欧州

令和5年4月28日

新着情報

「中央アジア+日本」対話とは

  • (1)「中央アジア+日本」対話は、平成16年8月、川口外務大臣(当時)により、中央アジア諸国との対話と協力の枠組みとして立ち上げられました。
  • (2)日本としては、自由で開かれた中央アジアが、法の支配に基づく国際秩序を維持・強化し、持続可能な発展を実践するために協力を継続しています。
  • (3)最近では、令和4年12月、第9回外相会合を開催しました。同会合において、林大臣と中央アジア5か国の外相は、ア 激変する国際情勢の中での中央アジアと日本との協力、イ 従来からの不安定化リスクへの対処のための協力、並びにウ 地域情勢・国際情勢について意見交換を行い、共同声明を発出しました。次回の外相会合はカザフスタンで行われる予定です。
  • (4)「中央アジア+日本」対話の枠組みの中では、外相会合、高級実務者会合(SOM)、専門家会合、ビジネス対話、東京対話(有識者による公開シンポジウム)を実施しています。

参加国一覧

「中央アジア+日本」対話・高級実務者会合(SOM)

「中央アジア+日本」対話・東京対話

第12回東京対話(令和5年3月)

第12回東京対話(令和2年3月:中止)

第11回東京対話(平成30年7月)

第10回東京対話(平成29年8月)

第9回東京対話(平成28年9月)

第8回東京対話(平成28年3月)

第7回東京対話・中央アジア・シンポジウム(平成27年3月)

第6回東京対話(平成26年3月)

第5回東京対話(平成25年3月)

その他

おすすめ情報

欧州へ戻る