世界の医療事情

イラク

令和2年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 イラク共和国(バグダッド)(国際電話国番号964)

2 公館の住所・電話番号

在イラク日本国大使館 (毎週金土休館)
住所:Embassy of Japan, International Zone, Baghdad, Iraq
代表電話:+870-772-582-564  領事 (077)-0494-2018
E-mail:embjp.ryoji.iraq@bd.mofa.go.jp
ホームページ:https://www.iraq.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

(注)金土以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますのでご覧ください。

4 衛生・医療事情一般

(1)気候・地誌

 首都バグダッドは、国土のほぼ中央の内陸部に位置し、チグリス川の河畔にあります。北緯33度と日本の大分市とほぼ同じ緯度ですが、気候は砂漠気候で1年を通じて快晴の日が多く、夏期には最高気温が50℃を超える日もあります。冬は比較的温暖で過ごしやすいですが、夜間や早朝は冷え込むため暖房が必要です。また一年を通じ気温の日較差が大きいのが特徴です。年間降水量は123ミリと少なく、降雨は冬期に集中しますが、雪が降ることは殆どありません。例年、春先には砂嵐に見舞われ、眼や喉を痛めることがあります。また砂嵐で航空機の飛行等が妨げられることも少なくありません。一年を通して常に乾燥しているため、知らない間に発汗し(不感蒸泄)脱水に陥りやすいので、水分の補充を十分に行ってください。特に気温の上がる夏期には熱中症にならないように注意する必要があります。また日差しも強いので、外出時にはサングラスを着用して日光と埃から眼を守るようにしてください。

 治安情勢等については、外務省海外安全ホームページ で最新の情報をご確認ください。

(2)医療水準・医療制度・病院受診時のアドバイス

 イラクは、最近までイスラム国(Islamic State (IS))の侵攻があって、その後も不安定な治安状況が続いており、外国人が比較的安心して受診、あるいは一時的にも入院できる医療機関は非常に限られています。バグダッドのインターナショナルゾーン(International Zone (IZ)/ Green Zone)内には、 米軍からイラク政府へ移管された病院があり、2012年より救急外来棟、外来棟が再オープンし、一般診療を開始しています。またバグダッド国際空港に隣接して、米国務省が管理しそこから委託を受けた米民間会社が運営する病院があります。但し受診に関してはいろいろな制約があり、外国人の利用は生命の危機等の重症の傷病の場合に限られています。なお、IZ以外の地域、いわゆるバグダッドのレッドゾーンには重症例にも対応可能な公的病院や私立病院も存在しますが、治安の問題からこれらの施設の利用はお勧めできません。イラクでは、事故などで警察が介入する場合は、公立病院での診断書が要求されます。また原則として、私立病院を最初に直接受診できません。公立病院の初診料は、イラク人2米ドルに対して、外国人125米ドルと高額な設定がなされています。支払いはイラクディナールまたは米ドルの現金のみで、クレジットカード決済はできません。治療費は高額になることもあり、さらにイラク国内で対応できない疾患の場合は緊急移送が必要となるためイラク国内で利用可能な医療保険に追加加入しておくことが必要です(通常の海外旅行傷害保険はイラク国内での疾病・事故を担保していません)。

(3)水質・食品管理

 水道水は飲用には適しませんので、ミネラルウォーターを購入して飲むことをお勧めします。通年、食品が腐敗しやすい高温環境ですので、加熱したら直ぐに食べる事をお勧めします。

5 かかり易い病気・怪我

(1)腸チフス

 汚染された食べ物で感染します。潜伏期間は7日から21日。症状は、腹痛、発熱(高熱)、関節痛、下痢、血便です。治療が不適切だと重症化して腸穿孔を起こし腹膜炎を併発します。治療は、補液と抗菌剤です。予防接種があります(7 予防接種参照)。

(2)感染性腸炎(下痢)

 食べ物や水から感染します。潜伏期間は病原体により異なりますが、数時間後から7日以内。症状は、腹痛、悪心、嘔吐、激しい下痢、発熱です。治療は、補液および細菌性の場合は抗菌剤です。

(3)A型肝炎

 食べ物(主に生もの・生野菜)や水から感染します。潜伏期間は2週から6週。症状は、全身倦怠感、発熱、食欲不振等の症状と黄疸です。治療は、臥床安静を中心とした対症療法です。予防接種による防ぐことができます(7 予防接種参照)。

(4)熱中症(脱水症)

