報道発表

第7回日フィリピン経済協力インフラ合同委員会の開催

平成31年2月19日

  1. 1 2月21日,大阪において,日フィリピン経済協力インフラ合同委員会の第7回会合が開催されます。

    2 この会合には,日本側から和泉洋人内閣総理大臣補佐官が代表として,フィリピン側からカルロス・G・ドミンゲス財務大臣(Mr. Carlos G. Dominguez, Secretary of Finance)及びアーネスト・M・ペルニア国家経済開発庁長官(Mr. Ernesto M. Pernia, Secretary of National Economic and Development Authority)が代表として出席します。

    3 今回の会合により,両国の「戦略的パートナーシップ」に基づく協力関係が更に強化され,様々なインフラ案件が着実に進展することが期待されます。

    [参考]日フィリピン経済協力インフラ合同委員会
     平成29年1月,安倍晋三内閣総理大臣がフィリピンを訪問した際,ODA及び民間投資を含め,今後5年間で1兆円規模の支援を行うこと,また,この支援のため,「日フィリピン経済協力インフラ合同委員会」を設置し,フィリピンの国造りに対する官民を挙げた協力を着実に実施していくことを表明。
     同年3月27日に第1回会合(東京),,7月7日に第2回会合(マニラ)9月25日に第3回会合(東京)平成30年2月12日に第4回会合(セブ)6月20日に第5回会合(東京)11月21日に第6回会合(マニラ)を開催


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る