報道発表

日・キルギス外相会談(概要)

平成24年11月10日
日・キルギス外相会談1(概要) 日・キルギス外相会談2(概要) 日・キルギス外相会談3(概要)






 本10日午後15時45分から約35分間,玄葉光一郎外務大臣は,「中央アジア+日本」対話・第4回外相会合出席のため来日中のエルラン・アブディルダエフ・キルギス共和国外相(H.E. Mr. Erlan ABDYLDAEV,Minister of Foreign Affairs of the Kyrgyz Republic)と外務省において会談を行うとともに,「日本国外務省とキルギス共和国外務省の間の協力に関するプログラム(2012-1017)」への署名を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,玄葉大臣から,キルギスの民主化と開かれた国造りを評価するとともに,会談に先立ち署名された両国外務省間の協力プログラムに基づいて二国間関係を一層推進したい旨述べました。
  2. これに対しアブディルダエフ外相は,外交関係樹立からの20年間で二国間関係が高いレベルに達していることを評価するとともに,我が国が実施してきた様々な支援に対して謝意の表明がありました。
  3. また,アブディルダエフ外相は,省エネルギーや鉱山開発における我が国との協力状況について言及するとともに,我が国との経済関係の強化への期待を表明しました。これに対し玄葉大臣からは,我が国によるこうした協力が日本企業進出の契機となることを期待している旨述べました。
  4. 玄葉大臣から,「中央アジア+日本」対話の次回外相会合も是非成功させたく,次期議長国としてのキルギスの活躍に期待したい旨述べたのに対し,アブディルダエフ外相は,次回会合の成功に向けて日本と協力していきたい旨述べました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る