 春から秋にかけては日差しが強く、湿度が低いので汗をかいても自覚せずに脱水を起こしやすくなります。熱感、悪心、動悸、めまい、ふらつきなどの症状で自覚します。塩分と水分補給に気をつけてください。

(5)コレラ

 数年周期で流行します。発生時には、発生地域での滞在、飲食には十分注意してください。発生状況については外務省の危険情報(ホームページ)でもお知らせしております。汚染された食べ物や水で感染します。潜伏期間は1日以内。症状は、嘔吐と下痢で、重症の場合、米のとぎ汁のような水様下痢となります。治療が不適切だと極度の脱水となって、命に関わります。治療は、補液と抗菌剤です。

(6)麻疹

 毎年のように流行しています。ウイルス性の全身感染症で、非常に感染力が強く、感染すると肺炎や脳炎などの重篤な合併症を引き起こすことがあります。潜伏期間は10日から12日。 症状は、発熱、 鼻水、眼の充血などの風邪様症状の半日後に、高熱と全身発疹が出現します。治療は、臥床安静を中心とした対症療法です。予防接種を受けることで防ぐことが可能です。過去に感染の既往がなく、ワクチン2回接種(1歳時および学童期以降)を完了していない方は、感染のリスクがありますのでワクチン接種をお勧めします。

(7)リーシュマニア症

 イラクでは広範囲にサシチョウバエによって媒介されるリーシュマニア症が存在します。サシチョウバエに刺されて数週間から数か月後に、皮膚に潰瘍や結節が生じます。治療は抗寄生虫剤です。治癒しても醜い瘢痕が残る場合もあります。稀に内臓リーシュマニア症に罹患する場合もあります。長袖・長ズボンを着用し、防虫対策を心がけるようにしてください。

(8)住血吸虫症

 池や湖等の淡水浴中に皮膚から感染する感染症です。潜伏期間は1ヶ月。症状は、発熱、発疹、咳、下痢などの呼吸器や消化器症状が出た後、肝臓と脾臓が腫れてきます。治療は抗寄生虫剤です。プール等の塩素消毒を施行している場所以外の淡水に入ることは避けてください。

(9)狂犬病

 バグダッドやバスラで2003年以来、度々発生しています。狂犬病の動物からの咬傷で感染します。 潜伏期間は1ヶ月から2ヶ月。症状は、発熱、頭痛、筋痛などの感冒様症状と咬傷部位の痛みで始まります。進行すると、興奮や不安狂躁の脳症状と筋痙攣から死に至ります。適切な時期に狂犬病ワクチンや免疫グロブリン投与を受けず発症した際の死亡率はほぼ100%です。野生動物や家畜に近づかない様にお願いします。イラクでは狂犬病ワクチンおよび免疫グロブリンの入手が困難なため、動物との接触の可能性がある場合は、事前に狂犬病ワクチンの予防接種をすることをお勧めします。

(10)刺咬傷(ダニ、シラミ、サソリ、毒蜘蛛、蛇、蚊など)

 宿泊施設などでダニ、シラミの大量発生、サソリの出現をみる事があります。

(11)クリミヤ・コンゴ出血熱

 数年周期で流行します。動物に寄生するダニが媒介するウイルス性出血熱です。潜伏期は2~9日。 主な症状は、発熱、頭痛、筋痛、腰痛、関節痛です。重症化すると種々の出血がみられます。死亡率は15%~40%といわれてますが、2018年には9名罹患して7名が死亡しました。現在有効な治療薬はありません。野生動物や家畜に近づかないようにお願いします。

(12)中東呼吸器症候群(MERS)

 イラクでは患者発生は詳しく報告されていませんが、2012年他国で初めての症例が報告されて以来、中東地域特にアラビア半島で多くの症例が報告されている新型コロナウイルスによる呼吸器感染症です。潜伏期は2日から15日。主な症状は発熱、咳、息切れです。感染しても症状が現れない軽症の人もいますが、高齢者や基礎疾患のある人では重篤化することがあります。現在有効な治療薬はありません。また死亡率は40%~50%といわれています。

(13)鳥インフルエンザ

 2006年に鳥インフルエンザA(H5N1)のヒト感染が、イラクで初めて報告されました。以降、家禽においては、感染が散見され、最近では2017年12月に発生しています。潜伏期は2日~8日。主な症状は、発熱、咳・痰の呼吸器症状です。治療はタミフルなどの抗インフルエンザ薬です。野生動物や家畜に近づかないようにお願いします。

