ODA(政府開発援助)

(Education and Protection for Youth in Kakuma Refugee Camp (Phase 2))
令和元年8月1日
(写真1)新設された中学校教室 新設された中学校教室
国名 ケニア
事業期間 2017年12月1日~2018年11月30日
分野 平和構築
実施団体

プロジェクトの概要

 カクマ難民キャンプには約19万人の難民が暮らしており、そのうち約11万人が18歳以下の子ども・青少年です。長期化する避難生活の中、子どもたちは暴力、組織犯罪への勧誘、飲酒や薬物問題などのさまざまなリスクに晒されています。学校教育や子ども・青少年の保護、心のケアに適切に対応しなければ、子どもの将来に影響を与えかねません。
 このような状況を受け、当会は、老朽化が激しい中等教育校の教室の建て替えと補修を行い、子どもたちが安心して学習できる環境を整えました。また、教員や生徒に向けた、ライフスキル教育(問題対処・解決能力)研修やカウンセリング研修の実施、学校へのカウンセラーの派遣などを通して、子どもたちの健全な育成に寄与しました。

プロジェクトの進捗

中間

  • 中間報告書
  • 事業途中の様子(写真)

完了


  • (写真3)建て替えられた教室内での授業の様子
    建て替えられた教室内での授業の様子

その他特記事項

 なし


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

国別約束情報(年度別交換公文(E/N)データ)へ戻る