ODA(政府開発援助)

(Explosive Remnants of War (ERW) Clearance In the Sea of Koror State (The third stage))
平成27年7月22日
ゼロ戦の残骸
国名 パラオ
事業期間 2015年3月1日~2016年2月29日
分野 地雷
実施団体

プロジェクトの概要

 第二次世界大戦において激戦地であったパラオでは,戦時中,日米軍双方合わせて2,800トンもの砲爆弾が投下されたとされ,現在でも多くの不発弾が処理されないまま地上,地下,海中に残されたままとなっており,産業開発や観光開発の妨げとなっている
 また,海中に散在する不発弾の中には、爆薬の一種であるピクリン酸が漏洩するものもあり、海中汚染が深刻な状況となっている。ダイバーや住民が漏洩したピクリン酸に触れた場合,火傷や頭痛などの傷害を受けることがわかっており,早期に不発弾を処理する必要がある。
 そのため,以下の事業を実施する。
 (1)コロール州周辺海浜および海中に散在する不発弾を探査し,適切な処理をすることにより,海浜・海中の安全化を図る。
 (2)海洋警察隊員等に対し,不発弾処理補助者としての技術移転を実施し,パラオ政府の不発弾処理能力向上を図る。

プロジェクトの進捗

中間

  • 中間報告書
  • 事業途中の様子(写真)

完了

  • 完了報告
  • 事業終了時の様子(写真)

その他特記事項

 なし

Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

国別約束情報(年度別交換公文(E/N)データ)へ戻る