6 健康上心がける事

(1)手洗い(石鹸・清潔なタオルを使用)、うがいを励行してください。

(2)生水は絶対に飲まないようにしてください。ミネラルウォーターを飲用してください。

(3)火が通っていない食物(外食では特にサラダに注意)は食べないようにしてください。ミンチ類は中心部まで火が通っているのを確認してから食べるようにしてください。

(4)火が通った食物でも、冷たくなった食物は再加熱してから食べてください。

(5)屋外の活動では、水分(水、スポーツドリンク等)を多く摂取して脱水・熱中症に注意してください。

(6)夏期は紫外線が強く、UVカットレンズ(サングラス)、日焼け止めクリームを使用してください。 冬期は皮膚の乾燥でかゆくなることがあるので、乾燥防止にワセリン等の保湿クリームの使用をお勧めします。

(7)イラクで勤務・長期滞在を予定する場合には、精神衛生を含めた健康管理が重要です。定期的に国外での休暇をとり、精神的な緊張等からくるストレスを解放することが大切です。また当地の生活・勤務環境などから、精神的に不安定な状況に陥る場合は、早めの帰国をお勧めします。さらに肉体的にも知らない間に健康を損ねている場合があります。定期的な健康診断・人間ドック等の実施をお勧めします。

7 予防接種(ワクチン接種機関を含む)

 バグダッドのワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(1)赴任者に必要な予防接種

成人

  • A型肝炎ワクチン、B型肝炎ワクチン:過去に接種済みでも免疫(抗体)が形成されていない場合は再接種してください。
  • 破傷風ワクチン:過去5年以内にブースター接種(追加接種)を受けていない場合は、必ず接種してください。特に土壌に接する機会が多い方にはお勧めします。
  • 腸チフス:特に地方に行く機会がある方にはお勧めします。経口ワクチンと注射ワクチンがあり、経口ワクチンは6歳未満、注射ワクチンは2歳未満の小児には勧められません。
  • 狂犬病ワクチン:動物と接する機会が多い場合は暴露前接種をお勧めします。
  • 麻疹・風疹ワクチン:過去に接種済みでも免疫(抗体)が形成されていない場合は再接種してください。
  • ポリオワクチン:2014年に14年ぶりにイラクでポリオ(急性灰白髄炎)の患者が発生しています。これまでワクチン未接種の場合には渡航前にワクチン接種をご検討ください。 経口ワクチンと注射ワクチンがあります。

小児

 定期予防接種(DPT、MMR、水痘等)は全て接種することをお勧めします。また、成人と同様にA・B型肝炎ワクチン、及び必要に応じて、腸チフスワクチン、狂犬病ワクチンをお勧めします。

(2)イラクの小児定期予防接種一覧

イラクの小児定期予防接種一覧
予防接種 初回 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目
BCG 出生時          
DPT(ジフテリア・百日咳・破傷風) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 18ヶ月 4-6歳  
B型肝炎 出生時 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月    
OPV/(経口ポリオ生ワクチン) 出生時 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 18ヶ月 4-6歳
IPV (筋注ポリオ不活化ワクチン) 4ヶ月 6ヶ月      
麻疹 9ヶ月          
MMR(麻疹・おたふく・風疹) 12ヶ月 18ヶ月        
Hib(ヘモフィルスインフルエンザ) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月      
肺炎球菌 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月      
ロタウイルス 2ヶ月 4ヶ月        
ビタミンA 9ヶ月 18ヶ月 4-6歳      

(注)おたふく、風疹の個別接種は行われていません。

(注)DPT、B型肝炎、 Hibは、 5種混合ワクチンとして接種されています。

8 病気になった場合(医療機関等)

 イラクでは安全かつ医療設備の整った医療機関はなく、病気になった場合には国外での治療を第一に考慮する必要があります。緊急時の応急処置・緊急移送対応が可能な病院も限られており、状況によっては対応が非常に困難な場合もあります。なお、イラク国内では、固定電話網が殆ど機能していないため、記載の電話番号は受付とコンタクトパーソンの携帯電話です。電話番号が変更となり繋がらないことも多いため、病院などの場所を事前に確認しておくことをお勧めします。更に、加入している医療保険が該当病院をカバーしているか、事前に医療保険会社に確認しておくことをお勧めします。

