ODA(政府開発援助)

(Project for Food Security through Frest Convervation and Agriculture / Rural Development)
平成29年4月26日
粗放的な農業を営む対象村の人々の写真 粗放的な農業を営む対象村の人々
国名 ラオス
事業期間 2013年11月25日~2014年11月24日
分野 農林業
実施団体

プロジェクトの概要

 本案件の事業地は,首都ビエンチャンの南,車で約8時間のサワナケート県に所在し,主要産業は農業であるが,不安定な気候による水不足,農業技術の未熟さ,産業植林による大規模開発等の問題を抱えており,ラオスの農村部の中でも特に貧しい地域である。農作物の中心である米の自給自足がままならず,また,森林から茸,筍などの採取等も行っているが,森林の大規模開発に伴い採取量が減少しており,食生活に影響が出ている。このような現状を踏まえ,申請団体では政府及び地方自治体と連携し,平成25年度から3ヶ年計画で,稲作技術の改善,新たな農作物の栽培(ラタン),森林保全等の活動を行い,約2,000世帯の食料確保の改善を目指す。

プロジェクトの進捗

その他特記事項

 なし

Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

国別約束情報(年度別交換公文(E/N)データ)へ戻る