日本の領土をめぐる情勢

 

平成25年3月6日

竹島 takeshima

竹島の認知

日本における竹島の認知

1.

現在の竹島は,我が国ではかつて「松島」と呼ばれ,逆に鬱陵島が「竹島」や「磯竹島」と呼ばれていました【図1】。竹島や鬱陵島の名称については,ヨーロッパの探検家等による鬱陵島の測位の誤りにより一時的な混乱があったものの,我が国が「竹島」と「松島」の存在を古くから承知していたことは各種の地図や文献からも確認できます。例えば,経緯線を投影した刊行日本図として最も代表的な長久保赤水(ながくぼせきすい)の「改正日本輿地路程(よちろてい)全図」(1779年初版)のほか,鬱陵島と竹島を朝鮮半島と隠岐諸島との間に的確に記載している地図は多数存在します。

「改正日本輿地路程全図」(1846年)(明治大学図書館所蔵)

▲「改正日本輿地路程全図」(1846年)(明治大学図書館所蔵)

「竹嶋之図」(1724年頃)(鳥取県立博物館所蔵)

▲「竹嶋之図」(1724年頃)(鳥取県立博物館所蔵)

2.

1787年,フランスの航海家ラ・ペルーズが鬱陵島に至り,これを「ダジュレー(Dagelet)島」と命名しました。続いて,1789年には,イギリスの探検家コルネットも鬱陵島を「発見」しましたが,彼はこの島を「アルゴノート(Argonaut)島」と名付けました。しかし,ラ・ペルーズとコルネットが測定した鬱陵島の経緯度にはズレがあったことから,その後にヨーロッパで作成された地図には,鬱陵島があたかも別の2島であるかのように記載されることとなりました【図2】。

【図1】古くからの呼び方

▲【図1】古くからの呼び方

【図2】19世紀後半の呼び方

▲【図2】19世紀後半の呼び方

3.

長崎出島の医師シーボルトは,欧州で「日本図」(1840年)を刊行しました。彼は,隠岐島と朝鮮半島の間には西から「竹島」(鬱陵島の江戸時代の呼称),「松島」(現在の竹島の江戸時代の呼称)という2つの島があることを日本の諸文献や地図により知っていました。その一方,ヨーロッパの地図には,西から「アルゴノート島」「ダジュレー島」という2つの名称が並んでいることも知っていました。このため,彼の地図では「アルゴノート島」が「タカシマ」,「ダジュレー島」が「マツシマ」と記載されることになりました【図2】。これにより,それまで一貫して「竹島」又は「磯竹島」と呼ばれてきた鬱陵島が,「松島」とも呼ばれる混乱を招くこととなりました。

4.

このように,我が国内では,古来の「竹島」,「松島」に関する知識と,その後に欧米から伝えられた島名が混在していましたが,その最中に「松島」を望見したとする日本人が,同島の開拓を政府に願い出ました。政府は,島名の関係を明らかにするため1880(明治13)年に現地調査を行い,同請願で「松島」と称されている島が鬱陵島であることを確認しました。

5.

以上の経緯を踏まえ,鬱陵島は「松島」と称されることとなったため,現在の竹島の名称をいかにするかが問題となりました。このため,政府は島根県の意見も聴取しつつ,1905(明治38)年,これまでの名称を入れ替える形で現在の竹島を正式に「竹島」と命名しました。

韓国における竹島の認知

1.

韓国が古くから竹島を認識していたという主張には根拠はありません。例えば,韓国側は,朝鮮の古文献『三国史記』(1145年),『世宗(せそう)実録地理誌』(1454年),『新増東国輿地勝覧(しんぞうとうごくよちしょうらん)』(1531年),『東国(とうごく)文献備考』(1770年),『萬機(ばんき)要覧』(1808年),『増補(ぞうほ)文献備考』(1908年)などの記述をもとに,「鬱陵島」と「于山島」という2つの島を古くから認知していたのであり,その「于山島」こそ,現在の竹島であると主張しています。

2.

しかし,『三国史記』には,于山国であった鬱陵島が512年に新羅に帰属したとの記述はありますが,「于山島」に関する記述はありません。また,朝鮮の他の古文献中にある「于山島」の記述には,その島には多数の人々が住み,大きな竹を産する等,竹島の実状に見合わないものがあり,むしろ,鬱陵島を想起させるものとなっています。

3.

また,韓国側は,『東国文献備考』,『増補文献備考』,『萬機要覧』に『輿地志(よちし)』を引用して,「于山島は日本のいう松島である」と記述されており于山島が独島(竹島の韓国名)であることが明確だと主張しています。これに対し,『輿地志』の本来の記述は,于山島と鬱陵島を同一の島としており,『東国文献備考』等の記述は『輿地志』から直接,正しく引用されたものではないと批判する研究もあります。その研究は,『東国文献備考』等の記述は,安龍福という人物の信憑性(しんぴょうせい)の低い供述を無批判に取り入れた別の文献(『彊界考(きょうかいこう)』,1756年)を基にしていると指摘しています。

4.

なお,『新増東国輿地勝覧』に添付された地図には,鬱陵島と「于山島」が別個の2つの島として描かれていますが,もし,韓国側が主張するように「于山島」が竹島を示すのであれば,この島は,鬱陵島の東方に,鬱陵島よりもはるかに小さな島として描かれるはずです。しかし,この地図における「于山島」は,鬱陵島とほぼ同じ大きさで描かれ,さらには朝鮮半島と鬱陵島の間(鬱陵島の西側)に位置している等,全く実在しない島であることがわかります。

「新増東国輿地勝覧八道総図」(写し)(国立公文書館所蔵

▲「新増東国輿地勝覧 八道総図」(写し)(国立公文書館所蔵)

このページのトップへ戻る
日本の領土をめぐる情勢へ戻る