防災

(ロゴ)第3回国連防災世界会議
第3回国連防災世界会議の開催

平成29年8月29日

英語版 (English)

第3回国連防災世界会議(開催中の新着情報)


 国連防災世界会議は,国際的な防災戦略について議論する国連主催の会議です。日本は,第1回(1994年,横浜),第2回(2005年,神戸)に引き続き,2015年3月,仙台において第3回会議をホストします。
 日本は,会議ホスト国として,また防災先進国として,この会議で採択予定の新しい国際防災枠組(ポスト兵庫行動枠組)策定に向けた議論を積極的にリードするとともに,国連やホスト市(仙台市)等と協力して会議開催準備を進めています。

1 日程

 2015年3月14日(土曜日)~18日(水曜日)

2 開催地

 宮城県仙台市(公募により選定)(周辺の自治体でも関連行事を予定)

3 概要

  • (1)各国首脳・閣僚,国際機関の代表,国際認定NGO等が参加。
  • (2)兵庫行動枠組(注)の後継枠組(ポスト兵庫行動枠組)を採択予定。
  • (3)本体会議の他,近隣会場にて様々な関連行事,スタディツアー等の実施を予定。

 (注)兵庫行動枠組別ウィンドウで開く:第2回国連防災世界会議(2005年,神戸)で採択された,2005~2015年の国際的な取組指針。成果,戦略目標,優先行動,実施戦略,フォローアップを盛り込んだ包括的な防災の行動枠組。

4 日本としてのねらい

  • (1)国際協力及び各国の国内政策における「防災の主流化」(注)を促進する。
  • (2)東日本大震災その他の自然災害を通じて得られた日本の防災・復興の知見を広く世界各国に発信・共有する。(東日本大震災被災地の復興状況の発信も含む。)

 (注)防災の主流化:(1)各国政府が防災を政策の優先課題とすること,(2)すべての開発政策に防災の観点を導入すること,(3)防災に関する投資を増大させること。

5 関連行事

パブリック・フォーラム「防災と人間の安全保障」

 外務省は,第3回国連防災世界会議の際,国連人間の安全保障ユニット別ウィンドウで開くと共催で,パブリック・フォーラム「防災と人間の安全保障」を開催します。国内外の防災分野で活躍する国連,政府,NGOのリーダーが参加し,人間の安全保障の視点がいかに防災分野で有効かを検証し,今後どのような取組が一層望まれるのかを考えます。
 詳細及び参加登録はこちら別ウィンドウで開くを御参照ください。

 日時:3月17日(火曜日)13:30~15:30
 会場:東北大学川内北キャンパスB棟104号室

6 メディア関連

 第3回国連防災世界会議の取材を希望されるメディア・報道関連の皆様は以下のウェブサイトをご確認ください。

Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
防災へ戻る