世界の医療事情

タンザニア

2022年10月

1.国名・都市名 (国際電話番号)

 タンザニア連合共和国(国際電話国番号255)

2.公館の住所・電話番号

○ 在タンザニア日本国大使館 (毎週土日休館)
住所:Embassy of Japan in Tanzania, Plot No.1018, Ali Hassan Mwinyi Road, Dar es Salaam
電話:(022)-2115827/9
ホームページ:https://www.tz.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

※土日以外の休館日は暦年ごとにホームページで案内しています。

4.衛生・医療事情一般

 タンザニアはアフリカの東部、赤道の南側に位置し、面積は日本の約2.5倍です。東側のインド洋沿岸地方は年間を通じて気温と湿度が高いものの、国土の大半は標高1,000 m を超える高原地帯に属しており、比較的涼しく、かつ乾燥しています。四季は明確でなく、雨期(3~5月:大雨期、11~12月:小雨期)と乾期に分けることはできますが、近年の気候変動によりその区分は不明瞭になりつつあります。最も暑い時期(12~2月)には、ダルエスサラームなど沿岸部の最高気温は35℃に達しますが、寒い時期(6~8月)の北部及び南部高地の最低気温は10℃を下回ります。短期旅行の場合は、時期と訪問先を考慮した服装の準備が必要です。

 衛生状態はあまりよくなく、コレラや食中毒が日常的に発生しています。水道水は飲用に適しておらず、ミネラルウォーターか浄水器を使用した水を一度沸騰させてから飲むようにしてください。

 日本と同じ医療水準の施設はありません。また、慢性的な医師不足や看護師などの医療従事者の衛生観念の欠如など、安心して医療を受けられる状況にはありませんが、ダルエスサラームなど主要都市には比較的検査機器が備わった私立総合病院があり、診断に必要な検査を受けることも難しい公立病院や地方都市の病院とは大きな違いがあります。大きな都市にある総合病院の多くは24時間体制で救急医療を行っており、病院内に薬局が併設されています。市中の薬局には偽薬が出回っていることもあるため、なるべく病院内で購入することをお勧めします。ただし、購入できる薬は種類が限られ、流通が不安定でもあるため、常用薬と常備薬は日本から持参するようにしてください。

 救急車は、受診する病院あるいは民間の救急搬送サービスに連絡し、車両の派遣を要請してください。

 治療費は、現地通貨による現金払いが一般的です。一部の私立病院ではクレジットカードによる支払いも可能ですが、海外旅行傷害保険のキャッシュレスサービスはほとんど利用できません。入院が必要な場合は高額の保証金を求められることがあります。

 タンザニア国内には開頭手術(くも膜下出血、脳出血等の治療)を行うことができる医療機関はなく、他の疾患でも治療が難しいと判断された場合、ケニア、南アフリカあるいはヨーロッパ等への移送を検討することになり、数千万円の費用が必要になることもあります。必ず海外旅行傷害保険に加入し、(死亡ではなく)「治療救援費用」の十分な補償を確保なさることを強くお勧めします。

5.かかり易い病気・怪我

(ア)マラリア

 タンザニアは世界で最もマラリア患者が多く発生する国の1つで、ダルエスサラーム周辺でも日常的に発生しています。マラリア原虫を有するハマダラカ(蚊)に刺されることで発症し、予防接種はなく、蚊に刺されないようにすることが基本的な予防策になります。ハマダラカは夕方から明け方にかけて吸血行動をとるので、夜間は不要な外出を控え、外出するときは長袖・長ズボンを着用し、併せて虫除けスプレーを使用してください。日没後は窓を閉めるか網戸にし、蚊取り線香・電子蚊取り器や蚊帳を使用してください。

 タンザニアで発生しているマラリアの大半は、症状の重い熱帯熱マラリア(別名:悪性マラリア)です。その潜伏期間は7~30日で、突然の発熱で発症します。悪寒が強く、頭痛や倦怠感、下痢を伴うこともあります。治療が遅れると命に関わるため、高熱が出たら迷うことなく、(地方都市の滞在の場合でも)ただちに最寄りの医療機関を受診してください。

