ODA(政府開発援助)

日本のODAの特色
令和3年3月22日

重要政策(日本人の特色)はこちら(PDF)別ウィンドウで開くをご参照ください。

日本の開発協力(1954年~2019年)の実績

(画像)フィジーにおける野菜栽培指導隊員 フィジーにおける野菜栽培指導隊員
  • 190か国・地域に対して支援。累計は、支出総額: 5,505億ドル(約67兆円) 、支出純額: 3,875億ドル(約49兆円)
    • 【二国間ODA】累計約4,400億ドル(支出総額ベース)
      • 無償資金協力:約1,200億ドル
      • 技術協力:約700億ドル
      • 有償資金協力:約2,500億ドル
    • 【国際機関向けODA】累計約1,100億ドル
  • 183か国・地域に対し、総計約19万7千名の専門家を派遣、98か国に対し、総計約5万4千名のJICA海外協力隊員を派遣、187か国・地域から総計約64万9千名の研修員を受け入れ。

日本の開発協力の特色

自助努力の後押し

  • 相手国の意思、自主性を重視し、対話・協働
  • 人づくり、法・制度構築等、自助努力・自立的発展の基礎を支援

持続的な経済成長

  • 持続的な経済成長を通じて貧困削減等を達成
  • インフラ整備、産業人材育成、法・制度構築等を通じて産業基盤、投資環境整備を支援

人間の安全保障

  • 一人ひとりの保護と能力強化により、人々が恐怖と欠乏から免れ、幸福と尊厳を持って生存する権利を追求。
  • 脆弱な立場の人々に焦点。

日本の開発協力の具体例

(画像)質の高い成長の実現

質の高い成長の実現

日本が支援した人材やインフラ、法・制度等は、アジアを中心とする「質の高い成長」(包摂性、持続可能性、強靱性)を支える基盤に。

SDGs達成に向けて

人間の安全保障の理念に基づき、「誰一人取り残さない社会」を実現するため、G20大阪サミット等において、環境、教育、保健、質の高いインフラ投資等の取組を主導。SDGsの趣旨に沿った多面的な支援を多く実施。

平和・安定・安全の実現

平和構築支援、ガバナンス、社会の安定・安全のための支援は、開発途上国の発展の基盤を構築するのに役立った。

多様な課題への取組

(画像)メキシコ地震(2017年)への国際緊急援助隊派遣 メキシコ地震(2017年)への国際緊急援助隊派遣
  • 官民連携
  • 女性関連支援
  • 防災、緊急・人道、復旧・復興支援
  • テロ・海賊・国際組織犯罪対策支援
ODA(政府開発援助)へ戻る