気候変動

令和4年2月8日

1 MEFとは

 オバマ大統領が、国連気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)での成果に向け、先進国と途上国間の議論を通じ、政治的リーダーシップを創出すること等を目的として、2009年3月に創設した枠組みです。

 基本参加国・地域:主要排出国17か国・地域(日本、米国、中国、ロシア、インド、ドイツ、カナダ、英国、イタリア、韓国、フランス、メキシコ、オーストラリア、南アフリカ共和国、インドネシア、ブラジル及びEU)、COP議長国、国連(国連気候変動枠組条約事務局など)、パリ協定特別作業部会(APA)共同議長、ニュージーランド、シンガポール、サウジアラビア等もオブザーバーとして参加しています。参加国の排出量は世界全体の約8割を占めると言われています。

3 関連リンク

気候変動へ戻る