核軍縮・不拡散

令和5年12月11日

1 経緯・概要

  • 2022年1月、岸田総理が施政方針演説で立ち上げを表明。核兵器国と非核兵器国の双方からの参加者が、それぞれの国の立場を超えて、知恵を出し合い、また、各国の現職・元職の政治リーダーの関与も得て、「核兵器のない世界」の実現に向けた具体的な道筋について自由闊達な議論が行われることが期待される。

2 国際賢人会議委員

氏名・肩書 白石 隆(座長) 熊本県立大学理事長 アンゲラ・ケイン 元国連事務次長兼国連軍縮担当上級代表 ローズ・ゴッテメラー 元米国務次官(軍備管理・国際安全保障担当) 高見澤 將林 東京大学公共政策大学院客員教授 ジョージ・パーコビッチ 米カーネギー国際平和財団副会長 グスタヴォ・スラウビネン 第10回NPT運用検討会議議長 イアン・アンソニー スウェーデン国防研究所(FOI) 防衛分析部安全保障政策分析官 ブルーノ・テルトレ 仏戦略研究所副所長(注:第1回会合はオンライン参加) ディナ・カワール 駐米ヨルダン特命全権大使 マルティ・ナタレガワ 元インドネシア外務大臣 マンプリート・セティ 印空軍力研究センター(CAPS)フェロー 秋山 信将 一橋大学国際・公共政策大学院院長 ターニャ・オグルビー・ホワイト 核軍縮・不拡散アジア太平洋リーダーシップ・ネットワーク(APLN)リサーチディレクター アントン・フロプコフ 露エネルギー・安全保障研究センター(CENESS)センター長 趙 通(ジャオ・トン) 米カーネギー国際平和財団シニアフェロー/プリンストン大学客員研究員

核軍縮・不拡散へ戻る