ODA(政府開発援助)

(フィリピン・デイリー・インクワイアラー紙 2016年3月16日付)
平成28年6月14日

 2016年3月8日から10日にかけて,開発協力プレスツアーが実施され,現地メディアが報じました。

 視察先の一つであるボホール新国際空港は日本の融資によるもので,2017年12月完成予定です。航空機が6機駐機でき,飛行機の遅れが減少することが期待されます。

 自然換気機能とソーラーパネルを設置したり,排水システムはパングラオの海を汚染から守る設計にするなど,環境に優しい空港です。

フィリピン・デイリー・インクワイアラー紙の記事画像 (提供:フィリピン・デイリー・インクワイアラー紙)
ODAエピソード集へ戻る