ODA(政府開発援助)

(Good Growth Project in East Mamprusi District of Northern Region (Phase 3))
令和2年3月13日
(写真1)調理方法について指導する専門職員の様子 調理方法について指導する専門職員
国名 ガーナ
事業期間 2018年2月16日~2019年2月15日
分野 その他
実施団体

プロジェクトの概要

 ガーナでは,5歳未満の子どもの発育阻害は未だ深刻な問題であり,ガーナ全体で5歳未満児の19%が発育阻害(低身長),11%が低体重,66%が貧血との報告がされている。特に,北部諸州では,5歳未満児の栄養失調の状況は更に悪く,33%が発育阻害であると報告されている。栄養失調は子どもの身体的成長への影響のみならず,精神的発達(認知能力)の遅滞を引き起こし,成人後の社会生活上の脆弱性を高め,将来の貧困層予備群となることも懸念される。同地域の子どもの栄養状態を改善することは,乳幼児期の疾病率・死亡率の減少,身体・認知能力の向上,慢性疾患の予防等をもたらし,将来に亘り健やかな生活を送る上で必要不可欠である。本事業では,子どもの栄養失調が顕著な北部州イースト・マンプルーシー郡において,栄養啓発員を育成し,啓発員らによる様々な啓発活動を通して,主に乳幼児の保護者に栄養知識と適切な食事の摂取方法を広く普及させることを目指す。それにより,乳幼児の栄養状態の改善に寄与してゆく。

国別約束情報(年度別交換公文(E/N)データ)へ戻る