ODA(政府開発援助)

令和2年10月8日

1 設立

 1962年にOECDの下部組織として設立。

2 目的

 OECD開発センターは、(1)様々な開発課題・経済政策に関する調査・研究、(2)先進国、新興国及び途上国による対話やセミナーを通じた開発・経済に関する知見・経験の共有・普及、政策オプションの提供、を行う機関。

3 構成

(1)メンバー

 現在のメンバーは、OECD加盟国のうち27か国(注1)と中国等非OECD加盟国29か国(注2)の合計56か国(EUはオブザーバーとして参加)。

  • (注1)ベルギー、チリ、コロンビア、チェコ、デンマーク、フィンランド、仏、独、ギリシャ、アイスランド、アイルランド、イスラエル、伊、日本、韓、ルクセンブルク、メキシコ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、英
  • (注2)アルゼンチン、ブラジル、カーボヴェルデ、中国、コスタリカ、コートジボワール、ドミニカ共和国、エジプト、エクアドル、エルサルバドル、ガーナ、グアテマラ、インド、インドネシア、カザフスタン、モーリシャス、モロッコ、パナマ、パラグアイ、ペルー、ルーマニア、ルワンダ、セネガル、南アフリカ、タイ、トーゴ、チュニジア、ウルグアイ、ベトナム

(2)理事会(年4回開催)

 議長:マニュエル・エスクデロ(Manuel Escudero)スペインOECD大使

(3)事務局

 事務局長:マリオ・ペッチーニ(Mario Pezzini
 次長:フェデリコ・ボナリア(Federico Bonaglia)、湯浅あゆ美

(4)組織図

(画像)組織図:OECD開発センターの組織は、事務局長、次長の下に、中央官房、パートナーシップ・ネットワーク・ジェンダー課、天然資源に基づく開発ユニット、開発戦略コミュニケーション課、構造・イノベーションユニット、理事会、イベントがあり、地域別課題としてアフリカ・ユニット、ラ米ユニット、アジアユニットの他、テーマ別課題として移民・スキルユニット、社会的結合ユニット、多方面国別レビューがある。
ODA(政府開発援助)
ODAとは?
広報・イベント
国別・地域別の取組
SDGs・分野別の取組
ODAの政策を知りたい
ODA関連資料
皆様の御意見
開発に関する国際的取組へ戻る