ODA(政府開発援助)

グローバルフェスタJAPAN2018
外務省写真展「わたしたちのAction」開催報告

平成30年10月10日

 9月29日(土曜日)に開催された「グローバルフェスタJAPAN2018」における外務省写真展「わたしたちのAction」に,多くの作品をご応募いただき,また,当日もご来場いただき,誠にありがとうございました。

 外務省写真展では,皆様にご応募いただいた231点の作品から,グローバルフェスタJAPAN2018実行委員会によって選出した93点を展示しました。
 特に優秀な作品として認められた4作品は,オープニングセレモニーの写真展表彰式にて表彰され,実行員会を代表して,堀井巌外務大臣政務官(肩書は当時)から表彰状の授与と,協賛企業であるオリンパス株式会社の執行役員北村正仁CSR本部長から副賞(最優秀賞:ミラーレス一眼カメラ(OM-D E-M10 Mark III),優秀賞・いいね!賞:双眼鏡(Trip light 10×21 RC II))の贈呈がありました。
 ご応募いただいた貴重な作品は,今後,当省による広報に利用させていただきます。

  • (写真1)優秀な作品として認められた4作品

 午後からは,外務省になんとなく任命されたあのODAマンも,初公開の着ぐるみ姿で写真展に遊びに来てくれました!
 雨の中の開催となりましたが,大いに盛り上がりました。

外務省写真展の様子

  • (写真2)作品展示の様子
    作品展示の様子
  • (写真3)展示作品に見入る人々
    展示作品に見入る人々
  • (写真4)ODAマンも遊びにきてくれました!(ODAの“O”でキメポーズ)
    ODAマンも遊びにきてくれました!
    (ODAの“O”でキメポーズ)
  • (写真5)じっくりと作品を鑑賞中
    じっくりと作品を鑑賞中

表彰作品

最優秀賞

  • (写真6)最優秀賞 僕たちの村に水が届いた日
【応募者】
ホープ・インターナショナル開発機構 近藤 史門
【タイトル】
僕たちの村に水が届いた日
【作品キャプション】
 撮影したのは私が駐在しているエチオピア南部クタ郡の村。水道のなかったこの村で日本NGO連携無償資金協力による水供給事業が始まったのは昨年11月。残念ながら写真に“声”は記録されませんが,水が届いた日の喜びの声が,その笑顔とキラキラと輝く瞳を見るたびに思い出されます。水が使えるようになった今,建設を行ったNPOに代わり,これからは村人たちが“アクター”となってこの水を村人全員で守って行きます。

優秀賞

  • (写真7)優秀賞 みんなで理科実験
【応募者】
安村 大樹
【タイトル】
みんなで理科実験
【作品キャプション】
 ウガンダで活躍するボランティアが,理科の実験をしました。
 視覚教材の少ないウガンダで,とても刺激的な時間でした。

優秀賞

  • (写真8)優秀賞 お笑い手洗い
【応募者】
特定非営利活動法人AMDA社会開発機構
【タイトル】
お笑い手洗い
【作品キャプション】
 小学校での衛生啓発キャンペーンでの一コマ。スタッフが正しい手の洗い方をデモンストレーションしています。「指,指の間,手のひらに,手の甲。ちゃんと忘れないで洗ってね。あ,手首を洗うのを忘れちゃった!先生失格だなー!」ジョークも交えたデモンストレーションに子どもたちも大うけ。実は,お笑いって国際協力の重要な要素。お笑いの要素があった方が,子どもたちの記憶に残りやすいんです。

いいね!賞

((注)最もいいね!投票が多かった作品に贈られる賞)

  • (写真9)いいね!賞 「あたちー!」の大合唱
【応募者】
一般社団法人ボランティアプラットフォーム
【タイトル】
「あたちー!」の大合唱
【作品キャプション】
 「前でこれ読む人ー!」ボランティアさんの問いかけに,「あたちー!」と勢いよく手をあげる子どもたち。村の子どもたちは,学校に通えるのが嬉しくて嬉しくて,笑顔で一生懸命に勉強しています。でも,私たちが一方的に教えているわけではありません。私たちにも日本で忘れていたなにかを教えてくれる,そんな学校です。