経済外交

令和元年10月16日

 貿易・投資の自由化推進は、日本経済はもとより世界経済の持続的成長のためにも不可欠です。貿易分野では、保護主義の抑止とともに、国際貿易に法的安定性と予見可能性をもたらす世界貿易機関(WTO)体制の維持・強化が引き続き重要な課題となっています。また、我が国は、二国間・多国間で知的財産権保護の強化のための様々な取組を行っています。

経済外交へ戻る