女性

令和3年3月9日

国連女性機関(UN Women)

概要

 国連女性機関(UN Women)は、女性・女児に対する差別の撤廃、女性のエンパワーメント、ジェンダー平等の達成を目的とし、ジェンダー分野における加盟国支援、国連システムのジェンダーに関する取組の主導、調整、促進を行っています。優先分野としては、(1)女性のリーダーシップと参画の拡大、(2)女性の経済的エンパワーメント、(3)女性に対する暴力の撤廃、(4)女性・平和・安全保障、(5)人道支援における女性の保護・参画、(6)若者、(7)国家の開発計画・予算におけるジェンダーへの配慮、(8)持続可能な開発目標(SDGs)の履行、(9)HIV・AIDS対策が挙げられています。

 本部は、米国ニューヨークにあり、事務局長はムランボ=ヌクカ元南ア副大統領(2013年7月10日~)が務めています。ムランボ=ヌクカ事務局長は、就任後初の記者会見で、(1)女性の経済的エンパワーメント及び貧困削減に重点を置くこと、(2)教育について他の国連機関と協力したい旨、(3)ファンドレイジングを最優先課題として力を入れていく旨を表明しています。

設立の経緯

  1. 2009年9月、ジェンダー関係の国連4機関(国連婦人開発基金(UNIFEM)、ジェンダー問題事務総長特別顧問室(OSAGI)、女性の地位向上部(DAW)、国際婦人調査訓練研修所(INSTRAW))を統合する新たな複合型機関を設立し、その長を事務次長(USG)クラスとすることを支持する国連総会決議採択。
  2. 2010年7月、「ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関」(国連女性機関(UN Women))の設立を決定する国連総会決議(A/RES/64/289)採択。2011年1月より正式に活動開始。
  3. 2015年4月、アジア唯一のリエゾン・オフィスとなる日本事務所を設置。

我が国の貢献

 我が国は1979年度から継続的に国連女性機関(UN Women)と、(前身の)UNIFEMに対し資金協力を行ってきました。コア拠出だけでなく、人道支援における女性支援の推進や女性に対する暴力の撤廃等、様々なプロジェクトに拠出(注)を行っています。

 2020年12月14日にテレビ会議形式で開催されたラウンドテーブルでは、宇都外務副大臣がビデオ・メッセージを発出し、日本政府とUN Womenの協力を紹介しました。


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

女性へ戻る