アメリカ合衆国

日米首脳電話会談

平成30年6月11日

英語版 (English)

 6月11日,17時35分頃から約30分間,安倍晋三内閣総理大臣は,ドナルド・トランプ米国大統領(The Honorable Donald Trump, President of the United States of America)の発意により,同大統領と電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 翌12日に米朝首脳会談を控え,トランプ大統領から最新の準備状況についての説明がありました。

2 両首脳は,米朝首脳会談に向けた方針について綿密なすり合わせを行い,日米,日米韓で基本方針について完全に一致していることを改めて確認しました。

3 また両首脳は,米朝首脳会談において,トランプ大統領から拉致問題を直接提起することを再確認しました。

4 両首脳は,米朝首脳会談で拉致問題,核・ミサイル問題が前進し,北東アジアの平和と安定に向けて大きな一歩を踏み出す歴史的な会談となるよう,引き続き協力していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
アメリカ合衆国へ戻る