報道発表

第6回日フィリピン経済協力インフラ合同委員会会合の開催(結果)

平成30年11月21日

英語版 (English)

    1.  本21日,フィリピンのマニラにおいて,日フィリピン経済協力インフラ合同委員会の第6回会合が開催されました。日本側からは和泉洋人内閣総理大臣補佐官他が,また,フィリピン側からはカルロス・G・ドミンゲス財務大臣(Mr. Carlos G. Dominguez, Secretary of Finance)及びアーネスト・M・ペルニア国家経済開発庁長官(Mr. Ernesto M. Pernia, Secretary of National Economic and Development Authority)他が出席しました。
    2.  今回の会合では,昨年10月にロドリゴ・ドゥテルテ大統領が訪日した際に発表した「今後5年間の二国間協力に関する日フィリピン共同声明」のフォローアップを行い,南北通勤鉄道の延伸計画やMRT3号線の改修を含むインフラ整備,今年7月のバンサモロ基本法成立による和平プロセスの進展を踏まえたミンダナオ支援など,フィリピン政府が取り組む重要課題の解決に向けた協力について議論を行いました。
    3.  双方は,今後もこの委員会を通じて緊密な意思疎通を図り,具体的な協力案件の着実な実施を目指すことで一致しました。
    4.  会合終了後,以下2件の円借款の供与に関する交換公文の署名が行われました。
       「南北通勤鉄道延伸計画」,「パッシグ・マリキナ河川改修計画(フェーズIV)」

     [参考]日フィリピン経済協力インフラ合同委員会
     平成29年1月,安倍晋三内閣総理大臣がフィリピンを訪問した際,ODA及び民間投資を含め,今後5年間で1兆円規模の支援を行うこと,また,この支援のため,「日フィリピン経済協力インフラ合同委員会」を設置し,フィリピンの国造りに対する官民を挙げた協力を着実に実施していくことを表明。
     同年3月27日に第1回会合(東京),7月7日に第2回会合(マニラ),9月25日に第3回会合(東京),本年2月12日に第4回会合(セブ),6月20日に第5回会合(東京)を開催。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る