ODA(政府開発援助)

(Capacity Building Project on Explosive Remnants of War Clearance for CMAC (Phase 2))
平成29年11月28日
(写真1)安全化要領の指導 安全化要領の指導
国名 カンボジア
事業期間 2016年3月1日~2017年2月28日
分野 地雷
実施団体

プロジェクトの概要

 地雷・ERW(爆発性戦争残存物)が多く残存するカンボジアでは、いまだに111名の死傷者が発生しており(2013年時点)、ERW処理の促進は喫緊の課題となっている。カンボジア政府は各種取り組みを進めており、カンボジア地雷処理センター(CMAC)においても、不発弾処理要員を養成すべく各種教育を実施しているが、処理業務のマネジメントを担う要員の管理能力不足など、多くの問題に直面している。本事業では、ワーキンググループを編成し、チームリーダーの野外マネジメント能力の向上やチーム員に対する弾薬安全化技術能力の向上、地中探査技術教育の導入による処理能力強化を図り、社会基盤の強化発展に貢献する。本年度は3年間事業の2年次に当たる。

プロジェクトの進捗

中間

  • 中間報告書
  • 事業途中の様子(写真)

完了


  • (写真3)住民に対する聞き取り調査実習
    住民に対する聞き取り調査実習

その他特記事項

 なし

Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

国別約束情報(年度別交換公文(E/N)データ)へ戻る