リビア

令和4年8月27日
ムハンマド・ユーニス・メンフィ・リビア首脳評議会議長とテレビ会談を行う岸田総理大臣の様子 日・リビア首脳テレビ会談 (写真提供:内閣広報室)

 8月27日、午後7時55分から約20分間、岸田文雄内閣総理大臣は、第8回アフリカ開発会議(TICAD8)出席のためチュニジア共和国を訪問中のムハンマド・ユーニス・メンフィ・リビア首脳評議会議長(H.E. Mr. Mohammad Younes al-Menfi, President of the Presidential Council of Libya)と首脳テレビ会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭、岸田総理大臣から、TICAD8に対面参加できないことは残念であるが、メンフィ議長の協力を得て成功させたい旨述べました。さらに、TICAD8への参加に謝意を表明するとともに、リビアの安定は、中東アフリカ地域の安定と発展に不可欠であり、日本は、すべてのリビア人による包摂的な政治対話のプロセスを支持する、人材育成事業等を通じてリビアの国造りを引き続き支援していく旨述べました。これに対し、メンフィ議長からは、日本との関係や協力の再活性化を強く望むと述べつつ、日本企業の活動を期待するとの発言がありました。両首脳は、TICADプロセスの成功に向けて協力していくことで一致しました。
  2. 続いて、岸田総理大臣から、ロシアによるウクライナ侵略は国際秩序の根幹を揺るがすものであり、国際社会で協調して対応していくことが重要である旨述べるとともに、透明で公正な開発金融の重要性について述べ、両首脳は共に協力していくことを確認しました。
  3. このほか、両首脳は、核・ミサイル問題や拉致問題を含む北朝鮮への対応、安保理改革を含む国連全体の機能強化といった地域及び国際社会の諸課題について連携して対応していくことを確認しました。また、今般のNPT運用検討会議を受けて、NPT体制の維持・強化に向けて引き続き連携していくことを確認しました。

リビアへ戻る