アフリカ開発会議(TICAD)

令和4年2月8日
 TICADとは、Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略であり、アフリカの開発をテーマとする国際会議です。1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行及びアフリカ連合委員会(AUC)と共同で開催しています。
 2020年7月、日本政府は2022年に予定されている第8回アフリカ開発会議(TICAD8)をチュニジアで開催することを発表しました。アフリカでの開催は、2016年にケニアで開催されて以来、2回目となります。日本としては、2019年8月に横浜で開催されたTICAD7の成果を踏まえ、TICAD8に向け、アフリカ自身が主導する発展を引き続き力強く後押ししていく考えです。

アフリカビジネス協議会(JBCA)

 新着情報はありません(準備中)

アフリカ関連文書・資料

 アフリカ地域の現状や日本とアフリカの関係、アフリカ開発会議(TICAD)等について分かりやすく紹介したパンフレットです。


アフリカ開発会議(TICAD)へ戻る