その他の地球規模課題トピックス

令和3年7月7日

 労働は、社会を形成する人間の根源的な営みの一つですが、現在、世界の失業者は約2億人に達しており、厳しい雇用情勢が続いています。こうした状況に対応するため、リスクに備えた社会的なセーフティ・ネットを構築するとともに、国をまたいだ地域レベルでの「ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)」を実現することが急務となっています。日本は、アジア地域における労働安全衛生・職業訓練分野等の技術協力支援を行っています。また、1919年に設立され、労働条件の改善を通じた社会正義の実現を掲げる国際労働機関(ILO)の理事国として、その活動に積極的に関与しているほか、ILO事務局への職員派遣を進めるなど、世界の労働問題の解決のために大きな役割を果たしています。

その他の地球規模課題トピックスへ戻る