ODA(政府開発援助)

令和2年3月27日

主要援助国のODA実績の推移

 OECD開発援助委員会(DAC)においては,2018年のODA実績から,従来の支出純額(ネット)方式に代えて,贈与相当額計上方式(注1)が標準のODA計上方式として導入されました。この方式による我が国の2018年のODA実績は,DACメンバー中,第4位でした。
 なお,支出総額(グロス)方式でも我が国は前年に続き第4位でした。支出総額は前年に比べ,ドルベースで6.6%減,円ベースで8.0%減となりましたが,減少の主な要因は,二国間援助における有償資金協力(円借款等)が減少したことが挙げられます(注2)。

 (注1)
 贈与相当額計上方式(Grant Equivalent System:GE方式)は,有償資金協力について,贈与に相当する額(贈与相当額)をODA計上するもの。贈与相当額は,支出額,利率,償還期間等の供与条件を定式に当てはめて算出され,供与条件が緩やかであればあるほど額が大きくなる。
 従来の純額(ネット)方式においては,日本の有償資金協力は,過去の貸付の回収額がマイナス計上されることによって相殺されてしまい,合計がマイナスになった年もあった。一方,新たなGE方式では,回収額のマイナス計上がなくなり,有償資金協力の「贈与相当額」がプラス計上されるのみとなり,また,日本の有償資金協力は額が大きい上に供与条件が緩やかであるため,「贈与相当額」も大きくなる。その結果,日本の場合,純額方式に比べ,GE方式では,約4割大きく計上されることになった。

 (注2)
 2019年4月11日付外務省報道発表「OECDによる2018年の各国ODA実績(暫定値)の公表」では,前年に比べ減少した主な要因として,「国際機関への拠出・出資等の減少」が挙げられているが,その後の確定値の報告・公表に向けた作業において一部の案件の分類が変更された結果,減少の主な要因は「二国間援助における有償資金協力の減少」に入れ替わった。

 (注3)
 支出総額(グロス)と支出純額(ネット)の関係は次のとおり:支出純額=支出総額-回収額(過去の貸付が返済された額)

主要援助国のODA実績の推移(OECD/DAC標準) 2017年まで支出純額ベース,2018年から贈与相当額ベース

主要援助国のODA実績の推移(OECD/DAC標準) [2017年まで支出純額ベース,2018年から贈与相当額ベース]
OECD/DAC標準
[支出純額ベース(2017年まで)/贈与相当額ベース(2018年から) ]
 (単位:百万ドル) 
  2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
米国 28,831 29,656 30,966 30,652 31,267 33,096 30,986 34,421 34,732 34,152
ドイツ 12,079 12,985 14,093 12,939 14,228 16,566 17,940 24,736 25,005 24,977
英国 11,283 13,053 13,832 13,891 17,871 19,263 18,553 18,053 18,103 19,410
日本 9,467 11,058 11,086 10,605 11,469 9,483 9,203 10,417 11,463 14,164
フランス 12,602 12,915 12,997 12,028 11,339 10,620 9,039 9,622 11,331 12,136
イタリア 3,297 2,996 4,326 2,737 3,430 4,009 4,003 5,087 5,858 5,190
カナダ 4,000 5,214 5,459 5,650 4,947 4,240 4,277 3,930 4,305 4,660
  • 出典:OECD/DAC
  • 卒業国向け実績を除く。
主要援助国のODA実績の推移(支出総額ベース)
主要援助国のODA実績の推移(支出総額ベース)
支出総額ベース
 (単位:百万ドル) 
  2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
米国 29,659 30,530 32,285 31,398 32,158 33,864 31,736 35,140 35,451 34,521
ドイツ 13,342 14,386 15,596 14,570 16,221 19,347 19,752 26,819 27,837 28,637
英国 11,490 13,401 14,174 14,267 18,286 19,874 18,684 18,204 18,230 19,656
日本 16,451 18,865 20,247 18,662 22,414 15,925 15,028 16,808 18,461 17,250
フランス 14,113 14,375 14,436 13,557 12,880 12,540 10,944 11,742 13,654 15,383
イタリア 3,476 3,180 4,626 2,837 3,510 4,096 4,056 5,159 6,089 5,207
カナダ 4,041 5,258 5,506 5,703 4,990 4,286 4,320 3,974 4,352 4,689
  • 出典:OECD/DAC
  • 卒業国向け実績を除く。
DAC諸国における政府開発援助実績の国民1人当たりの負担額(2018年)
DAC諸国における政府開発援助実績の国民1人当たりの負担額(2018年)
(単位:ドル)
国名 負担額
ノルウェー 798.8
ルクセンブルク 776.0
スウェーデン 571.7
デンマーク 445.8
スイス 363.1
オランダ 327.1
ドイツ 300.9
英国 292.3
アイスランド 212.0
ベルギー 202.4
アイルランド 192.2
フランス 181.2
フィンランド 178.3
オーストリア 132.4
カナダ 125.1
オーストラリア 124.0
ニュージーランド 113.7
日本 112.0
米国 104.4
イタリア 85.9
スペイン 60.5
韓国 45.6
スロベニア 40.3
ポルトガル 40.0
ハンガリー 29.1
チェコ 28.7
ギリシャ 27.0
スロバキア 25.3
  • 出典:DAC統計(DAC Statistics on OECD. STAT)
  • 贈与相当額ベース
  • 卒業国向け援助を除く

日本の二国間政府開発援助の供与相手国上位10か国(2018年)

順位 二国間援助計
国または地域名 支出総額 国または地域名 支出純額
1 インド 2,231.91 インド 1,375.40
2 バングラデシュ 1,297.71 バングラデシュ 1,179.28
3 ベトナム 673.85 ミャンマー 536.90
4 インドネシア 637.77 イラク 474.17
5 フィリピン 562.50 ベトナム 203.75
6 イラク 555.01 ウズベキスタン 189.38
7 ミャンマー 536.90 アフガニスタン 188.03
8 エジプト 294.58 カンボジア 159.36
9 タイ 270.82 モザンビーク 142.94
10 ケニア 224.12 ケニア 137.99

(単位:百万ドル)

国際比較

DAC諸国の政府開発援助(ODA)実績


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

ODA予算・実績へ戻る