週 1歳
髄膜炎菌 2歳 5歳 8歳 11歳
肺炎球菌(13価) 6週 10週 14週 1歳
黄熱 9ヶ月      

(3)

 小児が現地の公立学校に入学,入園する際に必要な予防接種,接種証明は,ありませんが,国立公衆衛生研究所ではMMR,インフルエンザ菌b型(Hib),髄膜炎菌,DPT,B型肝炎の接種を強く推奨しています。

 私立学校では,予防接種および接種証明を求められる場合がありますのでご確認ください。

(4)

 乳児,幼児検診は特にありません。

8 病気になった場合(医療機関等)

 日本語が通じる医療機関はありません。英語を話す医師は希にはいますが,多くはフランス語しか通用しません。迅速な救急車の利用は期待できません。診療情報は2016年10月1日現在のものです。

アビジャン

病院

(1)Group Medical Du Plateau (GMP)
所在地:01BP551, Avenue Lamblin, Plateau, Abidjan
電話:20-25-86-50,20-25-86-51, 47-22-22-22(救急外来)
概要:大使館から徒歩圏内で,ホテルプルマン近傍にある私立総合病院です。集中治療室6床を有し,欧米人の利用実績もあります。救急外来は24時間受入れ可能で,館員やその家族,JICA関係者,在留邦人の利用実績があります。スタッフの対応も悪くありません。ただし,救急外来は狭小なため,大きな怪我に対する処置は難しいです。救急車2台所有し,電話で呼ぶことが可能ですが,時間がかかる可能性があります。初診料:15,000CFAフラン,各診療科(専門外来):17,500CFAフラン,休日,時間外の診察料:20,000CFAフラン,腹部超音波検査:48,000 CFAフラン,大腸内視鏡検査:1,600,000 CFAフラン,CT検査:70,000 CFAフラン。
ホームページ:http://www.polyclinique-gmp.com/index.html別ウィンドウで開く
(2)Polyclinique International Ste Anne-Marie (PISAM) (通称ピザム)
所在地:Avenue J. Blohorn-01 B.P. 1463 Abidjan
電話:22-48-31-31,22-48-31-12
概要:プラトー地区からココディ地区に入ってすぐのラギューン沿いにある私設総合病院です。CTやMRIなどを備え,ほぼ全科対応可能で,集中治療室などの設備もあり,大きな怪我ではこちらの病院をお勧めします。ただし,現地資本の病院で,時にスタッフの対応が悪いことがあります。入院にあたっては高額のデポジット(300,000~1,000,000CFAフラン)が必要です。初診料:15,000CFAフラン,各診療科(専門外来):17,500CFAフラン,心臓関連の診察料:20,000CFAフラン,虫垂炎手術(2泊3日の入院):900,000~1,001,000CFAフラン。
ホームページ:http://pisam.ci/別ウィンドウで開く
(3)Polyclinique Sacré-Cœur Abidjan
所在地:Riviera Bonoimin route d'Attoban
電話:(225)2200-8888
概要:Riviera地区にある平成27年に開業したばかりの施設・医療機器ともに新しい総合病院です。邦人の受診状況は不明ですが,アフリカ開発銀行や国連職員を対象とした診療も行っており,また院長他数名が英語での診療が可能で期待が持てます。救急外来は24時間受け付けていますが,専門診療科は予約が必要です。

歯科

(1)CABINET DENTAIRE FADDOUL
所在地:Residence JECEDA 1er etage, Bd de la Republique, Plateau
電話:20-21-66-10,20-21-62-97
概要:プラトー地区Bank of Africaに隣接する,JECEDAというアパートメント1Fにあり,設備,器具は比較的新しく問題ありません。待合室も広く清潔で,受付スタッフの対応も問題ありません。院長のDr. Jacques FADDOUL(レバノン人,英語可能)と他1~2名の歯科医師で診療しています。診療時間は平日,土曜日 7時30分~20時ごろ(終わるまで),日曜日は休診です。予約すると受診まで2週間程かかる見込みです。緊急時は直接来院可能で,時間外でも状況に応じて診療可能とのことです。
(2)Cabinet Franchet d'Esperey Abidjan-Côte d'Ivoire
所在地:15 bis Avenue Franchet d'Esperey, Immeuble OLLO 2ème étage Escalier B
電話:20-30-35-80
概要:プラトー地区の中心にあり,フランス式の衛生的な診療所です。診察時間は平日9時~19時,土・日曜日は休診です。

検査機関

(1)Laboratoire Du Docteur P. Montagnier:モンタニエ検査センター
所在地:Avenue Chardy, Immeuble Nour Al Hayat 4ème étage, Plateau
電話:20-21-33-52, 20-21-22-63
概要:血液検査,生化学検査,免疫学的検査などが可能です。医師の指示箋がなくても実施可能です。
(2)Centre d'Imagerie Diagnostique (CID)
所在地:14, Boulevard Carde, Immeuble Les Herveas, Plateau
電話:20-21-40-11
概要:Hotel Ibis近くのビルでレントゲン検査,CT,心電図,超音波検査が可能で,診断医も常駐しています。医師の指示箋,予約が必要です。

ヤムスクロ

(1)L'Hopital Cathorique Saint-Joseph Moscati
所在地:Reu de St. France, Yamoussoukro
電話:30-64-13-06, 59-42-43-10
概要:La Basilique Notre Dame de la Paiz(平和の聖母聖堂)の横にあり,平成27年に開業したばかりの施設・医療機器ともに新しい病院です。教会によって運営されており,外国から数名の医師がきて診療を行っています。

ブアケ

(1)Centre Hospitalier Universitaire de Bouake (CHU Bouake)
所在地:Rue de l'Aeroport, Bouaké
電話:31-63-21-90, 31-63-21-93
概要:ブアケ市で最も大きな大学病院ですが,診療能力や清潔さの観点からはお勧めできません。しかし,アビジャンから4時間の距離にあるため,一時的に治療を受けるのはやむを得ません。重症になる前にできる限りアビジャンに向かうことをお勧めします。

9 その他の詳細情報入手先

(1)在コートジボワール日本国大使館:
http://www.ci.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

(2)厚生労働省検疫所(地域別情報アフリカ西部):
http://www.forth.go.jp/destinations/country/w_africa.html別ウィンドウで開く

(3)米国疾病管理センター(CDC Travelers’ Health):
https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/traveler/none/ivory-coast別ウィンドウで開く

10 現地語・一口メモ

 現地語は部族毎に違いますが,概ね皆フランス語を話します。「世界の医療事情」冒頭ページの一口メモ(もしもの時の医療フランス語)を参照ください。


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る