◎バグダッド

(1)Ibn Sina Hospital(イブン・シーナ・ホスピタル)
所在地:Haifa Street、 District 228、International Zone(IZ)内、在イラク・オーストラリア大使館の隣
電話:(077)-0250-6247
概要:2009年9月まではイラク駐留米軍管理下で外傷専門病院として機能していましたが、 その後、イラク政府に管理が移管され、改装と医療設備の整備等が行われ、2012年4月より再びオープンしました。64スライスCT室、1.5 テスラMRI室、カテーテル検査治療室と手術室を備え、入院病棟があります。外来診療科には、内科、外科、整形外科、産婦人科、小児科、 耳鼻咽喉科、救急外来、及び歯科があります。外来診療時間は9時から12時までですが、 24時間救急対応可能で、救急車が常時配置されています。英語がかろうじて通じます。支払いはイラクディナール現金のみです。今まで日本人の外来受診はありますが、入院はありません(注意:International Zone内へ入る事が必要です)。
(2)Baghdad Teaching Hospital
所在地:Medical City、Rusafa、Baghdad
電話:(077)-0276-9955
概要:Medical Cityは、バグダッド市内の保健省に隣接する複数の病院からなる病床総数3、000床以上の中東でも有数の規模を誇る公立病院群で、バグダッド大学医学部の教育病院でもあります。 専門病院では、 脳外科手術、 経皮的冠動脈形成術、心臓バイパス手術、血液透析も行われており、64スライスCT、1.5 テスラMRI等の最新のME機器も配備されています。
Medical Cityで最も古いBaghdad Teaching Hospitalは、約1000床の病院で、一般外科、 内科(一般内科、血液内科、呼吸器内科、神経内科、腎臓内科、リウマチ内科)、産婦人科(一般産科、婦人腫瘍科、周産期科、胎児科、人工授精科)、精神科、救急部があります。救急外来は24時間対応で受付後、一般救急外来か外傷用外科救急外来に振り分けられます。外来診療時間は9時から12時までですが、24時間救急対応可能で、救急車が常時配置されています。英語がかろうじて通じます。支払いはイラクディナール現金のみです。今まで日本人の外来受診および入院はありません。レッドゾーンに位置するため受診にあたっては十分注意が必要です。
(3)Baghdad Diplomatic Support Center
所在地:バグダッド国際空港隣接
電話:米大使館のMedical Duty Officer(緊急連絡担当医)を通じて連絡。
概要:元米軍基地内にあった病院で現在は米国務省が管理し、Comprehensive Health Service社(米民間会社)(https://www.chsmedical.com別ウィンドウで開く)が運営しています。 64スライスCT設備のある24時間対応可能な救急外来と入院設備がありますが、事前契約が必要で利用者は限定されています。外国人の利用は四肢切断と生命の危険がある等の重大な傷病時に限られています。また、原則的に国外移送を前提としており、入院期間もごく短期間に限定されています。
英語が通じます。支払いは契約に依存します。今まで日本人の受診および入院はありません。

○バスラ

(1)Al-Sadir Teaching Hospital
所在地:Al-Baradiyah、Shatt al-Arab川の西岸・Alkhora川の南岸に面し、バスラ医科大学に隣接
電話:(078)-0140-5710
概要:小児科、産婦人科を除いた全科をカバーしているバスラで最も大きな公立病院です。 交通事故や転落事故でまず搬送される病院です。64スライスCT、1.5テスラMRIがあります。 経皮的冠動脈形成術を行っています。外来診療時間は9時から12時までですが、24時間救急対応可能で、救急車が常時配置されています。英語がかろうじて通じます。支払いはイラクディナール現金のみです。今までに、緊急医療搬送会社経由で、日本人の入院手術例があります。

9 その他の詳細情報入手先

在イラク日本国大使館 ホームページ:
https://www.iraq.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

10 現地語・一口メモ

 医師・看護師は英語を話せる場合が多いですが、アラビア語が出来るとよりスムーズに受診できます。英語に関しては、「世界の医療事情」冒頭ページの一口メモ(もしもの時の医療英語)を参照願います。

(参考)困った時の医療アラビア語(イラク・バグダッド編)

