外交史料館

所蔵史料

平成30年10月29日

英語版 (English)

 当館は,幕末から1980年代後半までの史料を所蔵しています(平成30年1月現在)。当館の史料は,外務省他の機関が公的な目的で作成・保管してきた「外交史料」と,団体・個人から寄贈された「個人文書等」で構成されています。

 上記のうち,戦前期の史料及び戦後期の史料の一部(約30%)は,閲覧室で申込み後原則として当日に利用が可能です(当日利用可能な史料)。その他の外交史料(戦後外交記録)は,利用請求に基づく審査の後,閲覧が可能となります(特定歴史公文書等の利用請求)。

 戦前期の一部史料原本は,取り寄せの必要から事前の利用希望の申込みが必要となります。また,条約書や国書・親書,重要文化財に指定されている「通信全覧」「続・通信全覧」などの原本については,保存の関係から特別に原本の利用が必要と認められる場合(特別利用)を除いて認められませんのでご留意ください。

 最新の状況については,閲覧可能な史料の状況(PDF)別ウィンドウで開くをご確認ください。また,具体的な利用方法や各種申込みの方法については,史料の利用方法をご覧ください。史料の引用方法については,「当館所蔵史料の出典記載(引用)について」をご覧ください。

 なお,当館の所蔵史料の一部はアジア歴史資料センターのデジタルアーカイブ別ウィンドウで開くで閲覧が可能です。

幕末期

戦前期

戦後期

その他


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
外交史料館へ戻る