 なお、マラリア治療薬を予防的に内服することで発症を防ぐことも可能ですが、100% 予防できる保証はなく、また滞在期間前から帰国後まで長期間服用する必要があり、副作用により体調を崩すこともあるため、主治医と必要性を十分検討した上で服用してください。

 潜伏期間の関係で、タンザニア出国後(もしくはマラリア流行地を離れて)1ヶ月以内に発熱が認められた場合は、マラリアの可能性も想定し、医療機関を受診しマラリア汚染地域に滞在していた旨を必ず医師に伝えてください。

(イ)デング熱

 デングウイルスを有する蚊に刺されることで感染します。潜伏期間は4~7日間で、突然の高熱、頭痛、関節痛で発症し、解熱後には発疹が認められます。まれに重症化して死亡することがあります。予防接種や治療薬はなく、蚊に刺されないようにすることが唯一の予防策です。発熱が認められた場合は、マラリアと同じく早めに医療機関で検査を受けてください。

(ウ) 腸管感染症(コレラ、腸チフス、赤痢、ノロウイルスなど)

 細菌やウイルスに汚染された飲食物・水や食器などを介して口から感染します。嘔吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が単独または複数みられ、飲食物を摂取してから発症するまでの潜伏期間は、病原体により、数時間から数週間と大きく異なります。ヒトからヒトへ直接うつる事はありませんが、吐物・排泄物や手が触れた場所などから感染することがあるので、これらを処理する際は十分注意し、こまめに手洗いや消毒を行って下さい。ほとんどの病原体は加熱することによって死滅するため、外食時には生水や氷は避け、しっかり加熱された料理を冷めないうちに食べるようにしてください。下痢や嘔吐があれば、できるだけ水分やミネラルを摂るように努め、高熱、頻回の水様便や嘔吐、血便、ひどい腹痛が認められた場合は医療機関を受診してください。
腸チフスとコレラに対するワクチンがあり、ある程度の感染予防効果があります。

(エ)高山病

 アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ山は標高が6,000 m近い高山ですが、特別な技術や装備を要しない山として登山客に人気です。しかし、高山病や登山による持病の悪化により登山者が亡くなるケースが毎年発生しています。

 高山病は、標高が高くなるにつれて空気中の酸素濃度が低下し、身体が酸欠状態になることで発症します。初期には頭痛、めまい、吐き気、むくみ、眠気などが認められ、さらに状態が悪化すると脳が腫れ、肺に水が溜まり、やがて死に至ります。何らかの初期症状が認められたら、無理をせず下山してください。高山病は高度を下げることで速やかに回復します。

(オ)ウイルス性肝炎

 A型、B型、C型、E型肝炎ウイルスが蔓延しています。A型とE型は食べ物や水などから経口感染し、B型とC型は血液や体液を介して感染(輸血を含む医療行為や性交渉など)します。A型肝炎とB型肝炎ウイルスには予防接種があります。

(カ)その他

 狂犬病、破傷風、チクングニヤ熱、流行性髄膜炎、住血吸虫症、アフリカ睡眠病、象皮症(フィラリア症)、レプトスピラ症などの病気が発生しています。タンザニアの HIV 感染率は約5%で、感染の大半は異性間性交渉によるものと言われています。

6.健康上心がける事

(ア) 感染症予防のため、手洗いやアルコール消毒、うがいをこまめに行ってください。

(イ)食中毒予防のため、屋台や路地での飲食は避けてください。

(ウ)狂犬病予防のため、ペットを含め動物には手を触れないよう注意してください。

(エ)マラリア、デング熱予防のため、蚊対策は必須です。

(オ)日射しが強いので、帽子やサングラスを着用し、紫外線対策をしっかりとってください。

(カ)バイクタクシーやバジャージと呼ばれる三輪タクシーが頻用されていますが、バスも含めて交通マナーが悪く、重大な事故も頻発しています。利用はなるべく控えてください。

