ODA(政府開発援助)

令和元年9月30日
  1.  2019年7月15日,人間の安全保障基金により,「アフリカ人間の安全保障指標の開発及び推進」プロジェクトに対して約30万米ドルの支援を行うことが決定されました。本基金は,人間の安全保障の推進を目的として,1999年に我が国の主導により国連に設置されたものです。
  2.  同プロジェクトは,国連アフリカ経済委員会(United Nations Economic Commission for Africa)がアフリカ連合委員会(African Union Commission),国連アフリカ連合事務所(United Nations Office to the African Union)及び国連人間の安全保障ユニットとのパートナーシップの下に実施するものです。
  3.  同プロジェクトは,経済社会開発,グッドガバナンス,人権,平和等の分野を横断する開発政策の指針を作ることを目的としています。これは,アフリカ人間の安全保障指標の開発を通じた持続可能な開発目標(SDGs)及びアジェンダ2063の達成に向けたものであり,アジェンダ2063のパラグラフ72(j)でも言及されています。
  4.  具体的には,1年半の実施期間において,下記の活動が予定されています。
    • (1)アフリカ連合委員会が主導するステアリング・コミッティ及び技術的ワーキング・ググループを設置(2019年10月にアディスアベバにおいてプロジェクト立ち上げのためのハイベル・イベントを開催)。技術ワークショップ及びラウンドテーブルを開催し,これらの結果を踏まえ,アフリカ人間の安全保障指標の作成に向けた半年間のワークプランを策定。
    • (2)2か国についてパイロット指標を作成し,指標のモニター及び評価を経て,パイロット指標に関する報告書を作成。
    • (3)アフリカ連合委員会及びアフリカ連合加盟国は,効果的な人間の安全保障指標の適用に関し,勧告及びアクションプランを作成。アフリカ連合の加盟国との政策対話を経て,アフリカ人間の安全保障指標に関して最終報告書を発表。
  5.  このプロジェクトを通じ,アフリカにおける人間の安全保障の推進が期待されます。
人間の安全保障へ戻る