ODA(政府開発援助)

第397回ODA出前講座 開催報告
一般社団法人海外インフラ研究協会

平成30年4月9日

 2018年3月30日(金曜日),国際協力局開発協力総括課の中島首席を講師として派遣しました。今回の出前講座では,同協会の会員25名を対象に「ODAにおける質の高いインフラ」というテーマで講義を行いました。

講義概要:ODAにおける質の高いインフラについて

  • (写真1)国際協力局開発協力総括課の中島首席を講師として講義を行いました。
  • (写真2)「ODAにおける質の高いインフラ」というテーマで講義を行いました。

参加者からの感想(抜粋)

  • 講義の内容がまとまっており,わかりやすい説明だった。
  • 全体像,各スキームの最新情報が盛り込まれており,わかりやすかった。
  • 民間連携,中小企業支援スキーム,海外投融資等,日本企業を後押ししている姿勢が理解できた。今後のODA案件に対して期待がもてた。
  • わかりやすくまとまった資料と説明だったので,非常に参考になった。
  • 円借款の制度拡充について新たな知見を得ることができた。
  • 現地の状況や関係者(コンサル,ゼネコン)の要望などをヒアリングして改善,アップデートなど対応している点を聞き,意識が変わった。
  • 自主的に案件形成にODAを活かしたいと考えることができた。
  • 以前はまったく知見のなかったPPP(Public Private Partnership。官民パートナーシップ)予備調査の概要を知ることができたので非常によかった。
  • PPPについての多くの質問に対して的確な回答を得られ,非常に参考になった。