7.予防接種

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(ア)赴任者に必要な予防接種

 入国に必要な予防接種はありません。黄熱に関しては、黄熱感染国からの全て(1歳未満、60歳以上は医療機関に相談)の入国者及び12時間以上のトランジットの場合は、イエローカード(黄熱ワクチン接種証明書)の提示が求められます。黄熱感染リスクのない国(日本など)から直接タンザニアへ入国する場合、イエローカードの提示は不要です。ただし、規則が突然改定されることもあるため、入国前にご確認ください。

 赴任にあたり、以下の予防接種を推奨しています。

  • 成人:A型肝炎、腸チフス、破傷風、B型肝炎、髄膜炎菌、狂犬病
  • 小児:日本の定期予防接種の完了に加え、A型肝炎、腸チフス、狂犬病、髄膜炎菌

(イ)タンザニアにおける小児の定期予防接種

出生時6週10週14週9ヶ月1歳半9歳
BCG            
5種混合 *1        
肺炎球菌        
経口生ポリオ        
不活化ポリオ            
ロタウイルス          
MR(麻疹・風疹)          
ヒトパピローマウイルス(2回)            
破傷風トキソイド 妊娠可能年齢・妊娠女性

*1 DPT(ジフテリア・百日咳・破傷風)、B 型肝炎、インフルエンザ菌 b 型 

(ウ)小児が現地校に入学・入園する際に必要な予防接種・接種証明

 提出の必要性については、入学予定の学校に直接お問い合わせください。

8.病気になった場合(医療機関等)

○ダルエスサラーム

(1)Aga Khan Hospital
所在地:Barrack Obama Road, Dar es Salaam
電話:(022)-2115151/3 EXT.4029(外来)、(022)-2124111(救急)
FAX:(022)-2115904
ホームページ:https://www.agakhanhospitals.org/DarEsSalaam別ウィンドウで開く
概要:ダルエスサラーム市街地(タンザナイトブリッジ南側入口近く)に位置する24時間対応の私立総合病院。CTスキャンやMRIなど検査機器が充実しており、国内では診療水準の高い医療機関の一つです。内科、外科、産婦人科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、泌尿器科等、専門医の診察を希望する場合は診察日の確認が必要です。クレジットカード(VISA、 MasterCard)が利用できます。院内薬局、有料の救急車派遣サービスがあります。歯科が併設されており、矯正やインプラント治療も行っています。
(2)DSM International Medical Clinic (IST Clinic)
所在地:Ruvu Street, Masaki, Dar es Salaam
電話:0784-783393(代表)、0684-7833920、0782-783393(救急)、0784-783393(当番医)
FAX:(022)-2600127
ホームページ:https://www.istclinic.com別ウィンドウで開く
概要:邦人を含む外国人が多く住むムササニ半島に位置するオランダ人医師経営のクリニック。プライマリケア医として、産婦人科、小児科を含め幅広く対応し、診察時間は平日が8:00~18:00、 土曜日は8:00~16:00(午前中の診察は要予約)ですが、緊急電話に連絡の上、時間外の救急診察を受けることも可能です。妊婦検診、乳児検診、予防接種(黄熱病など)での邦人の受診があります。レントゲン装置はありません。クレジットカード(VISA、MasterCard)が利用できます。
(3)London Health Centre
所在地:Kimweri Avenue, Msasani, Dar es Salaam
電話:(022)-2664839、0744-542542、0676-542542
ホームページ:https://www.lhc.co.tz別ウィンドウで開く
概要:ムササニ半島に位置し、入院施設のある中規模の私立病院。家庭医(総合医)、小児科、産婦人科と、各科専門外来、レントゲン装置、院内薬局があります。邦人の歯科の利用があります。
(4)Saifee Hospital Tanzania
所在地:Plot 4, Ali Hassan Mwiniyi Road, Next to Jangid Plaza, Dar es Salaam
電話:0747-535353、(022)-2665353
ホームページ:http://www.saifeehospital.co.tz/別ウィンドウで開く
概要:ムササニ半島の付け根に近い地域の中規模の私立総合病院。24時間対応の救急室、産婦人科、小児科、人工透析などの施設があります。邦人の新型コロナウイルスのPCR検査の利用があります。
(5)Premier Care(Namanga Branch)
所在地:259, Ali Hassan Mwinyi Road, Namanga, Kinondoni (next to Best Bite Restaurant), Dar es Salaam
電話:(022)-2668385
ホームページ:https://premiercareclinic.com別ウィンドウで開く
概要:総合医による診察が受けられる上記クリニックのほか、Masaki Branch では専門医(産婦人科、小児科、整形外科、耳鼻咽喉科)の診察が受けられます。
(6)Sali International Hospital
所在地:Plot 589 Yacht Club Rd, Masaki, Msasani Peninsula, Dar es Salaam
電話:(022)-2601296(代表)、(022)-2601265(救急)、0786-217938
ホームページ:http://www.salihospital.com別ウィンドウで開く
概要:ムササニ半島の岬近くに位置する24時間対応の私立総合病院。乳がん検診など健診に力を入れているほか、不妊治療のためのIVFセンターも併設しています。クレジットカード(VISA、MasterCard)が利用できます。有料の救急車派遣サービスがあります。
(7)Regency Medical Centre
所在地:Alykhan Road, Upanga, Dar es Salaam
電話:(022)-2150500、0784-417500(代表)、0787-228801, 0685-530912(救急)
FAX:(022)-2150180
ホームページ:https://www.regencymedicalcentre.com別ウィンドウで開く
概要:ダルエスサラーム市街地に位置する24時間対応の私立総合病院。院内に検査専門機関 Lancet Laboratory があり、検査(血液、尿、便など)だけを受けることも可能です。クレジットカード(VISA、MasterCard)が利用できます。有料の救急車派遣サービスがあります。
(8)Dental Studio
所在地:1st floor Sea Cliff Village, Dar es Salaam
電話:(022)-2601155, 0753-601155
ホームページ:http://www.dentist.co.tz別ウィンドウで開く
概要:在留外国人の利用が多い歯科クリニック。ムササニ半島の岬近くに位置し、英国で歯科を学んだ医師が診療を行っています。清潔なクリニックには英国のスタンダードが取り入れられており、治療材料や詰め物も英国に発注するなど診療水準は高いものの、料金も高めです。診察時間は9:00~17:00(日曜日を除く)です。クレジットカード(VISA、MasterCard)が利用できます。
(9)Muhimbili National Hospital/Medical Center (MNH)
所在地:Kalenga Street, Upanga, Dar es Salaam
電話:(022)-2151351、2123576、2151367
FAX:(022)-2123596
ホームページ:http://www.or.tz別ウィンドウで開く

