日本の安全保障と国際社会の平和と安定

令和6年5月15日
(写真1)林外務大臣と中満国連事務次長・軍縮担当上級代表 林外務大臣と中満国連事務次長・軍縮担当上級代表
(令和3年11月)
(写真2)林外務大臣とグロッシーIAEA事務局長(令和4年5月) 林外務大臣とグロッシーIAEA事務局長
(令和4年5月)

軍縮・不拡散に対する我が国の取組

 日本は唯一の戦争被爆国として、「核兵器のない世界」の実現に向け、国際社会による核軍縮・不拡散の議論を主導してきています。日本は、すべての核兵器保有国に対し、軍備の透明性の向上を図りつつ核軍縮措置をとることを呼びかけ、具体的な行動を起こしています。

注目トピックス

(バナー1)「核兵器のない世界」に向けた国際賢人会議 「核兵器のない世界」の実現に向けた具体的な道筋について自由闊達な議論を行う国際賢人会議の取組についてはこちらから。
(バナー2)軍縮・不拡散イニシアティブ(NPDI) 核軍縮の志を共有する国々と、「核リスクの低い世界」の実現に向けて国際的な議論を主導する日本の取組はこちら。
(バナー3)被爆者証言 被爆者による証言映像、体験記はこちらから。
(バナー4)ユース非核特使 被爆の実相の次世代への継承を目指し、軍縮・不拡散分野で活発に活動する若い世代の方々の活動についてはこちらから。

おすすめ情報

日本の安全保障と国際社会の平和と安定へ戻る