ODA(政府開発援助)

Extensive Diffusion of Enhanced Participatory Communal Waste Water Treatment System in Indonesia (Phase 2)
令和2年10月19日
(写真1)建設中の排水処理施設 建設中の排水処理施設

プロジェクトの概要

国名:
インドネシア共和国
事業期間:
2018年3月1日~2019年2月28日
分野:
その他
実施団体:

 インドネシアの都市部の衛生環境は劣悪で、河川の水質汚濁も深刻である。現実的な解決策として、近年コミュニティレベルでの衛生改善策が重視され、推進されているが、その多くは、嫌気性処理のみを行うもので、その処理水質は十分なものではない。本事業では、熱帯地域に適した嫌気性処理と、独自開発した立体格子状接触体回転円板による好気性処理を組み合わせた、安価で運転管理が容易でありながら、処理水質が良好なコミュニティ排水処理システムを、当該モデルシステムを重点的対象州中心に効果的に配置しつつ、広域的に普及させることをめざす。それにより、インドネシアの都市部の衛生環境の改善と、水質汚濁の防止に寄与する。

プロジェクトの進捗

事業の開始前

(写真2)設置候補地視察の様子 設置候補地視察
(写真3)排水処理適正技術のプログラム研修の様子 排水処理適正技術のプログラム研修

事業の完了時(第2年次)

(写真4)排水処理適正技術研修の現場見学の様子 排水処理適正技術研修の現場見学
(写真5)コミュニティ排水処理モデルシステムの様子 コミュニティ排水処理モデルシステム
国別約束情報(年度別交換公文(E/N)データ)へ戻る