◎ドドマ

(1)Benjamin Mkapa Hospital
所在地:University of Dodoma, Dodoma
電話:(026)-2963710(代表)
概要:2016年開業の地域最大かつ最新の公立総合病院。ドドマ市街地からやや離れたドドマ大学敷地内にあり、CTスキャンやMRIなど検査機器が充実しています。救急診療は24時間対応で行っています。支払いにはクレジットカード(VISA、MasterCard)が利用できます。有料の救急車派遣サービスがあります。
(2)Dodoma Christian Medical Centre(DCMC)
所在地:Imagi Hill Ntyuka, Dodoma
電話:(026)-2321051(代表)
ホームページ:https://www.dcmct.or.tz別ウィンドウで開く
概要:ドドマ郊外に位置する24時間対応の中規模総合病院。2016年に建て替えられた施設は明るく清潔です。米国アリゾナ州立大学と提携した歯科も併設されており、衛生的な治療を受けることができます。支払いは現金のみです。有料の救急車派遣サービスがあります。
(3)Aga Khan Health Centre
所在地:6th Street, Dodoma
電話:(026)-2321789(受付)
ホームページ:http://www.agakhanhospitals.org/DarEsSalaam/DodomaCentre別ウィンドウで開く
概要:ドドマ市街地に位置する24時間対応のクリニック。レントゲン装置があり、簡単な外科処置を行っています。Eye Care Centerが併設されており、眼鏡を作ることができます。支払いは現金のみです。

