ODA(政府開発援助)

(Participatory Community Based Risk Disaster Reduction Approaches in Varanasi)
平成29年10月2日
(写真1)市内の大気汚染の様子 市内の大気汚染の様子
国名 インド
事業期間 2015年10月13日~2016年10月12日
分野 防災
実施団体

プロジェクトの概要

 インドは,2013年の災害による死者がアジア2位となっており,災害による脆弱な国となっている。同国では,2008年に気候変動に関する対策を進めているが,急速な人口増加や経済発展により気候変動に影響も及ぼしている。本事業地は,気象災害のリスクが高い都市であり,3年間の事業計画でバラナシ市内の5地区に自動気象観測装置を設置した活動拠点を整備し,気象災害リスクを正確に把握すると共に,各地域の地理的特徴や人口分布に即した学校レベルの防災・気候教育の実施とコミュニティ・レベルでの防災活動の普及,並びに全市的な市民防災の推進体制の構築を通じて市民・コミュニティの災害対応能力の向上を目指す。

プロジェクトの進捗

中間

  • 中間報告書
  • 事業途中の様子(写真)

完了


  • (写真3)キックオフワークショップの開催
    キックオフワークショップの開催

その他特記事項

 なし

Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

国別約束情報(年度別交換公文(E/N)データ)へ戻る