日本語:EnglishArabic (pronunciation) カタカナ

医師:Doctor:Dectoor ドクトール

飲み薬:Medicine:Duwaa ドゥワー

注射:Injection:Ubra ウブラ

頭痛:Headache:Sudaa’a スダー

胸痛:Chest Pain:Alam Sader アラム・サドゥル

腹痛:Abdominal Pain:Alam Baten or Maaghss アラム・バタン または マガス

下痢:Diarrhea:Eshaal イスハール

発熱:Fever:Sakhuna スフーナ

嘔気:Nausea:La’aban Nafsu ラアバーン・ナフス

傷:Wound:Jareh ジャラハ

具合が悪い。:I don’t feel well.:Malihorqu マーリーホルク

病院へ連れて行って欲しい。:Would you take me to the hospital?:Mumken Ta’akhuthny Lilu Mustashfa ムンケン・タアホズニー・リル・ムスタシュファ

頭:Head:Ra’as ラアス

首:Neck:Raguba ルグバ

背中:Upper Back:Dhahr ザハル

胸:Chest:Sader サデル

腹:Abdomen:Baten バテン

肩:Shoulder:Kitef キティフ または Chetef チェティフ

二の腕:Upper arm:Zened ゼネドゥ(腕全体:Eidu イイドゥ)

肘:Elbow:’Akis アキス

前腕:Forearm:Saa’ad サーアド

手首:Wrist:Mua’asem ムアーセム

手:Hand:Kaf カフ または Chaf チャフ

指:Finger:Usba’a ウスバア(単数) Asaabiu’ アサービウ(複数)

腰:Lower Back:Asfel Al Daher アスフェル・アル・ダハル

股:Hip:Wilik ワリク

大腿(太もも):Thigh:Fufud フフォドー(脚全体::Rijul リジュル)

膝:Knee:Rukba ルカバ

下腿(すね):Leg:Saak サアク

足関節:Ankle:Kahel カーへル

足:Foot:Kadem カデム

趾(あしゆび):Toe:Usba’a Kadem ウスバア・カデム(単数) Asaabiu’ Kadem アサービウ・カデム(複数)

苦しいです。:I feel oppressed.:Mutdhaiqu ムットダーイク

寒気がします。:I feel chilly.:Bardan バルダーン

発熱であついです。:I have hot flashes.:Bawba バゥハ

だるいです。:I feel weary.:Ta’aban タァバーン

めまいがします。:I feel dizzy.:Daikhu ダーイフ

耳鳴りがします。:My ears are ringing.:Utheny Biha Wanna ウズニー・ビーハ・ワンナ

(足が)痛いです。:My (foot) hurts.:Qadamy Tuwjaani カダミ・トゥジァアニー

しびれます。:I become numb.:Munanmer ムナンメル

手(足)に力が入りません。:My hand (foot) feels weak.:Eidi (Rijuli) Ta’abaana イーディー(リジュリー)・タアバーナ

かゆいです。:I feel itchy.:Indi インディー

眠いです。:I feel asleep.:Na’asaan ナァサーン

咳:Cough:Gaha ガッハ

痰:Sputum:Balghem バルガム

鼻水:Nasal Discharge:Nashura ナシュラ

鼻血:Nosebleed:Nazeef ナズィーフ

息切れ:Shortness of Breath:Nafsi Dhaiiq ナファス・ダイイク

便秘:Constipation:Emsaak エムサーク

尿が出ない。(尿閉):I can’t discharge urine. (Urinary retention):Ma Akudar Aboulマー・アクダル・アブール

手(足)を捻りました。:I twisted the hand (foot).:Luweitu Eidi(Qadami) ルウェイトゥ・イーディー(カダミー)

手(足)をぶつけました。:I bumped the hand (foot).:Dharabutu Eidi(Qadami) ダラブトゥ・イーディー(カダミー)

手(足)を切りました。:I cut the hand (foot).:Jarahit Eidi(Qadami) ジャラシットゥ・イーディー(カダミー)

手(足)をやけどしました。:I got burned.:Ehtaraqit エフタラクト

ダニに刺されました。:I was bitten by a tick.:Gaasa’atny Hashara ガアサトニ・ハシャラ

11 新型コロナウイルス関連情報

 感染者数、死亡者数など最新の情報については、イラク保健省ホームページおよびフェイスブックのイラク保健省ページを参照してください。

イラク保健省ホームページ:https://moh.gov.iq/index.php別ウィンドウで開く

フェイスブック(イラク保健省ページ):https://www.facebook.com/MOH.GOV.IQ/別ウィンドウで開く

 2020年10月現在、感染拡大が継続しており十分な感染予防対策が必要です。感染が疑われる場合にはイラク保健省指定の医療機関を受診することになります。


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る