報道発表

北朝鮮関連船舶による違法な洋上での物資の積替えの疑い

平成31年3月28日

  1.  3月2日,北朝鮮関連船舶による違法な洋上での物資の積替え(いわゆる「瀬取り」)の疑いのある事案が確認されました。我が国は,この事案について,国連安保理北朝鮮制裁委員会(専門家パネル)に通報するとともに,関係国と情報共有を行っています。
     詳細については,外務省ホームページを御確認下さい。

    [参考]事案の概要(本件事案は我が国が公表したものとして11件目(「瀬取り」実施が疑われる回数としては12回目))
     平成31年3月2日未明,北朝鮮船籍タンカー「SAEBYOL(セビョル)号」(IMO番号:8916293)と船籍不明の小型船舶が東シナ海の公海上(上海の南約390kmの沖合)で接舷(横付け)していることを海上自衛隊第1海上補給隊所属の補給艦「おうみ」(佐世保)が確認。 両船舶は,夜間において接舷(横付け)した上で照明を点灯し,蛇管(ホース)を接続していたことから,何らかの作業に従事していた可能性があり,政府として総合的に判断した結果,国連安保理決議で禁止されている「瀬取り」を実施していたことが強く疑われる。
     なお,北朝鮮船籍タンカー「SAEBYOL(セビョル)号」は,平成28年3月に国連安全保障理事会により資産凍結の対象とされた船舶である。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る