○アルーシャ

(1)Arusha Lutheran Medical Centre
所在地:Makao Manya Road / Wachaga Street, Arusha
電話:(027)-2548030(代表)、0736-502376(救急車)
ホームページ:http://almc.or.tz別ウィンドウで開く
概要:ルーテル教会が運営する24時間対応の私立総合病院。米国人の医師や看護師が診療を支援しています。クレジットカード(VISA、MasterCard)が利用できます。有料の救急車派遣サービスがあります。
(2)NSK Hospitals
所在地:Esso Road, Unga Limited Area, Arusha
電話:0626-221331(代表)
概要:2016年開業の私立病院。診察時間は平日が8:30~17:30、土・日曜日は8:30~13:30です。CTスキャンに加えて地域で唯一のMRIがあり、各種検査及び診断に力を入れています。透析治療を受けることも可能です。クレジットカード(VISA、 MasterCard)が利用できます。有料の救急車派遣サービスがあります。
(3)Aga Khan University Hospital Arusha Medical Centre
所在地:Block H, Area F, Plot 506, St. Benjamin Street, Arusha
電話:(043)-662502
概要:ダルエスサラームにあるAga Khan Hospitalと同じ系列のクリニック。診察時間は平日8:30~17:30、土曜日8:30~17:00、日曜日10:00~14:00です。清潔で、CTスキャンやレントゲン装置、マンモグラフィなど検査機器が充実しています。クレジットカード(VISA、MasterCard)が利用できます。有料の救急車派遣サービスがあります。

○モシ

(1)Kilimanjaro Christian Medical Centre (KCMC)
所在地:Sokoine Road, Moshi
電話:(027)-2754377/78/79/80(代表)
FAX:(027)-2754381
ホームページ:http://www.kcmc.ac.tz/別ウィンドウで開く
概要:北部地域で最大規模を誇る24時間対応の総合病院。Kilimanjaro Christian Medical Universityの付属病院として、専門医による診療も広く行われています。クレジットカード(VISA、MasterCard)が利用できます。有料の救急車派遣サービスがあります。

○ザンジバル

(1)Tasakhtaa Global Hospital
所在地:Vuga Street, Zanzibar
電話:(024)-2232341(代表)、(024)-2232222、0779-770577(救急)
ホームページ:http://tasakhtaahospital.co.tz/別ウィンドウで開く
概要:2015年に開業した24時間対応の私立総合病院。清潔で、CTスキャンなど検査機器も充実しています。島外への緊急移送も手配が可能です。有料の救急車派遣サービスがあります。クレジットカード(VISA、MasterCard)が利用できますが、3%の手数料が加算されます。
(2)Zanzibar Hyperbaric Chamber
所在地 : Matemwe, Zanzibar (Fairmont Resort敷地内)
電話:0777-788500 (Dr. Henrik携帯)
概要:潜水病治療が可能な高圧酸素チェンバーを有する施設。Dr. Henrikが個人で運営をしています。24時間対応ですが、施設に人がいない事が多いため、電話による事前予約が必要です。

9.その他の詳細情報入手先

(1)在タンザニア日本国大使館:https://www.tz.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consulate_medical.html別ウィンドウで開く

(2)厚生労働省検疫所:https://www.forth.go.jp/destinations/country/e_africa.html別ウィンドウで開く

10.一口メモ(もしもの時の医療英語)

  「世界の医療事情」冒頭ページの一口メモ(英語)を参照願います。

11.新型コロナウイルス感染症

 2020年3月16日に初感染例が報告され、同年5月8日時点の総感染者数509人、総死者数21人の報告以降、COVID-19に関する公式発表はありませんでしたが、対策に消極的であった前大統領が急逝し、副大統領であった現職のサミア大統領が就任後、2021年8月から定期的な感染報告が再開されました。2021年12月~2022年1月の感染増加の波も沈静化し、サーベイランスの包括性に不安はありますが、現在は全国で1日10~30例程度の低い報告数にとどまっています。(2022年10月)

 発熱などの症状があり COVID-19 が疑われる場合は、感染対策上の不安の少ない私立医療機関を受診されることをお勧めします。感染対策のための、マスク、手指消毒液、清掃用消毒液などは、一般の薬局やスーパーで入手可能です。

 入国には、QR コード付ワクチン接種証明書または PCR 検査陰性証明書の提示が必要です。入国のための必要書類はたびたび変更されるので、最新の情報を入手して下さい。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る