経済外交

令和6年5月16日
OECD事務局においてコーマンOECD事務総長による出迎えを受ける岸田総理 (写真提供:内閣広報室)
OECD閣僚理事会における集合写真 (写真提供:内閣広報室)

 2024年は、我が国がOECDに加盟して60周年の節目の年です。日本は1964年、アジアで初めてOECDに加盟し、経済の開放を一層進め、特にOECDの資本移動及び貿易外取引の自由化規約に沿った自由化努力の結果、自由な貿易と投資に支えられた高度経済成長を実現しました。
 我が国は、この記念すべき2024年のOECD閣僚理事会において、議長国を務めました。閣僚理事会は、OECDの最高意思決定機関である理事会を年1回、閣僚レベルで開催する最も重要な会合であり、我が国が議長国を務めるのは、OECD加盟以来、1978年及び2014年に次いで3度目のことでした。
 2024年の閣僚理事会は、5月2日及び3日にパリで開催されました。我が国は議長国として、「変化の流れの共創:持続可能で包摂的な成長に向けた客観的で高い信頼性に裏づけられたグローバルな議論の先導」のテーマの下、ルールに基づく自由で公正な経済秩序の維持・拡大に向けた議論を主導しました。

我が国のOECD加盟60周年及び2024年OECD閣僚理事会議長国関連行事等

2024年5月16日現在
  時期 行事・案件名 場所 関係府省庁等
1 1月11日 山形県ルーラルイノベーションセミナー別ウィンドウで開く 日本(山形) 農水省
山形県
2 3月14日 2024年OECD閣僚理事会に向けたBIAC・TUACとのコンサルテーション会合 日本(東京) 外務省
経産省
厚労省
3 3月14-15日 アジアにおける資本市場・金融改革に係るOECD・ADBIラウンドテーブル(財務省関連サイト別ウィンドウで開く金融庁関連サイト別ウィンドウで開く 日本(東京) 財務省
金融庁
4 3月15日 我が国のOECD加盟60周年にあたっての日本経済団体連合会提言書の上川外務大臣への手交 日本(東京) 外務省
5 3月15日 ジョンストンBIAC会長による穂坂外務大臣政務官表敬 日本(東京) 外務省
6 4月11日 ウェビナー「質の高い炭素市場構築のための政府の行動:2024年のモーメンタム維持に向けて別ウィンドウで開く」(英語のみ) オンライン 環境省
7 5月2日-3日 OECD閣僚理事会 フランス(パリ) 関係府省庁

経済外交へ戻る